血糖値が上がらないと満足できない

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


ダイエットコーラじゃだめ!?

以前、よっしーの目の前でペットボトルで一気にゴクゴクとコーラを飲み干す女性がいました。

「普通のコーラが好きなの?ダイエットコーラは嫌いなのかな?」と思わず訊いてみると「あー、あれはマズイから嫌いなの、赤いコーラ(下の画像)じゃないとね☆」と。

 

 

1本では足りなかったみたいで、その後、お代わりを自販機に買いに行っていました。

もちろんダイエットコーラではなく普通のやつです。

その時は「ああ、ダイエットコーラは甘みが足りないからイヤなんだろうな」と思いましたが、よく考えるとそれだけではないかも…!?

 

麻薬と変わらない依存性

血糖値が上がると、脳の快楽中枢に作用してドーパミンが出て「多幸感」を感じるのだそうです。これはニコチンもコカインなどの薬物と同じです。

この多幸感は、「一瞬元気になった気がするけど、すぐまた落ちるほんの一瞬の気持ち」とでもいえばいいでしょうか。だからまたすぐに欲しくなるんですね。

ネズミを使った実験があります。
研究者がネズミに砂糖水を与えるようになると、ネズミは興奮し、食べ物そっちのけで砂糖水を飲むようになりました。

また別の実験で、同じように砂糖水中毒になったネズミが狂暴化し、他のネズミや実験者に対して非常に攻撃的になったということです。

 

 

ヒトでもこのような例はしばしば見かけるので、よく分かりますよね。

よっしーが糖質制限ダイエットを始めた頃、食事をしても何となく物足りない気がしました。

胃袋は満たされているはずなのに、脳がまだ満たされていないような感じでした。

それまで、血糖値が急激に上がって多幸感があったのに、なくなったせいでしょうね。

でも幸いなことに、やがて血糖値が上がらなくても満足感を感じることができるようになりました。幸い、取り返しがつかないほど糖質依存症に陥っていたわけではなかったようです。

 

糖質オフスイーツでは満足できない?

最近ではコンビニやお菓子屋さん、ネット通販など、あちこちで美味しい糖質オフのスイーツが手に入るようになりました。

それらはとても美味しいのですが、ふと「糖質依存症の方たちは、これを食べても満足できないかもしれないな」と思いました。

なぜならそれらは、美味しくても、血糖値が上がらないからです。

 

 

皆さんの周囲にも、いつも甘い物やおにぎりや菓子パンばかり食べていて、いきなりイライラしてシカトしたり攻撃的になる人がいるかもしれません。
よっしーの職場にもかつてそんな女性がいました…

でもね。
もしかしたら、それ、食べ物のせいかもしれないんです。