たけしの本当は怖い家庭の医学・忘れられないトラウマ回

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


ものすごく怖かった回

昔、朝日放送で「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」というテレビ番組を放送していたことをみなさん覚えていらっしゃいますか?

よっしー、ずっと忘れられないトラウマになっていた回があります。それは2005年5月24日に放送された「本当は怖い早食い~蝕まれたスクリーン~」です。

 

 夫婦で定食屋を営むO・Nさん(35歳・男性)の生活は、最近、夕食をたっぷり食べても数時間経つとお腹がすいてしまい、また食べるという日々。やけに空腹感を感じるようになってきました。暑い厨房で一日中働けば、お腹がすくのも当然。健康な証拠とさえ思っていたO・Nさんだったが、やがて眼の中に黒いものがちらついたり、物が歪んで見えるように。もともと近視の彼は、そうした現象が視力の低下によるものだと思い込んでいたが・・・。

 

 

 

糖尿人のみなさんなら、何となくいやーな予感がしますよね?
そう、O・Nさんは糖尿病網膜症だったのです。子供の頃から早食いで、ご飯をかきこむように食べていたそうです。

自分が糖尿病であることにすら気付かず(自営業なので健康診断を受ける機会があまりなかった?)、目の異常の発見が遅れたため、ある日目の前が真っ赤になりました。

結局、両方の目を失明してしまったそうです…

 

怖いけれどどこか他人事だと思っていたかも

放送当時、よっしーは上の子を産んで妊娠糖尿病もすっかり治り(妊娠糖尿病って、産後は何もしなくても治っちゃう人がほとんどなのです)、毎日楽しく過ごしていました。

この番組を見て「まぁ…なんて怖いの…お気の毒に」と思いましたが、まさか自分もそうなるかもしれないとまでは思っていなかった気がします。

 

 

この患者さんは35歳。若い人の場合、糖尿病網膜症の進行が速い傾向があるそうです。

また、よっしーのように単純網膜症の段階だと血糖コントロールだけで自然に治る可能性が高いですが、ある程度以上悪化してしまうと、あとは何をしても完全に治すことはできないとか。

レーザー治療なども、それ以上視力を悪化させないためにやるのであって、「治る」わけではないそうです。だからこそ、少しでも早く対策を始めないといけないんですよね。

 

糖尿病網膜症のある方は医師の指示を守って

糖尿病網膜症がある方は、激しい運動を行うと眼底出血することがあるので必ず医師の指示を守ってください。

特に、網膜症の病状が進んでいる方・レーザー治療を受けてから半年以内の方は運動は禁忌だそうです。

 

上の表と解説は糖尿病ネットワーク様のサイトからお借りしました。

 

糖尿病網膜症だけではなく、腎症や神経障害がある方も運動制限がある場合があるので、主治医の指示に従ってください。

糖尿病に運動がいいからと言ってやたらと運動を勧めているサイトもありますので、くれぐれも自分の体と相談して気を付けてくださいね。誰も責任を取ってくれませんから…