血糖値っていったい何だろう

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


血糖値ってそもそも何?

「健診で血糖値が高いと言われた」
「糖尿病になってしまった」
「血糖値スパイクがあるんじゃないかと気になる」

この頃、何かと気になる「血糖値」
でも、詳しく知っている人は意外に少ないかも。

このブログでは、2型糖尿病患者のよっしーが、みんなの気になる血糖値と糖尿病について自分の体験を踏まえていろいろと書いていこうと思います。

 

 

血糖値は狭い範囲で調節されている

ヒトの血糖値は、健康な人では空腹時70~110の間で調整されています。
まったく糖尿病のケのない人では、70~100だと言われます。

それは、血糖値は基準値より低すぎても高すぎても、健康に悪影響をもたらすからなのです。

血糖値を調節してくれているのが、各種ホルモンです。

血糖値を下げる働きがあるのは、インスリンです。
食事中の糖質が多いと、血液中の糖が多くなりすぎてしまうので、インスリンが下げます。

 

 

インスリンにはまた、脂肪の合成を促進する働きもあります。

一方、血糖値が下がりすぎると、グルカゴン、アドレナリン、コルチゾール、成長ホルモンが挙げてくれます。

血糖値が高すぎても様々な問題を引き起こしますが、血糖値が下がりすぎるとそのまま死ぬ危険性があるからです。

 

血糖値の調整がうまくいかない

近年とくに問題になっているのが、血糖値が上がる食物を食べ過ぎているのに食後に運動しないため、血糖を下げるインスリンが動員されすぎてすい臓のベータ細胞が疲れ果ててしまい、糖尿病を発症したりその一歩手前の状態になる人が多くなっていることです。

また、何らかの病気により、血糖値が低い状態が続くこともあるんです。

このブログでは、「血糖値」に焦点を当てて、いろいろ取り上げていこうと思います。

よろしくお願いしますね。