痩せの大食いの人は糖尿病にならないの?

何とも不公平に思える…

たまに、どれだけ大食いしてもちっとも太らない体質の人がいますよね?そういう人を羨ましいと感じている方は多いはず。

で、そういう方は2型糖尿病になることはないのか?とふと気になりました。

 

 

結論から書くと、痩せの大食いの人も2型糖尿病になることは十分にあります。これはいったいどういうことなのでしょうか?痩せているのに。

 

食べても太らない人はインスリン分泌能力が低い

どれだけたくさん食べても太らない人といっても、その原因はいろいろあるでしょう。腸で栄養を吸収しにくい体質ということもあるかもしれません。

しかし1つの原因として「もともとインスリンを分泌する能力が低い」ことが考えられるそうです。

アメリカ人などで高度な肥満の人が多いのは、彼らはインスリンを分泌する能力が高いので、食べたものをどんどん体脂肪に変えて蓄えることができてしまいます。

インスリンは、余った糖質をせっせと体脂肪に変えますからね。

 

 

ある意味、すごく太れるのはインスリンをたくさん分泌できるからと言えるでしょうね…もっとも、さすがに限界を超えると糖尿病になりますが。

一方、日本人に多いのは、インスリンをあまり分泌できないため、それほど太っていないのに糖尿病を発症するタイプです。

日本人で新たに2型糖尿病と診断されたとき、半数の患者は標準体重の範囲内にあるのだそうですよ。

 

太らないからと言って油断はできない

生活習慣病=肥満が原因というイメージがどうしてもあるので、痩せの大食いタイプの人は「私は食べても太らないから♪」と油断してしまいがちです。

同一人物であれば太っているよりも痩せているほうがインスリンの効きは良くなるので肥満は解消するべきですが、逆に「痩せているから糖尿病の心配はない」とは言えないんですね。

単なるダイエットと糖尿病の予防・改善のための食事療法を混同してはいけないと思うのは、このためです。

 

痩せの糖質大食いはガンにかかりやすい!?

また、痩せの大食いで糖質を好んで食べる方で糖尿病にも一向にならないという場合、ガンになるリスクが高いのではないかとも言われています。

確かに、この条件にあてはまる方はちらほらいらっしゃる気がしますが…皆さんはどう思われますか?

下のグラフは末廣医院様のサイトからお借りしました。

 

 

まだ結論ははっきりと分かっていないこともありますが、ひとつだけ現段階で言えることは「痩せているからといって油断してはいけない」ということではないでしょうか。

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス