糖尿病の彼女に贈りたいホワイトデーギフト7選

よろしければシェアしてください♪

スポンサーリンク


糖尿病・妊娠糖尿病・糖質制限ダイエット中の彼女や奥様に

バレンタインデーに彼女や奥様からチョコをもらった男性のみなさん、ホワイトデーのプランは決まりましたか?気が早いかな~などと思っていると、あっという間ですよ☆

「ホワイトデーのお返しにはマシュマロ・クッキー・キャンディのどれかをあげればいいのでは?」と思われがちかもしれませんが、どれも糖質が多く、糖尿病・妊娠糖尿病・糖質制限ダイエット中の彼女や奥様にはちょっと困りモノ。

しかもマシュマロには「あなたが嫌いです」という隠された意味があるそうです…知らなかった!男性のみなさん、気を付けてくださいね。

別にバレンタインデーにもらったプレゼントの金額の3倍返しなんてしなくてもいいと思いますけど、糖質が気になる彼女のためにちょっと気を付けてホワイトデーのプレゼントを選んであげれば、きっと喜ばれること間違いなしです♪

だって「私のために一生懸命選んでくれたんだ…」って思いますもん。ホワイトデーだからといって糖質たっぷりの普通のお菓子をもらったら、気持ちは嬉しいんだけど困っちゃう。

今回は女性糖尿病患者であり糖質制限をしているよっしーが、ホワイトデーにもらったらうれしいプレゼントを7つ選んでみました。参考になさってくださいね。

アクセサリー

アクセサリーをプレゼントされたら、女性なら絶対嬉しいはず!ただし、自分の好みに合うアクセサリーですけどね♪

ピンク×ゴールドでハートモチーフのピアスやネックレスなど、可愛いものが好きな女性ならきっと喜んでもらえると思います。ただし普段ネックレスなどをあまりつけない女性もいますので、気を付けて。

彼女が普段よく身につけているようなら、腕時計やブレスレットなどもお勧めです。

よっしーの夫は「男がそんなアクセサリーの店なんて恥ずかしくて入れないじゃないか」と言います、ごもっともなことです。そんな男性たちのために楽天市場があるんです(*´艸`*)

予算以内で、彼女が好きそうなデザイン・色で購入者のレビューが良いものを早めに購入しておきましょう。ホワイトデー間近になって慌てないように…

糖質オフなスイーツ

糖質オフなスイーツも、やはり嬉しいものです。普通のデパートのお菓子売り場などでは、まずほとんど売られていないと思います。あんなにたくさんの種類が売られているのにね!

血糖値が気になる女性は、普段は食べたくてもこういうものを我慢している場合が多いもの。その気になれば買えるとは言え、やっぱり安価ではないですからね…

ちょっと奮発して普段なかなか買わないようなリッチな糖質オフスイーツをプレゼントされたら、やっぱり嬉しいです。

ケーキ・クッキー・チョコなど、今はいろいろな種類の糖質オフスイーツがネットで手に入ります。ただし中には「糖質オフ」と書いてあってもそれほど糖質オフではないものもあるので、購入するときは気を付けてくださいね。

石川県金沢市の堀田洋菓子店のスイーツやケーキでは、よっしーはほとんど血糖値が上がらなかったです。おすすめのお店です。ここのガトーショコラは子どもたちも大好きです♪

お花

多くの女性にとって、好きな人から記念日にお花をもらうということはやっぱり嬉しいものだと思います。よっしーは花束をもらうとすごく嬉しいです!

それもできれば、スーパーの中にある花屋さんで買ってきた新聞紙にくるんだ花束よりは、可愛らしくラッピングされた花束のほうが嬉しいんじゃないかな~と。

年の数だけ真っ赤なバラを…なんていうことは言いません、むしろ小さくても可愛らしい花束のほうが喜ばれるんじゃないかと思いますよ。

奥様なら問題はないですが、付き合っている彼女と外で会って渡すのなら、あまりにも大きすぎる花束はやめておいたほうがいいかも…帰りの電車などで目立って恥ずかしいですし、一人暮らしの場合、そんな大きな花を飾る花瓶も場所もなかったりするからです。

その場合は、小さめのフラワーアレンジメントか、他のプレゼントにバラを一輪添えてプレゼントしてみてはいかがでしょう?ただし黄色いバラの花言葉には「嫉妬」「恋に飽きた」という意味がありますので避けましょう。赤かピンクがお勧めです。

バッグ

女性にバッグをプレゼント…なんて言うと「すごく高くつきそうだな」と思われるかもしれません。確かにブランドのバッグはすごーく高いですけど、そんな高価なものじゃなくていいんです。

よっしーは先日、夫からベージュ色の小さめのリュックをもらいました。黒いリュックしか持っていなかったので嬉しかったです♪

大きい実用的なバッグや高価なブランドバッグじゃなくて、小ぶりな可愛いバッグでいいんじゃないでしょうか。化粧品を入れるポーチもいいかもしれませんね。いろいろなブランドの化粧品ポーチがありますよ。

また、もうすぐ赤ちゃんが生まれるという奥様には可愛いデザインで収納力抜群のマザーズバッグも喜ばれると思います。

マザーズバッグはおむつ・哺乳瓶・おしりふきなど赤ちゃんのお世話に必要なものがたっぷりしまえるバッグなので、オシャレでたくさん入る軽量なものを選んでみてくださいね。

好きなブランドのタオルやハンカチ

どちらかといえば義理チョコのお返しとしてピッタリかなと思うのが、ブランドのプチタオルやハンカチです。ブランドといっても、それほど値段はしませんし。

自分の好きなブランドや色だと「あ、私の好みをちゃんと分かってくれてるんだな~」って思いますよね。ハンカチもタオルも、いくつあっても困らないモノですが、とってもオシャレで可愛いものをもらいたいです、ホワイトデーには。

ブランドのアイテムは高いのでそうそう買わない人でも、プレゼントでもらったら気軽に使えるのですごく嬉しいものです。ただし、相手の好みはよく考えて選んでくださいネ。ラブリーなものが好きではない女性もいます。

相手の好みがよく分からない…という時は、ハデなデザインや色は避けて万人受けしそうなものを選びましょう。バーバリーとか良いと思います。

ただハンカチをプレゼントすることには「別れ」という意味もあるそうなので、気にする女性もいるかもしれません。他のちょっとしたプレゼント(花とかスイーツなど)と一緒に渡すといいんじゃないでしょうか。

財布

財布もまた、ホワイトデーにプレゼントされて嬉しいアイテムの一つです。ただしスーパーのワゴンで売られるような「金運アップ財布」ではなく、相手が好きなブランドのものを選んでくださいね♪

財布は毎日使うものですが、使い込んでそろそろ傷んできたかな…と思いつつ、ついそのまま長いこと使い続けてしまうものです。

財布のタイプとしては、サザエさんが持っていそうな「がま口」や折りたたみタイプよりもお札を折らずにしまえる長財布のほうが人気があるそうですけど、彼女が普段どんなタイプの財布を使っているかさりげなくチェックしておいてください。

学生さんであまり予算が無い場合は、財布ではなくスマホケースもおすすめです。ただし、彼女のスマホの機種はくれぐれも間違えないようにネ♪

糖質オフなディナーや旅行など

旅行に連れて行ってあげるとか、一緒にディナーを楽しむなんていうのも、良い思い出になりますね。ただしその場合でも、何か形に残るちょっとしたプレゼントがあるといいなぁと思います♪

糖尿病や糖質制限ダイエット中の彼女と行くなら、お寿司やイタリアン、うどん、ラーメンなどはNGです(まぁホワイトデーにラーメン食べに行こうとはならないかもしれませんが…)。

基本的には「肉」がお勧めです。ハンバーグよりもステーキのほうが血糖値は上がらないです。でもせっかくのホワイトデーなので、立ち食いステーキじゃなく、座って落ち着いて食べられるお店のほうがいいですね。

よく知らない方は「糖尿病なら和食がヘルシーで良いだろう」と思いがちなのですが、決してそんなことはありません。ご飯は言うまでもなく、和食のおかずにはかなり砂糖がたくさん使用されているものもあります。

また中華料理も、とろみ付けされていたりして相当な糖質量です。どうか彼女の体のために気を付けてあげてください。

好みが分かれるモノは難しいかも…

女性とひと口に言ってもいろいろな方がいらっしゃいます。そして、好みは人それぞれです。女性だからといって誰もがピンク・フリル・ぬいぐるみなどラブリーなものが好きというわけではありません。

よっしーは若いころから(今でも)可愛いものが大好きで、たとえば下の画像のようなテディベアとお花(この商品の場合、実は花ではなく石けん)がセットになったプレゼントなんかもらったらめちゃくちゃ嬉しいです♪

でも、某友人などは「ぬいぐるみなんていらねーよ!!」と言いそうです…こういうものは、好きな人とそうでない人がはっきりと分かれるので難しいです。

こういう可愛いものが大好きな彼女なら、きっとすごく喜んでくれると思うのですが…いかがでしょう?また、趣味に関する道具なども、あなたが彼女のことをよく分かっているのなら喜ばれそうです。

でも基本的には、あなたが心を込めて一生懸命選んだプレゼントなら彼女は喜んでくれると思います。血糖値、糖質が気になる彼女には普通のお菓子だけは厳禁なので、そこだけは絶対に忘れないでくださいね。ステキなホワイトデーになりますように♪

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.