糖尿病患者のダイエットに糖質制限が向いている理由

太っている人はとりあえず痩せましょう

糖尿病の大部分を占めるのは2型糖尿病。今回は2型糖尿病とダイエットについてのお話です。

2型糖尿病の大きな要因として、「インスリンの分泌不全」「インスリン抵抗性」があります。前者は遺伝によるところが大きく、後者は肥満などの要因によるところが大きいです(もちろん、100%というわけではありませんが)。

 

 

インスリン分泌不全とインスリン抵抗性、どちらが主な原因で糖尿病を発症したかにもよりますが、肥満が原因で発症した場合はインスリン抵抗性が主である場合が多いので、痩せるだけでかなり糖尿病が改善することがあります。

アメリカ人の1型糖尿病のバーンスタイン医師の本にも、高度肥満の患者がダイエットしただけでほぼ糖尿病が完治した?!というぐらい劇的に改善した例が載っています。

だから、現在太っている糖尿病患者はとりあえず痩せてみましょうよとこういうわけです。

ちなみに、2型糖尿病はもちろんですが、1型糖尿病患者でも肥満があるとインスリン抵抗性は生じるそうです。自己分泌が残っている1型の方で肥満している場合は、ダイエットをする意味があるでしょうね。

 

どんなダイエットをするべきか?

糖尿病患者のダイエットとして糖質制限ダイエットが最適ですよ、と言うと「でも私はご飯を普通に食べても痩せましたけど!」とおっしゃる方が必ずいます。

よっしーも糖尿病と診断される前、おやつのお菓子を「おにぎり」にチェンジして痩せた経験があるので、それは分かります。

 

 

ただ問題なのは「痩せたけど糖尿病になっちゃった」ということなんですよね…普通、糖尿病と診断されていない人は食後血糖値なんて測りませんからね。

やっと糖尿病と診断されるようになるのは、かなり悪くなってからということになります。

 

糖尿病患者はただ痩せればいいというわけではない

太っている糖尿病患者は標準体重まで痩せてみるべきですが、ただ痩せるだけならリンゴダイエットでも運動でも絶食に近い方法でも、それこそ何でも痩せる方法はたくさんあるわけです。

ただし、いくら痩せても、血糖値が乱高下したり体に良くない方法ではどうなのよ…というわけです。

病院で勧められるような、いわゆる低カロリー食では食後血糖値は上がります。そのことは、よっしーが通っている病院の管理栄養士さんですら認めています。

栄養学の教科書などに「バランスよく食べましょう」と書いてある以上、現状は仕方がないことだと思います…

 

際限なく痩せるわけではないので気を付けて

周囲の人たちを見る限り、糖質制限食を始めると太りすぎの人は痩せて、痩せすぎの人は逆に少し太ることがあるようです。最終的には、標準体重内で収まる人が多いです、

若い女性の中には「標準体重は太りすぎだ!」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

それは美意識の問題なので個人の自由だと思いますが、糖質制限では無理かもしれないので、別の方法を試したほうがいいかもしれません。

いろいろな方法があるんだから、好きな方法を選べばいいんじゃないですかね~。現状では、まだ糖質制限をひとつの選択肢として正式に認められているとまではいかないわけで、そのうち自由に選べるようになればいいなと思っているんですよ。

また糖尿病に関しては、肥満の方が標準体重になるとインスリンの効きは改善しますが、標準体重の方が痩せすぎになったからといってさらに改善するわけではないようです。お気を付けください。

 

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス