スポンサーリンク

血糖コントロールがうまく出来ている糖尿人の割合は?

よろしければシェアしてください♪

治療がうまくいっている人は少ない…

入院していた時に糖尿病教室で聞いた話ですが、なんでも、日本人の糖尿病患者のうち、きちんと定期的に通院して治療を受けている人は約50%。そのうち、血糖コントロールが良好な患者は50%なのだそうです。

通院していない人と言うのは、1度も病院に行っていないか、途中で治療をやめてしまった人ということになりますね。この人たちが血糖コントロール良好である確率は、低いと思われます。

つまり、日本の糖尿病患者1千万人のうち、確実に血糖コントロールがうまくいっていると言えるのは250万人というわけです。さらに約1千万人の「糖尿病予備軍」が存在します。

ここで言う「血糖コントロールがうまくいっている」というのはどのぐらいのレベルを指すのかと思って調べてみたら、ありました。

上のデータは中部ろうさい病院様からお借りしました。どうやら、HbA1cの値が7%未満を「血糖コントロール良好」と考えた場合、全糖尿人の4人にひとりが該当するようですね。

HbA1cが高い原因は何?

上のデータには1型糖尿病でインスリン注射をしている方も含まれているため「あまりHbA1cを下げようとすると低血糖になる危険性がある」というのは理解できます。

しかし日本人の糖尿病の95%は2型糖尿病なので、実際はほとんどの場合、HbA1cが高いのはそのような理由ではないと思われます。

糖尿人の中には、医師からどれだけ注意されても食べすぎをやめられない方もそりゃいらっしゃるでしょう。でも、通院してる患者の2人にひとりがそうだと思いますか?

よっしーは、そこまで多いとは思わないのですが…

糖尿人の多くのHbA1cが高いのは、「食事療法を守れていないから」という理由の他に「現在、標準的な治療として行われていることが、効果は今ひとつであるから」と考えざるを得ないのではないでしょうか?

医師の言うことを聞いているのに血糖値が改善しない?

糖尿病の教育入院中、よっしーはひたすら医師や看護師から指導されたことを真面目に守っていました。

食事は野菜から、よーく噛んで食べて、食後はウォーキングと自体重での筋トレ(やらないよりはマシと思った…)。

医師から指示された量のインスリン注射をきちんと打ち、同室の患者さんたちのために売店にお菓子を買いに行ってあげたりしてなるべく体を動かすようにしてました。

それでも、血糖値も体重も憎らしいほどまったく下がらなかったんですよね。

じゃあインスリン注射の量を増やせばいいじゃないかと思われそうですが、たくさん注射するとどうしても低血糖のリスクが増すんですよね。

よっしーの父も最初、糖尿病と診断されたときカロリー制限と運動を開始しましたが、ある程度体重が減るまでは血糖値も下がってきましたけど限界があって、それ以上は血糖値は下がらなかった(HbA1c6%台後半)そうですよ。

現在では緩い糖質制限食に切り替えまして、血糖値は良好だそうです。

以前と比べれば少しづつ変わりつつありますが…

日本でも以前に比べれば、糖質制限食も有りだと考える医師は少しづつ増えてきていると思います。日本糖尿病学会の中にも、糖質制限食を肯定する先生方がちらほら。

でもまだまだ「糖質制限食は、ずっと継続しても大丈夫かどうかもはっきりしていませんし、ダメですよ~」と言う専門家もいらっしゃいます。

しかし従来の糖尿病治療では、血糖値が正常化する人はごくごくわずかであり、大半の患者さんは血糖値がイマイチであるという事実があります。

はっきりいってそれほど効果がなく、糖尿病合併症の発生と進行を防ぎきれていない従来型の治療を「唯一の治療法」と言われても困ってしまいます。

自分で食事療法を選択する余地がないんですよね。もっとも、糖質制限できない方もいらっしゃるわけですけど…できる人には、選択肢が示されていいのではないかと思いますよ。

長期的な安全性のエビデンスは

日本でも糖質制限食を実践する人たちが増えてきているので、長期的に実施した時にどうか?というデータは、時間とともに蓄積していくと思います。

何十年継続した時に本当に良いのか?という確証がないのは、糖尿病新薬でも同じことです。どんな薬にも必ず副作用があり、死亡例もあります

少なくとも従来の糖尿病治療法では、数十年にわたって患者の糖尿病合併症をほぼ完全に防げたというデータは存在しません。

だったら、各自、自分の体と相談しながら自己責任で自分が良いと思う方法を続けていくしかないですよね。


スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.