歯医者が苦手な糖尿人、歯石取りに行く

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


歯医者さんへ行くのは気が重いですが…

よっしー、子供の頃から歯医者さんはニガテでした。ちゃんと磨いてるはずなのにやたらと虫歯になるので…しかも歯周病でもあります。

しかし、糖尿病と歯周病の間には密接な関係がありますし、最近うっかり歯石取りに行くのを忘れていて、気が付くと前回から8か月半も経っていたので慌てて予約を取って歯医者さんに行きました。

 

 

結果は、「歯周ポケットはすべて3mm」「歯の動揺なし」でした。虫歯はありませんでした。

糖尿病と診断された当初は歯周ポケット4mmの歯が数本あったのが、1本になり、今回は0本だったので、ちょっとずつ改善しているのかな?

よく「糖質制限していると歯石がつきにくい」と言いますが、あくまでも「つきにくい」だけであって完全につかないわけじゃないです。野菜なども食べてますし、糖質ゼロにはできないので…

 

糖尿病と歯周病の危ない関係

(上の図は、かめい歯科クリニック様のサイトからお借りしました)

歯周病がインスリン抵抗性を引き起こすというのは、重大な問題ですよね。糖尿病患者は健常者に比べて歯周病にかかっている人が約2倍で、歯周病患者は糖尿病にかかる確率が約2倍で、糖尿病予備軍の人を含めるとさらに多くなるそうです。

歯周病が糖尿病の「6番目の合併症」と呼ばれているのも納得です!だから放置しないできちんと歯周病の治療をするべきですね。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる病気です。歯と歯肉の境目がうまく磨けていないと、歯垢(プラーク)がたまり、歯肉が炎症を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

 

 

進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、歯を支える土台の骨が溶けて歯がぐらぐら動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

歯磨きがちゃんとできていなかったり、砂糖などを摂取すると口の中に住んでいる細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これが歯垢(プラーク)です。プラークの中は細菌だらけです(;´・ω・)

 

 

歯垢(プラーク)はすぐに取り除かなければ硬くなり、やがて歯石に変化し歯の表面にガッチリ付着してしまいます。

これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けるとのこと…!

 

困ったことに、この毒素がインスリンの効きを悪くして血糖値を上げるらしいです。歯周病の治療を受けて血糖値が改善した例は多いそうですよ。

 

ひどくならないうちに治療しましょう

 

歯周病は、軽症なら歯石を取るぐらいで済みますけど、ひどくなると治療も大がかりになりますし、最終的には歯を抜かなければいけなくなってしまいます

そうならないように、定期的に歯医者さんへ行きましょうね(←自戒を込めて)。糖尿人は、特に気を付けましょう。