血糖コントロールの方法をめぐって…


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


なぜケンカになるのでしょう?

リアルではそんな光景は全く見かけないのに、なぜかネット上では、血糖コントロールの方法をめぐって激しい言い争いが行われているのを見かけることがあります。

そんな光景を見ても何も楽しいことはないので自分からはなるべく見ないようにしているんですけど、思わぬ場所でそういうやり取りが間違って目に入っちゃうことってあるんですよね。

たとえばAさんが「僕はこのサプリメントで血糖値が下がった。食事も運動も効果がない。このサプリを買うべき」と言っていつも特定のサプリメントを勧め、Bさんは「そんなサプリはインチキだ、お前はただサプリを売りたいだけだろう!業者乙!」と言い、Cさんは「俺は暴飲暴食をやめるだけで血糖値が下がった。糖質制限なんて必要ない!」と言ったりします。

 

 

この場合、Aさんは自分にはたまたまサプリの効果があったからといって、他人もそれが効くはずだと思って押し付けてしまっています。

Bさんは自分にはサプリの効果はなかったので、それを売りつけようとする人が許せません。

Cさんは自分が暴飲暴食をやめるだけで効果があったからといって、他の人もその程度のわずかな努力で同じように効果が出るはずだと思い込んでしまっています。

 

皆それぞれ、自分だけを基準にして考えてしまうから「他の人は自分とは違うのかもしれない」と考えることが出来ないのですね。自分の体験がすべてではないということ、忘れてはいけないと思うのです。

 

ネットでは攻撃的になりがちです

ネットではどうしても、気が強くなりがちです。匿名なので、普段の自分には言えないような大きなことを言えてしまったり、何を言っても大丈夫だと思い込んでしまうからでしょうね。

特に、現実社会で言いたいことを言えない性格だったり、ストレスや上手くいかないことを抱えている人ほど、ネットで日頃のストレスを解消しようとするらしいです。

 

 

人間って、自分が幸せで何ごともうまく行っているときって他の人のことなんて気にならないものですが、そうではない時は他人が気になってしょうがないですもんね。

たとえば「ドラえもん」で優等生の出木杉くんやしずかちゃんが、のび太くんのテストの成績を必死になって探ろうとしたリ「バーカ、バーカwww」と言うことがあるでしょうか?そんなことをするのは、ジャイアンやスネ夫ぐらいのものでしょうね。

つまりは、そういうことです。あなたに対してあれこれ言ってくる人は、血糖コントロールが実はうまくいっていないとか、何か実生活で大きな悩みを抱えているのかもしれませんよ。

 

ネガティブキャンペーンを気にしてはいけません

最近、糖質制限が以前よりも広まってきたと思ったらネガティブキャンペーンも激しくなってきたので、そのことで不安を感じている人が多いみたいなので記事にしてみました。

ネガティブキャンペーンを張るということは、それが自分たちにとって大きな脅威となるからです。ヒトは自分より格下の、明らかにどうでもいい相手には、危機感を覚えません。大学生は、小学生相手にムキになったりはしません。

 

 

誰かの商売上の都合なんて、私たちには関係ないんです。惑わされることなく、自分の信じる道を行きましょう。自分の健康が大事ですから。

そしてあなたは、自分の気に入っている方法を周囲に押し付けることのないように、大人の態度を貫いていきましょう。