スポンサーリンク

病院食を食べても血糖値は下がりませんでした

よろしければシェアしてください♪

低カロリーで物足りなかった病院食

何年か前、ご飯が大好きだったよっしーが糖尿病発覚して教育入院をしていたときの話です。私の食事には、「エネルギー制限食」と書かれた紙が添えられていました。

具体的にどのぐらいのカロリーなのかは分かりませんけど、おそらく1400kcal前後ではないかと思います。特に朝食など「あのー、私の分、おかずを1品忘れてないですか?」と言いたくなるぐらい、タンパク質が足りないような気がする寂しい食事でした。

で、よく言われている「食べ順ダイエット」を意識して、まず野菜から先にゆっくりと噛んで食べ、その後肉や魚のおかず、最後にご飯の順番で食べたのですが、何しろ量が少ないので、噛んで食べてもあまり時間がかからずに食べ終わってしまいます

お腹がいっぱいになったことなど、1度もありませんでした。味は美味しかったんですけどね。

痩せないし血糖値も爆上がり…!?

ナースステーションの前に体重計が置いてあり、毎朝、お茶を汲みに行くついでに体重を測っていました。

毎食後は病棟内を早めのスピードで10周ウォーキングしたり、自体重でスクワットやプッシュアップなどの筋トレをしていた「真面目な患者」のよっしーでしたが、体重は100gたりとも減らず、血糖値も常にかなり高かったです。

1日4回インスリンを注射しているから痩せなかったというのも少しはあるかもしれませんけど、それにしてもおやつも全く食べていないのになぜ??と不満でした。看護師さんも「おかしいわねぇ…」と。

糖質制限するしかないと思った

もともとお米が大好きだったので、糖尿病と診断されても「何とかしてお米を食べながら治療できないか?」と最初は思いました。だからこそ、インスリン注射も受け入れたのです。

でも、その治療を始めてみると、ちっとも痩せないし血糖値も高いまま。これは糖質制限するしかないのではないかと思い、主治医に相談してみたんです。

すると「駄目だよぉ、ちゃんとご飯を食べなきゃ」と最初はおっしゃっていましたが「わかった、2日間ほどやってみて、結果が良かったら糖質制限してもいいよ」と。その日から早速食前のインスリン注射(アピドラ)を中止して、給食のご飯と果物を残し、代わりに家族に持ってきてもらった無調整豆乳やブランパンを食べました。

すると翌日には、持効型インスリン(ランタス)を打つ量は変えていないのに空腹時血糖値が150以上から90にまで下がり、体重も初めて減りました。

主治医も驚いて「これなら大丈夫だね」と。それでランタスの打つ量を減らし、退院になりました。ランタスはだんだん打つ量を減らしていき、7か月後には完全に中止しました。

どちらも試した上で糖質制限という方法を選びました

糖尿病の食事療法にはいろいろありますが、よっしーは最初は王道の方法(いわゆるカロリー制限+インスリン注射)を選択してうまくいかなかったので糖質制限に切り替えました。それで今度はうまくいったので、そのまま継続しています。

どちらか1つしかやったことがないのに、何となくイメージで「あの方法はダメだ」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、両方やってみないと分からないこともあるでしょう。

皆さん、迷ったら自分で試してみてください。そして、自分に合った方法を見つけてください。

他の人が何を言おうと、その人はあなたではないんですから。決めるのは、あなた自身です。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.