スポンサーリンク

血糖コントロール、どんな方法を選ぶかは自己責任で

よろしければシェアしてください♪

誰もが糖尿病と無縁ではない時代

日本国民の5人にひとりが、糖尿病または予備軍と言われる時代です。
若い人には少ないとはいえ、40歳を過ぎたあたりから発症する人がぐっと増えます。

昔の日本人は平均寿命がかなり短かったので、自分が糖尿病だと気づく前に亡くなった方も相当いらっしゃったかもしれませんね。

糖尿病が決して珍しい病気ではないからこそ、その血糖コントロールもいろいろです。

糖質制限で上手にコントロールできていると、ついそれが当たり前のように思ってしまいますが、実際にはなかなか実行が難しい方も多いようです。

「ご飯やパンを食べられない位なら、早く死んだほうがマシだ」と言った方もいらっしゃるそうです。そこまで思っている方に「糖質制限したほうが数値が良くなるのに」なんて言えませんよね。

いくら血糖値が良好になっても、その人にとって糖質を食べられない人生が死んだも同然なら、まったく意味がないでしょうから。

知っていてもやらない

よっしーの周囲にも、糖尿病だけど糖質制限は絶対にダメ、無理!という方は何人かいます。

知らないのなら可哀想だけど、知っていて自分はしないというのはその人の自由だと思うので何も言いません。

でもその結果、どうなったとしてもその結果は自分で選んだ結果なので、後で文句は言わないでね、と思います。

いわゆる標準的な糖尿病治療を受けていて、じわじわと悪化して腎症になった方や網膜症が進んでしまった方の話を聞くと、残念だなと思います。

でもそれも、糖質制限と言うものを知っていてあえてやらないことを選ばれた結果なのであれば、仕方がないと思います。

自分は自分でいい

別に、周囲の人みんなで同じ方法をしなくてもいいじゃないですか。
中学生ではないんですから。

よっしーは、自分以外の人がみんなご飯を食べていても、自分は糖質制限で平気ですよ。

興味を持ってやり方を訊いてきた人にだけ、話をさせてもらってます。
それでいいと思います。

こういうことは、自分で決めるものですから…

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.