スポンサーリンク

バランスの良い食事で糖尿病を予防改善できるか

よろしければシェアしてください♪

バランスの良い食事は誰にでも効果がありますか?

医師や管理栄養士はたいてい「バランスのいい食事が大事」だとおっしゃいますよね。それも「プロが教える正しい食事」とか。何も知らないシロウトのお前らに、プロの私たちが教えてやるよ~的な。

「最近は糖質制限食が流行っているようですが、やはり基本的にはバランスのいい食事が一番いいんですよ~」なんてね。

しかし「バランスのいい食事」を心がけていれば、みんな糖尿病などの病気にならないのでしょうか?

バランスのいい食事で糖尿病を予防できる人も確かにいるだろうけど、全ての人がそうだとは思いません。

全ての人に当てはまらない以上「これだけが唯一正しい食事方法なのだ」とまで言ってしまうのは、あまりにも無理があるんじゃないでしょうか。

バランスの良い食事とは?

現在、糖尿病の患者に指導されている食事療法は、だいたい次のようなものです。

その人の標準体重×25~30(運動量による)=1日に摂取すべきカロリー。たとえば身長170cmの男性だと標準体重は1.7×1.7×22=63.5kgになるので、摂取すべきカロリーは63.5×25=1587kcalになります。

1587kcalを約1600kcalとして、そのうち50~60%を炭水化物でとり、たんぱく質は体重1kgあたり1.0~1.2g、そして残りのエネルギー量を脂質でとるのがよいんだそうです。

この男性の場合は、炭水化物(食物繊維にはカロリーがほぼ無いので、糖質と考えていいです)を200~240g摂取し、たんぱく質は63.5~76.2g、脂質は37.2~60.6g摂取することになります。

これだけのたんぱく質の量で筋肉を維持できるのかな?とちょっと心配です。

バランスの良い食事に何か根拠はあるのでしょうか

上で挙げられている糖質・たんぱく質・脂質の摂取バランスには、何か根拠があるのでしょうか?たとえば、このバランスで食事をした場合に最も糖尿病の発症率が低下するとか…

どうやら、特にそのような根拠があったわけではなかったようです。

糖質60%の食事がバランスの良い正しい食事だといつ誰が決めたのか?|低糖質ダイ...
「糖質制限 vs 高糖質カロリー制限」のすごく根本的なところに踏み込んでみます。...

カルピンチョ先生のブログによると、1970~1980年ごろの日本において生活習慣病が少なかったので、きっとこの食事が健康に良いのだろうと考え、当時の日本人の食事の平均的なバランスを理想として決めたというだけらしいです。

よっしーの家ではいわゆるお米を中心としたバランスの良い食事を朝からしっかりと食べていましたが、まず父が2型糖尿病になりました。1985年頃だったと思います。

そして、バランスの良い食事を心がけてきたつもりの私と弟も2型糖尿病を発症してしまいました。

なんと、日本糖尿病学会の評議員の先生ですら「JDS(日本糖尿病学会)が理想の栄養バランスと言っている糖質50-60%は、現状の日本人の栄養バランスがこの程度であるために設定した。この糖質50-60%に科学的根拠はない。糖質制限食をしてもらっても構わない。」と2015年の地区医師会で発言なさっています。

医師オンリーの集まりでうっかり(?)本音が出てしまわれたのかもしれませんけど、「科学的根拠はない」というのは驚きですよね…

科学的根拠がないものを教科書で学んだ真面目な学生さんたちが真面目な医師や管理栄養士になって「糖質制限はダメです、バランスの良い食事が最も正しいのです」とおっしゃっているのですね。

それはよく分かります。とても真面目な学生さんが「学校で習っていることは実は間違いではないのか?」などと思うわけがありません。昔のよっしーもそうでしたから…

野生動物はバランスの良い食事をしていますか?

ヒトやヒトに飼われているペットは、野生動物と比較してもかなり病気になることはよく知られていますよね。

糖尿病だって、猫や犬にもあるんですよ。病気が悪くなれば彼らもインスリン注射が必要になるそうです。1型糖尿病と2型糖尿病があるのも同じだそうですよ。

では、あまり生活習慣病にならない野生動物って、バランスの良い食事を心がけているのでしょうか?

「同じものばかり食べると栄養が偏るから、1日に30品目食べなくっちゃ」「昨日と同じものを食べると体に悪いので、今日は違うものを食べなくっちゃ」なんてこと、彼らが実践しているとは思えないのですが…みなさんはどう思われますか?

他のどの動物よりも健康に気を付けているはずのヒトが病気にかかりまくるのは、なんとも皮肉なことだと思いますね。

バランスの良い食事もいいけど、全員には通用しないから

バランスの良い食事で糖尿病が改善する方ももちろんいらっしゃるでしょう。

遺伝がなく、発症前、かなり暴飲暴食をしていた方や太りすぎていた方など。このような方は、日本糖尿病学会の勧める食事だけでもかなり病気が改善することだってあるでしょう。

でも、その方法ではどうしても結果が出ない患者もたくさんいるんです。それなのに、一律カロリー制限食だけを指導されても私たちは困ってしまうのです。

カロリー制限食だけではすべての患者に対応できない以上、糖質制限食が選択肢の一つとして早く日本でも正式に認められる日が来るのを願っています。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.