スポンサーリンク

暑い夏は「ペットボトル症候群」に注意!

よろしければシェアしてください♪

暑いからゴクゴク飲んでしまう

暑い日が続きますね。

この暑さで清涼飲料水の需要が高まるとして、各社が増産体制に入っているとのニュースをテレビで見ました。

しかし清涼飲料水を飲みたくなる季節だからこそ、気をつけなくてはいけないんです。

それが「ペットボトル症候群(ソフトドリンクケトーシス)」です。

ペットボトル症候群は、スポーツドリンクや清涼飲料水を大量に飲み続けることによって起こる急性の糖尿病です。

こういう飲料をよく飲む若者に多いですが、最近では中年での発症も増えているそうですよ。

市販のスポーツドリンクや清涼飲料水には、かなりの量の糖質が非常に吸収されやすい形で含まれています。

2リットルのペットボトルを買ってきて1日で飲み切るようなことをしている人、いませんか?

それに加えてロクに運動もしないのに、おにぎり2個とかラーメン、炒飯、菓子パンを食べてゴロゴロ…なんて生活では、どうにかならないほうがおかしいですよね。

角砂糖何個分、体に入れているんでしょう??

ペットボトル症候群

清涼飲料水を飲んで血糖値が上がって喉が渇くので、また清涼飲料水を飲んでしまいます。 この繰り返しで高血糖が続くことがすい臓のベータ細胞をクタクタにさせます。

とうとうインスリン分泌不全を引き起こして糖がうまく代謝されなくなってしまいます。

こうなるとインスリンの作用が極端に低下し、全身で代謝が狂って、血液が酸性寄りになって呼吸さえ苦しくなります。

血糖値は極端に高くなり、それなのに体はブドウ糖をエネルギーとして利用できなくなるため、ケトン体と言うエネルギーを大量に作って何とかしようとしますが、全身の代謝がめちゃくちゃになっているので一刻も早く治療(入院して点滴、インスリンによる管理)を行わないと昏睡状態に陥ることもあります。

放置すれば死亡することもあります

普通このような状態は、1型糖尿病の方がインスリン注射を打ち忘れたときなどに起こりやすいのですが、清涼飲料水のガブ飲みなどによっても起こります。

お母さん気を付けてあげて…

もともと糖尿病ではなかった人の場合、適切な治療を行えばこの状態が解消すれば元の正常な状態に戻ることがほとんどです。

しかし元々、自覚症状がなにもない程度の軽度の糖尿病だった人が、ペットボトル症状群の発症で一気に悪化することもあり注意が必要です。

まだよちよち歩きの小さなお子さんに500mlのペットボトルで清涼飲料水を飲ませているお母さんを見かけたことがあります。びっくりしてしまいます。

グズるたびに飲ませているんだと思いますけど、小さなすい臓にはどれほどの負担がかかっているんだろう…と考えるだけでも恐ろしいです。

暑い夏ですが、清涼飲料水の飲みすぎには、どうかお気を付けくださいね。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.