病院の売店は糖質だらけ!?

病院の売店はヘルシー?


よっしーは糖尿病患者なので、3か月に1度通院しています。
病院には、売店があります。

皆さんは「病院の売店には、健康に気を遣う人のためにヘルシーな食品が置いてある」と思うかもしれません。

しかし、たまたまかもしれませんが、よっしーの通う病院の売店にはそのような商品はほとんど置いていないのが現実です。

子どもたちが喜ぶシール付きの菓子パンや甘いドリンクは山ほどありますが、よっしーが買えるのはお茶とチーズぐらいですかね…

食堂も糖質まみれ


また売店だけではなく、食堂も丼物や麺類、ご飯付きの定食ばかりです。

別の病院に勤めている、健康のために糖質制限ダイエットをなさっている小児科のドクターは「俺、病院の食堂は糖質まみれで食べるものが無い」と嘆いていらっしゃいました。

確かに丼物は、美味しくて安くて早いからねぇ…
でも先生方、お金は持っていらっしゃるでしょうに(;^_^A

1つ2つでいいから、ちょっと高くても肉肉しいメニューがあってもいいのにね。

パンの誘惑に勝てない


さて、よっしーが通っている病院の売店に話を戻します。
ここには、何やら結構有名な「美味しいパン」が売られているみたいです。
食べたことはありませんが…
もちろん、糖質制限ではなく普通のパンですよ。

それで、糖尿病で通院している患者さんたちも、つい買って食べてしまうみたいです。
「今そこの売店で2つ買ってきちゃった♪」とか、よく見かけます。

 

 

よっしーは糖質制限ダイエットをしていることを主治医に話していて、何も叱られたことはありません。経過が良いので。

でも私の後に診察室に入っていった女性が、後で薬局で「わたしインスリン注射と飲み薬3種類も使っているのにちっとも良くならないのよねぇ、太る一方なのよ、インスリンのせいかしら。お腹がすいてついパンとか食べちゃうせいかしら?」と薬剤師さんに愚痴を言っているのを見てしまったときは、なんとも切ない気持ちになりましたよ。

そりゃそうだろうよ…という感じです。
でも、どうしても食べたいのでしょうね、パンが。

どうしたらいいのでしょうね


主治医は「ちゃんと理解している人はいいけど、そうでない人には糖質制限は指導したくない」的なことをおっしゃっていたことがあります。

確かにその通りなのですが…うーむ。
何とかしてあげられないのでしょうかね…ガイドラインが変わらない限り、無理かな。

病院の売店よりも、ローソンのほうが糖尿病患者の健康に良い食品がずっと簡単に手に入る国・日本。それともこの現象は地方だけで、都会の病院ではまた違うのでしょうか?

早く、売店で糖質オフな商品が色々と買えるようになるといいのですが…

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス