いまの糖尿病治療ではこれが限界か


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


日本の糖尿病治療はどうなっている?

日本の医療は進んでいるほうだと誰もが思っていると思います。

では実際、糖尿病治療に関してはどうでしょうか?
日本の糖尿病患者は、血糖コントロールがうまくいっていると言えるのでしょうか。

(上のグラフはJDDM様から引用しました)

 

2型糖尿病患者のHbA1c(約2か月間の血糖値の平均を反映する、正常値は4.3~5.8%)の平均は7.06%だそうです。

これはきちんと通院して血液検査を受けている人のデータのはず。
途中で治療放棄した人や、自分が糖尿病だということにそもそも気が付いていない人は、もっと高そうですね…

で、もっとも多いのは、HbA1c6~8%の間ですね。
正直、「なんだ、ちゃんと治療していてもこの程度の数値??」と思ってしまいます。

 

血糖値が高いのは患者のせい?

こういう数字を見ると「きっと血糖値が高い患者は、お菓子をこっそり食べているに違いない」と言う人もいるかもしれません。

しかし仮にそうだとしたら、それは病院で指導されている食事療法があまりにもしんどくて、到底続けられるようなものではないからそうなってしまうのでしょう?

 

 

上のグラフを見る限り、食事療法で挫折する患者があまりにも多すぎるように見えるのですが…
それはそれで問題じゃないでしょうか?

あと、ひたすら真面目にやっているのに今一つ血糖値が下がらないという方も少なくないはずです。

 

これが日本の糖尿病治療の現状なのです…

「進んでいる」はずの日本でも、現在、年間3000人が糖尿病網膜症で失明し、3000人が足を切断し、16000人が糖尿病腎症から新たに人工透析を開始しています。

 

 

ちゃんと治療しているはずなのに、患者たちの平均血糖値はかなり高くて、本当に正しい治療が行われているかどうか疑問を感じずにはいられません。

どうかこのブログの読者様におかれましては「ただ病院の先生の言うことを聞いていれば必ずしも血糖値は良くなるというわけではない」ことを知った上で、どうしたらいいのか自分の頭で良く考えてみてください。