冬は血糖値が高くなる?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


冬に血糖値が高めになる方は多い?

一般的に、冬は夏よりもHbA1cが高めになると言われているそうです。

よっしーの場合、過去の検査データを見ても季節による差はほとんど感じられないのですが「冬のほうが血糖値が高くなる」と感じている方は多いみたいです。

いったい冬と夏のHbA1cの差はどこから来るのでしょう?ちなみに、HbA1cだけではなく体重も冬のほうが重くなるそうです。

下のグラフはメディカルトリビューン様のサイトからお借りしました。大分県の病院で行われた、通院中の糖尿病患者さんたちの体重・HbA1cを気温と並べてみたものです。

 

 

これを見ると、確かに気温が低い時ほどHbA1cが高いように見えますね。しかも、体重とHbA1cはかなりシンクロしているように見えます。

なぜこうなるのか考えてみましょうか。

 

冬はごちそうを食べる機会が多いから?

ひとつ考えられることとして「冬はごちそうを食べる機会が多いから」ということがあります。

確かに、クリスマス・忘年会・お正月・新年会等、飲み食いする機会が多いのは事実でしょう。

 

 

よっしー、糖質制限を始める前(糖尿病発覚前)は、毎年お正月にはモチ太りしていましたからね…今はそれはまったくありませんが。

普通に糖質を摂取している方の場合、たとえ糖尿病でもお正月にはついつい気が緩んで食べすぎてしまう、ということはあり得る話です。

食べすぎるから体重が増えて、血糖値も上がる…とこういうわけです。

 

冬は運動不足になりがち?

また、冬は夏と比べるとどうしても家にこもりがちになります。雪がたくさん降る地域では特にそうでしょう。

雪が降る中、外でジョギングするというのはなかなか難しいです。

また、普段は自転車を使っているけれど、雪が降る冬は車でスーパーへ買い物に行くという方もいらっしゃるでしょう。

 

糖尿病とウォーキング 少し歩いただけでも健康効果を得られる
国内外の糖尿病関連情報をスピーディーにお届けします。配信したニュースはテーマ別にまとめられ、患者さん、医療スタッフほか、どなたでも閲覧可能です。

 

よく歩くことは血糖値にも良いことが分かっています。やはり、出歩くことが減る冬は血糖値が上がりやすいのかもしれませんね。

 

運動と食事だけでは説明しきれない点もある!?

ただ、冬の体重とHbA1c上昇について、運動と食事の点だけではすべてを説明しきれないのではないかと言われています。

なぜなら、ほとんど雪が降らない地方においても同じ傾向がみられるとのこと。

雪が降らない地方では冬も外を歩くことに支障がないので、そこまで運動量が減るとは考えられないにもかかわらず、豪雪地方と同じように冬に体重とHbA1cが上昇しているのです。

そうだとすると、やはり食事の影響が大きいのでしょうか?

 

 

確かに冬にはイベントが多いですが、夏にアイスクリームを食べすぎたり清涼飲料水をがぶ飲みする人も多いですよね。

そのため、夏にはペットボトル症候群で緊急入院する若者も少なくないとか。必ずしも、冬のほうが糖質摂取量が多くなるとも言い切れないんですよね。

ま、冬にみかんを食べすぎて…というケースもあるとは思いますけど。

 

冬は体が脂肪を貯めこもうとするのかも?

山田悟先生は「気温が低くなると冬眠動物でない人間でも何らかの因子が働いて、食欲が向上したり、身体活動(運動)が抑えられたりするのかもしれない」と考えておられるそうです。

 

【寄稿】糖尿病はこれからの季節が要注意! 血糖管理が悪化|あなたの健康百科
〈編集部から〉  体が縮こまる寒い季節、脳卒中や心筋梗塞も増えるといいます。こうした中で、冬になると糖尿病患者の血糖値の状態も悪くなるとの論文が、大分県日田市...

 

確かに、そうかもしれませんね…いつでも好きなだけ食べられるようになった現代と違って、大昔は真冬になると食糧は乏しかったはずですから。

本来、冬は体が体脂肪を貯めこもうとしているものかもしれないと心得て食事と運動に気を付けることが、血糖コントロールを良好に保つために重要なことなのかもしれません。

キッチンおおざっぱさんの「サイリウムおから餅」は、太らず血糖値も上がらず美味しくておすすめですよ!初めて食べたときはびっくりしました♪

 

糖質制限★のびる基本のサイリウムおから餅 by キッチンおおざっぱ
ラカントレシピTOP!きなこ餅磯辺巻アレンジ自在で食物繊維たっぷりスイーツ♪片栗粉と牛乳は糖質が高いのでおから粉と水で♪

 

「冬だから仕方がない」と諦めずに、冬もナイスコントロールを心がけましょう。