朝はフルーツを食べるとヘルシー!?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


妊娠糖尿病になる女性は多い

元モーニング娘、元テレビ東京アナウンサーの紺野あさ美さんはもうすぐ出産予定ですが、妊娠中期に「妊娠糖尿病」の疑いで再検査を受けたそうです。

結果は正常だったそうで、良かったです。

これをきっかけに、朝一のフルーツ、スイーツやあんこも控える、食べ順と量を気をつけるなどしていらっしゃるそうですよ。

 

 

よっしーも経験者ですが、妊娠糖尿病になる女性というのは糖尿病になりやすい体質を持っているということなので…気を付けることは非常に重要です。

妊娠糖尿病になった女性が産後に2型糖尿病になる確率はそうでない女性の7倍以上と言われていますからね。

 

フルーツも血糖値を上げる

紺野さんはスイーツだけではなく、朝一のフルーツにも気を付けていらっしゃるとのこと、さすがです。

よっしーが入院していた時、夕食後よりも朝食後と昼食後のほうがいつも血糖値が高かったので「なぜだろう??」と疑問に思っていました。

 

 

そして「ああ、白米の量は3食とも同じだけど、朝食と昼食には必ずデザートにフルーツが出るからか!」と気が付いたんですよ。

フルーツは果糖だからインスリンを分泌させないので血糖値を上げない、と思われるかもしれませんが、フルーツに含まれている糖がすべて果糖というわけではありません。

バナナなどは、デンプンの割合がかなり多いです。

 

朝は血糖値が上がりやすい人も多い

そして個人差があるのですが、よっしーの場合は夕方に血糖値が低く、朝は最も高めになります。

ホルモンの関係でそうなってしまうのですが、朝食後は食べた糖質量以上に血糖値が上がりやすく、朝に血糖値を下げようとしてジョギング30分したら逆に血糖値が30も上がってびっくりしたことがありますよ。

他の時間帯だと血糖値が下がるのに!!

このような場合、朝食では糖質の少ないものを少なめに食べて、運動も朝の時間帯を避けるのが良いみたいです。

 

フルーツの食べ過ぎに気をつけましょう

よっしーは子供の頃からフルーツが好きで、朝食には必ずヨーグルトとフルーツ(そのほか、ご飯、味噌汁、納豆、目玉焼き、野菜炒めなど)を食べていました。

おやつも、お菓子よりはフルーツと牛乳とかが多かったです。

フルーツには美容と健康に良い成分ももちろん含まれているので、まったく食べないようにする必要はありませんが、ヘルシーっぽいからといって食べ過ぎるのはやはり良くないと思います。

 

 

フルーツといえどもある程度血糖値は上がります。不安な方は、たとえばバナナ1本食べて血糖値を測定してみるといいですよ。

同じものを食べても血糖値が上がりやすい人とそうでない人がいるらしいので、自分の場合はどれぐらい食べても大丈夫なのかチェックしてみることは大事だと思います。