妊娠糖尿病で食べてもいいおやつは?

妊娠糖尿病だとおやつが食べられない!?

妊娠糖尿病は、妊娠して胎盤から出るホルモンがインスリンの効きを悪くするために血糖値が高くなる状態です。もともとインスリンの分泌能力があまり高くない女性がかかりやすいです。

よっしーは20代半ばで妊娠糖尿病になりましたが、このぐらいの年齢の女性はそれまで普通にスイーツを食べていた方が多いはず。

いきなり「妊娠糖尿病ですね」と言われても、それまで普通に食べていた大好きなスイーツを急にやめることなどできないでしょう。

「妊娠糖尿病だとアイスはダメですか?」「プリンは?ケーキは?」「いちごは食べてもいいんでしょうか?」などと訊かれることがあります。

今回は、妊娠糖尿病の女性が食べてもいいおやつについて考えることにしましょうか。

なごみ
赤ちゃんのためだといっても、おやつをやめるなんて無理だと思います…

よっしー
それはそうよね、他の人は食べてるし…かといってインスリンを打って好きなものを食べるというわけにも…ね。

バナナやサツマイモならヘルシーなのでは?

なんとなく、お菓子はダメだけどバナナやサツマイモなら健康的だから良いのでは…と思っている方もいらっしゃると思います。

でも残念ながら、これらはかなり糖質が多い食品です。よっしーは糖尿病で入院していたとき、起床時や夕食後と比べて朝食後、昼食後の血糖値がいつも明らかに高いのでなぜだろうと思ったら、朝食と昼食にバナナなどの果物がデザートについていたせいでした。

「果物に含まれる果糖は血糖値を上げにくい」と思われるかもしれませんが、果物に含まれている糖質は果糖だけではない上、果糖はダイレクトに中性脂肪に変わりやすく肝臓にも良くないそうです。

栄養学的には、どうしてもこれらの食品を食べなければいけない理由があるわけではありません。好きで食べたいなら、どの程度の量であれば食後血糖値が目標範囲内でおさまるのか自己血糖測定を行って確かめてみてください。

よっしーも子供の頃から果物が大好きで、おやつには果物やサツマイモをよく食べていました。でも、糖尿病体質のよっしーには、これは良いことではなかったんでしょうね。みかんを食べすぎて糖尿病になった方の例も報告されています。

大昔のヒトもたまには果物を食べていたと思われますが、あくまでも季節限定品であり、また現代のように品種改良されて甘くなったものではありませんでしたよね。

果物の中で比較的糖質が少ないものは、いちごやラズベリーなど。バナナはダントツで糖質が多い果物です。同じ量で比較すると、その糖質量はメロンやみかんの倍です。食べすぎには気を付けましょうね。

糖質オフなスイーツはたくさんあります♪

よっしーが妊娠糖尿病だった頃と違って、今は妊娠糖尿病や糖尿病の方が安心して食べることが出来る糖質オフなスイーツがたくさん手に入ります。

赤ちゃんのためにいつも頑張っている自分へのごほうびに、たまには良いのではないでしょうか♪

スーパーやドラッグストアにも、モンテールのロカボスイーツ低糖質プリンが売られていますよね♪シャトレーゼにも糖質オフなケーキやどら焼き、プリンがあり助かっています。

慣れてきたら、自分でこういう糖質オフなスイーツを作ることもできます。アイスクリーマーを使えば糖質オフでおいしいアイスクリームを作ることができます。

クックパッド楽天レシピにも、糖質オフなスイーツのレシピをUPされている方がたくさんいらっしゃいます。とてもありがたいことですね♪

妊婦さんのおやつは赤ちゃんの成長のために必要?

妊婦さんはお腹の赤ちゃんの成長のために通常時より多くの栄養を必要としています。しかも、3食だけでは必ずしも必要な栄養をすべて摂取しきれないこともあるでしょう。

だから妊婦さんのおやつは楽しみのために食べるだけではなく、3度の食事だけでは不足しがちな栄養を補うための食事のひとつと考えると良いです。

では、妊婦さんが赤ちゃんのために意識して摂取しなければいけない栄養は、何でしょう?…糖質ではありませんよね。

妊娠糖尿病はインスリンの働きが悪くなって血糖値を下げきれない病気なので、わざわざ必要以上に糖質を摂取しなければいけない理由はひとつもありません。摂りすぎれば、赤ちゃんを苦しめるだけです。

妊娠糖尿病以外の異常がない妊婦さんであれば、糖質をたっぷり摂取しなくても低血糖にはなりません。低血糖にならないということは、赤ちゃんにも必要な糖はちゃんと届いているということです。

赤ちゃんの体を作るのは主にタンパク質です。それから、脳はタンパク質や脂質からできています。通常の食事療法だと、血糖値を上げないようにと全体的に食事量を減らすのですが、これだと血糖値を下げる効果は不十分なこともある上にタンパク質や脂質が不足します。

糖質が少なくてタンパク質や脂質が豊富なおやつがおすすめです。戻した高野豆腐を半分の厚みに切ってフライパンにバターを入れトーストのように焼き色を付けたものをサンドイッチにすると、すごく美味しいです♪

インスリン注射をすれば何でも好きなものを食べられるんじゃないの?

食事療法だけでは血糖コントロールがうまくいかない妊娠糖尿病の妊婦さんの場合、インスリン注射をすることもありますよね。

じゃあどうせインスリン注射をするんだから好きなものを食べればいいじゃないかと思われるかもしれません。

確かにインスリンを注射すると血糖値を下げられます。でも、注射量と食べたものに含まれる糖質量がうまく合わなかった時、重症の低血糖を引き起こすリスクが常にあるんです。

妊娠糖尿病でインスリン注射をなさっている方で、何度も血糖値が30以下になったという方も見かけました。これはすごく大変なことですよね…

カン違いしている方も多いですが、「糖質を制限するから低血糖になる」のではありません、長鎖脂肪酸代謝異常症などの方でなければ。

「糖質制限すると低血糖になるから糖質を食べなきゃ」と言ってたくさん糖質を食べ、インスリンを打ち、何度も低血糖を繰り返すことになるんじゃないでしょうか…

またインスリン注射の量が多いと、どうしても太りやすくなります。インスリンは「肥満ホルモン」と呼ばれるぐらいで、食べた糖質をグリコーゲンや体脂肪として蓄えるのです。

太ること自体がさらにインスリンの効きを悪くしますし、太りすぎだと出産にも悪影響が出ます。太りすぎが原因で帝王切開になることもあるそうですよ。

また「インスリン注射をすればOK」という考え方は妊娠期間だけではなく、出産後の健康にも影響があるんです。次の項目をお読みください。

出産後はどうなる?

妊娠糖尿病は胎盤から出るホルモンによってインスリンの効きが悪くなって起こるので、出産が終わればたいてい何もしなくても元に戻ります。よっしーもそうでした。

ただ、もともと糖尿病になりやすい体質だったからこそ妊娠糖尿病になったんです。そうではない女性なら、妊娠糖尿病にもなりにくいです…インスリンを多めに分泌して対応できますからね。

妊娠糖尿病を経験した女性がいずれ2型糖尿病になる確率は、そうでない女性の7倍と言われています。よっしーもまさにそれでした…産後はいったん治ったので油断してしまいました。

妊娠糖尿病の食事療法は、じつは妊娠期間だけの一時的なものではなくて、産後ずっと2型糖尿病にならないための食生活の改善の練習になると思うのです。

妊娠中にスイーツをガマンして、産後「さぁーこれで好きなスイーツを好きなだけ食べまくってやるわ!!糖質大好き♪」なんてことになってしまうと、いずれ糖尿病になってしまうかも。

妊娠中こそ、食生活を変えるチャンスだと思うのです。もちろん、食べる楽しみは大事ですが、楽しみを優先しすぎていては大変なことになってしまうかも。

「インスリン注射をするから好きなだけ食べてOKでしょ」という考えは、とても危険です。妊娠期間中だけならそれほど問題にならないでしょうけど、産後もずっとインスリン注射が必要になってしまうと、大変です。

インスリンを大量に注射している方は、動脈硬化・がん・認知症などのリスクが高まることが明らかになっています。

また、ママが「私は糖質が好きなのよ、文句ある?」ってな感じの食生活を送っていると、お子さんも同じ食生活で育つことになります。

同じ体質を受け継いだかもしれないお子さんが将来自分と同じことを繰り返さないためにも、やはり親子で食生活を考えていく必要がありますよね。

なごみ
美味しくて血糖値を上げないおやつを上手に楽しみたいですよね♪

よっしー
そうね、そして赤ちゃんが生まれたら親子で糖尿病とは無縁でいられるおやつを楽しんでほしいわね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.