スポンサーリンク

朝起きた時に血糖値が高い理由

よろしければシェアしてください♪

何も食べていないはずなのになぜ?

糖尿病の場合、夕食の後は何も食べていないのに、翌朝起きた時に血糖値を測ると前日の夜よりも高くなっているということがよくあります。

何も食べていないのに血糖値が上がるなんて、イライラしますよね…
なぜこんなことになるのでしょう?

(上の表は眠りのプロショップSawada様より引用)

明け方頃になると、「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの分泌量が減り、代わりにコルチゾールの分泌が増えてきます。

コルチゾールは血糖値を上げる働きがあり、朝起きてからの活動に備えます。

健康な人の場合、コルチゾールが血糖値を上げてもそれに見合った量のインスリンを分泌するので血糖値は結果的に前夜とあまり変わりません。

しかし糖尿病患者の場合は、インスリンの分泌が足りなくて、朝の血糖値がかなり高めになってしまうこともあるんですね。

このことを「暁現象」と呼びます。

またインスリン注射をしている方の場合、インスリン量が朝の血糖値をセーブするにはちょっと足りていなかったり、朝には効き目が切れてきているという可能性もあります。

その場合は主治医と調整して調整が必要です。

朝の血糖値上昇にどう対処するか

朝の血糖値上昇は気になりますが、何も方法がないわけではありません。

寝る前にメトホルミンという薬を飲みますと、肝臓の糖放出を抑制するので朝の血糖値上昇にも効果が期待できます。

ただ、これだけで完璧に暁現象を抑えきれるわけではありません。

血糖値があまりにも高い場合は、基礎分泌(何も食べていなくても24時間じわじわと分泌されているインスリン)が足りていないことが考えられるのでインスリン注射を導入することも考えなくてはいけません。

朝の血糖値だけを気にしても…

しかし、それほど高いわけではないのなら、あまり気にしないことも重要です。

血糖値が180を超えるあたりから、血管内皮が傷つきます。

寝る前に飲酒すると肝臓はアルコールの分解で手いっぱいになるので血糖値が上がらないという方もいらっしゃいますが、朝の血糖値を少々下げるために毎晩アルコールを摂取するのが体に良いかどうか…という問題がありますので。

朝の血糖値だけが少し高めでも、その他の時間帯でしっかりと食事をコントロールできていれば、HbA1cは6%未満の正常値をキープできる方が多いです。

どうしようもない数時間の血糖値を気にするよりは、努力で何とかできる日中の血糖値をしっかりコントロールしていくほうが簡単ですね♪

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.