血糖コントロールが良いのに糖尿病合併症に!?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


治療をしているのに糖尿病合併症が!?

内科医の水野雅登先生のブログを読んでいると、気になる記事を見つけました。インスリン注射やDPP-4阻害剤を使用している糖尿病患者さんの場合、HbA1cは低めなのに眼底出血や腎症が起きることがしばしばあるそうです。

これは、高インスリン血症による臓器障害と考えられているそうです。確かに、血糖値が比較的良好なのに合併症が進むというのはおかしいことですよね。

インスリンには細胞を増やす作用があり、これが網膜の異常な血管やガン細胞をも増やしてしまうのだと…

 

 

東北大学名誉教授の後藤先生は「理由ははっきりとわからないが、最初は無かったのにインスリン注射による治療開始後に患者に眼底出血が起こった例がある」と報告していらっしゃいます。

その疑問に対する答えが水野先生のブログ記事であり、新井圭輔先生の著書「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」ではないでしょうか?

 

 

糖尿病薬にも色々あります…

よく考えてみたら、真面目に糖尿病の治療に通っているのにジワジワと悪くなっていく方はかなり多いですよね。

決して、好きなものを食べまくっている不良患者だけが糖尿病合併症になっているのではありません。そのことは、色々な方のブログを見ていると分かりますよね。

 

 

糖尿病は血糖値が高くなる病気ですが、そこで「じゃあどんどんインスリンを分泌させて(または注射でインスリンを補って)血糖値を下げればよい」と思うか、それとも「インスリンをたくさん出せないのだから、あまりインスリンを分泌しなくてもいいように糖質摂取量を減らそう」とするかの違いです。

インスリンの分泌を促す糖尿病薬は、DPP-4阻害剤、SU剤など。

メトホルミンはインスリンの効きを良くしたり肝臓での糖新生を抑制する薬で、インスリン分泌量を減らします。

SGLT2阻害剤は余計な糖を尿の中に捨ててしまう薬なので、やはりインスリン必要量を減らすことが期待できます。

 

 

血糖値「だけ」に注目していてはいけません

高インスリン血症は認知症、ガン、動脈硬化、糖尿病合併症などのリスクを上げます。

そうであれば、糖尿病の程度が重くてインスリンの自己分泌が減ってしまった患者よりも、むしろ初期段階でインスリンは十分に分泌できる患者が糖質をたくさん食べてインスリンを多く分泌させる状態が長年続くことこそ危ないのではないでしょうか…

糖尿病合併症を防ぐためには血糖コントロールが重要だと言われます、それは確かにその通りだと思うのですが、血糖値「だけ」に注目すると、大切なことを忘れてしまうのではないでしょうか。

 

 

どんなに糖質を食べても、その分インスリンをたくさん注射すれば確かに血糖値は下がるでしょうね。しかし、体内には大量のインスリンが循環することになってしまいます。

もっとも、1型糖尿病の方はどうしてもある程度の量のインスリンは注射しなければいけません。糖質を制限すればいっさいインスリンを打たなくてもいいと考えてはいけません

アメリカの1型糖尿病の医師バーンスタイン先生も、1日数回インスリンは注射していらっしゃいます。ただし食事は糖質制限食なので、打つ量は少ないので、合併症にもなっていないのです。