あなたの目、おかしな動きをしていませんか?

右目が勝手に動いている…

よっしーが糖尿病で入院したのは3年ちょっと前のことですが、入院中にふとおかしなことに気が付きました。

病室にかけられた鏡を見ているとき、右の眼球が1秒に1回ぐらいのペースで勝手に左右に動いているんです。ゆっくり揺れている感じでした。当時は深く考えず「疲れているんだろう」なんて思い、主治医にも何も言いませんでした。

そして糖尿病治療を開始して血糖値が落ち着いてくると、いったんその症状は消えてしまいました。しかし半年ぐらい経つと、今度は時々右の視野の一部分が高速で一瞬ブレるようになりました。

言葉ではうまく表現できないのですが、パソコンの画面などを見ているとき、ふと見ているもののごく一部分だけが乱れるのです。大雪の日などにテレビの画面がおかしくなるみたいな感じでしょうか。

さすがに「これは何か脳のヤバい病気なんじゃないか…」と思って心配になりましたが、やがてその症状はすっかり消えてしまいました。

実はこの目の動きの異常、糖尿病の合併症の神経障害かもしれないんです。今回はこのことに関するお話です。

糖尿病網膜症はよく知られています

糖尿病患者に起きる目の問題と言えば、なんといっても糖尿病網膜症が有名ですよね。よっしーも単純網膜症で定期的に眼科に通っています。

下の図は糖尿病黄斑浮腫ドットコム様のサイトからお借りしました。目の中で病気が進行していても、かなり悪化するまで特に自覚症状が無いことが多いのが怖いですよね…

よっしーの場合、硬性白斑といって白い砂利をバラまいたようなものがたくさんあったのですが、現在はすべて消えてなくなりました。

増殖網膜症の段階になり、視力が低下して初めて眼科を訪れ、そこで糖尿病が発覚する方もいらっしゃるそうです。そうなる前にもっと早く糖尿病に気付いて治療を始めなければいけないのに…

病気が進行すると、治療の目的は「それ以上視力を低下させないように現状維持すること」であり、完全に元通りの目に戻すことは難しくなってしまいます。

現在日本では年間に3000名の方が糖尿病が原因で失明なさっています。決して他人事ではない重大な問題です。多くの方は医師の言いつけを守って真面目に治療しているでしょうに。現状は厳しいのです…

また糖尿病患者は、網膜症だけではなく他の目の病気にもかかりやすくなります。緑内障や白内障などにも健常者より高い確率でかかります。

特に緑内障は、糖尿病網膜症と並んで後天的な失明原因の多くを占めます。だから糖尿病患者は、目の健康にとても気を付けなければいけないのです。

高強度の運動(筋トレも有酸素運動もです!)や重い低血糖は眼底出血のトリガーとなります、くれぐれも気を付けてくださいね。よっしーは現在、昔大好きだった高強度筋トレや飛んだり跳ねたりするような運動は行っていません。

糖尿病が原因で目がけいれんする!?

糖尿病合併症のひとつに「神経障害」があります。血糖値が高い状態が長く続くと、手足など体の末端の方へ伸びている細い神経(=末梢神経)が障害されてしまいます。

糖尿病神経障害でよく知られているのは、手足のしびれやチクチクとした痛みでしょう。よっしーも入院した時、足の指先がちょっとしびれたりチクチクすることがありました。

その他、心臓の拍動の調整がうまくできなくなったり便秘やED、発汗障害などになることもあります。一見糖尿病とは何の関係もなさそうな症状もありますが、糖尿病神経障害とは恐ろしいものです。下の図はメディカルノート様のサイトからお借りしました。

あまり知られていないみたいですが、この糖尿病神経障害が原因で目がピクピクけいれんすることがあるそうなのです。よっしーの他にも、糖尿病でやはりこの症状があり、糖質制限で血糖コントロールが改善したら治ったという男性の方がいらっしゃいました。

糖尿病神経障害により、目を動かす神経などが障害されることは決して珍しいことではないそうです。グレート義太夫さんは糖尿病患者で人工透析をなさっていますが、彼は外転神経がマヒしてものが二重に見えた時期があったそうですよ。

また、視野の右半分とか下半分とかが一時的に真っ黒になる(半分見えない?)になることもあるそうです!これは他の糖尿病患者さんからも経験談を聞いたことがありますが、想像するだけでぞっとします。

一過性の血流障害が起こると、一時的に視野が欠けることがあるそうです。糖尿病とは全身の血管や神経がおかされていく病気なので、気を付けなければいけませんね。

糖尿病神経障害は回復する過程で、一時的にかえって悪化したようになることがあるそうです。血糖値が改善して、一過性に足先の痛みがひどくなった人も多いです。よっしーの場合、目にもこれと同じことが起こったのかもしれませんね。

糖尿病以外が原因であることも!

糖尿病患者で目がけいれんするからと言って、必ずしも原因は糖尿病とは限りません。他にも「カフェインの過剰摂取」「ストレス」「アレルギー症状」「睡眠不足」「メガネが合わない」などの可能性が考えられるそうです。

疲れ目でまぶたがピクピクするケースは非常に多いそうですし、ドライアイやストレス、睡眠不足などによって目の疲労が溜まると、目の周りが細かく痙攣することがあるそうです。

現代人はよっしーを含めてパソコンやスマホで目を酷使しすぎている場合が多いので、目を休めることも大事だと思います。

しかし怖いのは、脳腫瘍など他の病気のせいで症状が出ている場合もあるということです。眼振を引き起こす病気はいろいろあるようです。

その場合は他にもいろいろな自覚症状が出てくるでしょうし、様子を見ていても治ることはないです。気になる場合は早めに脳神経外科で診てもらったほうがいいかもしれません。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.