バランスのいい食事を試してみたらいい

個人差が大きい


それまであまりにも暴飲暴食して、体重が100キロ以上もあった。
でも反省してカロリー控えめにしただけで、痩せて血糖値も下がっちゃった。

そんな方は結構多いんじゃないでしょうか?

 

家族に糖尿病患者が誰もいないのに若くして2型糖尿病になる人と言うのは、かなり無理をしてきた人です。そういう方は、ちょっとの努力ですぐ改善します。

でも、生まれつきインスリンの分泌能力が低い人は、そういうわけにはいきません。

病院で出されるような、いわゆる「栄養バランスの取れたカロリー控えめの食事」で、誰もが血糖値が改善するわけではありません。
これだけで誰もが良くなるなら、インスリン注射も経口血糖降下薬もいらないでしょう。

嘘だと思うなら、そういう食事を食べて運動しないで食後1時間血糖値を測ってみればいいんです。

もし1時間血糖値が正常範囲内なら、あなたはラッキーです。
でも、もし200以上とかめちゃくちゃ高くなるようなら、やっぱりその方法ではだめなんです。

 

 

運動しているけど、過信していません


うまく運動すればある程度血糖値は下げられます。
だからよっしーも、軽いジョギングやウォーキングや筋トレは継続しています。

ただ、外食時など何かと血糖値は測っていますので、運動だけでは100%何とかなるものではないことも知っています。

空腹時とか食後2時間の血糖値しか測っていない方は、たまに1時間後の血糖値を測るといいですよ。思いのほか上がって、急降下していることもありますので。

 

 

食事の糖質を自分の食べられる範囲内で調整して食べること、運動、人によってはインスリン注射や経口血糖降下薬も欠かせない要素です。

どれか一つの方法だけでコントロールできる人ばかりではないので、自分に合わせて最適な方法をとらなければなりません。

 

 

自分に合った方法を探しましょう


他の人を見て真似をしても、うまくいかないことがあります。
その人とあなたの体質は違うからです。

逆に、自分が試して効果があった方法でも、他の人に同じように効くとは限りません。

あなたが糖尿病と診断されたばかりで、糖質を制限するのが嫌なら病院で指導された通りの食事をまず試してみてください。

 

 

その結果、血糖値がどうなるかを見てから、血糖コントロールの方法を自分で模索していくしかありません。

よっしーも、病院食で血糖値が爆上がりするのを確かめてから、主治医と相談して許しを得たうえで糖質制限食を始めました。

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス