何を食べても、ただちに死ぬことはないです多分。


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


たまに糖質食べたって死なないよ!?

よっしーが糖尿病と診断されて糖質制限を始めてから3年経ちますけど、最初の頃は主治医とこんな会話を交わしたのが懐かしいです。

 

主治医
ご飯をまったく食べないのかい?本当に!?

よっしー
はい、食べないです

主治医
たまに食べて血糖値250になっても死なないよ~♪

よっしー
死なないだろうけど、怖いです…

 

先生…確かに1度ぐらい血糖値250になっても死なないのは分かります。だってよっしーが緊急入院した時、血糖値は500近くもあったんですからね。

それに主治医は、あまり血糖コントロールがうまくいっていない患者さんたちもたくさん診ていらっしゃるのでしょう。大病院ですしね…

 

 

でも今となっては、たとえ月に1度でもそこまで血糖値を上げるのは怖いなぁと思います。1度ぐらい爆上げしても、HbA1cには影響がないでしょうけど。

糖尿病患者でも「普段の血糖値が良好なら、たまに上がってもOKだろう」と考える方は少なくないと思います。結局それは自分が決めることですね。

ただ「月に1度ぐらいいいや」から始まって、だんだん「週に1度」「1日おき…」としょっちゅう食べちゃってる方がいるとしたら、ちょっと心配です。せめて血糖値は測ったほうがいいんじゃないかと。

サプリや運動は、本当に食後血糖値を十分に抑制できているかどうか測定しないと分からないのにね。

 

何のために血糖値をコントロールしているのでしょうか

そもそも、あなたなぜ血糖コントロールに励んでいるのでしょうか?

HbA1cを良好にキープして主治医からほめられるため?それも確かにひとつの目標にはなるでしょうけど、糖尿病合併症などの「体に好ましくない変化」を避けるため…ではありませんか?

 

 

HbA1cは、過去2か月ほどの血糖値の平均値にすぎません。高血糖の後、反動で低血糖になっていてもHbA1cはそこそこ良好ということもありますし、たまに食後高血糖になってもたぶん、HbA1cにはほとんど影響は出ないでしょう。

だから数か月おきに測定したHbA1cさえ良好ならそれでいいや、と思うか、それとも血管内皮をキズつけるような食事はたまにでも食べないようにするかは、個人で判断しなければいけませんよね。

血糖値が180を超えるあたりから、血管内皮にキズがつくとされています。その状態でコレステロールが高い人は、動脈硬化の進行が特に心配です。

 

意志が弱い人はすぐに理由を作りたがる

意志が弱い人は、きちんと食事制限を守れない自分を正当化するためにいろいろと言い訳をするものです。

 

「せっかくあの人が自分のために作ってくれたのだから…」

「飲み会でみんなに合わせないと感じ悪いから…」

「今日は行事だから…」

 

 

そして、血糖値も測らずに「サプリ飲んだから~運動したから~きっと大丈夫のはず!」と自分に言い聞かせる人もいます。

でも、本当にあなたの体のことを考えてくれる人なら血糖値に影響しない料理を作ろうと工夫してくれるでしょうし、よっしーは飲み会で「私は食べられないけどみんな気にしないで食べて♪」って普通に言ってます。アレルギーの人だっているし、そんなことで仲間はずれにするような人いませんって。

また行事食にしても、工夫次第でいくらでも糖質オフにできるんですよね。結局は、言い訳なんですよ。少々キツい言い方になりますけど。

 

 

ただし人間は、いつでもカンペキな生き物ではありません。時には「あー失敗しちゃった!」ってこともあります。よっしーだって「しまった、さっきアレを食べなきゃよかった」と思うことはあります。

でも、自分がよく失敗するからと言って、ストイックに頑張っている他の人たちを「あいつらはやりすぎだ」などと批判するのはダメ。別に他人に押し付けてるわけじゃないんだから。

食べ物にしたって、誰かが無理やりあなたの口の中に押し込んだのならともかく、そうでなければ食べたのはあなたです。

自分が失敗するのは自分のせいであって、他の人のせいではないんですから。ああ今日は失敗したな、食べすぎちゃったな…そう思ったら「また頑張ろう」と思えばいいだけです。

 

何を食べても即死することはありません、おそらく(毒、くさったもの以外は)

糖質制限をしていると、まるで糖質を毒のように思っている、けしからん!という人たちがいます。

しかし、少なくともよっしーは糖質を毒だとは思っていません。毒の場合、ちょっとでも食べると即死する可能性がありますけど、糖質は野菜や大豆などにも必ず含まれております。ブラックコーヒーですら糖質ゼロではありません。

 

 

糖質の摂取量をゼロにするのは、まず不可能だと思います。肉や卵しか食べなければほぼゼロにできるかもしれませんけど、よっしーは野菜や豆も食べたほうがいいと思っているのでね。

だから、糖質を食べても即死するわけじゃないですし、「この程度なら食べてもいいだろう」と思う範囲内で食べているわけです。

その基準が、人によってあまりにも違いすぎるというだけ、ね。自分がお酒をどれだけ飲んでも酔わないからと言って「酒が飲めない奴はけしからん!」と怒る人がいますか?

 

食後血糖値は測ったほうがいいと思いますよ

ただ、これだけは全ての方に知っておいてもらいたいと思うんですけど、どんな食事や運動やサプリを選択するにしても「食後血糖値がどこまで上がっているか」は知っておくべきだと思いますよ。

「食後血糖値が180までならいいや」と思う方はその範囲内で食べればいいし「いや、食後血糖値は140未満に抑えなきゃ」と思う人はその範囲におさまるように糖質摂取量を計算して食べたらいいと思います。

正確に言うと「血糖値さえ上がらなければそれでいい」というわけではないんですけど、何をどこまでこだわるかはその人が決めることです。

 

 

ただ、血糖値を測ることもしないで「これぐらい良いだろう」と思っていると、確実に痛い目に遭いますから…

よっしーは糖尿病と診断される数年前から「糖質制限をしなきゃ」と何度か試みましたが、結局ご飯が好きなので継続できず…それで糖質カットサプリを飲んだり、ジムに通って運動して普通にご飯を食べていて糖尿病になりました。

血糖値の現状をまず知った上で、糖質制限するか、それとも他の方法を選ぶのかはその人が決めることです。まず知らなければどうしようもありません。

あの時、1度でも血糖値を測っていればなぁ…と思いますが、後悔してももう遅いんです。他の方たちには、同じ目に遭って欲しく欲しくないなぁと思います。