軽いジョギング30分間で空腹時血糖値が下がる

久し振りにジョギングしたら血糖値が下がったよ


夏休みの期間中は子供が家にいることもあり、運動はいつもの筋トレしかできていませんでした。あとは買い物でなるべく歩くぐらいで、ジョギングはまったくできていませんでした…

新学期が始まったので久しぶりに30分間ジョギングを再開したら、朝の血糖値が下がってとても良好になりました♪

いま生理前なのでいつもなら高めになるはずなんですけど…
ちなみに、体重が減ったわけではありません。

 

 

何度か自己血糖測定器で確認済ですが、よっしーの場合、「ちょっと食べ過ぎたかも」と思ったときに最も血糖値を安定して下げてくれるのは、軽い有酸素運動を長時間継続した時でした。

激しい筋トレでは、逆に血糖値が少し上がったことがありました。
アドレナリンが出るせいでしょう(;^ω^)

いつもイライラしてる人はやはりアドレナリンが出るので、気を付けてください。
寿命が縮まります…

 

下がるのは食後血糖値だけではない


また食後血糖値だけでなく、どうやら有酸素運動はインスリンの効きも良くしてくれるようです。
糖尿病と診断されてから初めてジョギングを開始した時も、空腹時血糖値がいきなり下がって驚いたのを思い出しました。

ただしこの効果は、2日に1度ぐらいは運動しないと効果が継続しないそうですよ。
週に1度程度の運動では、ほとんど意味がないかもしれないということです。

筋トレだけでは硬くなりがちな血管を、有酸素運動が柔軟にしてくれます。
両方の運動を使い分けるといいです。

筋トレと有酸素運動を両方行った人は、もっともHbA1cの改善が大きいそうです。

 

 

(上のグラフは日経グッディ様のサイトからお借りしました)

「有酸素運動と筋トレ、どちらも血糖値を改善します。2つを比較するなら、有酸素運動の方が効果が高い。ただ近年の研究から、理想は両方を併用することだと分かってきました」(立命館大学スポーツ健康科学部教授の家光素行さん)

ただし、すでに糖尿病網膜症が進行している方・糖尿病腎症がある方・足病変がある方などは運動によって症状が悪化する危険性があるので、医師の許可が得られるまでは勝手に運動しないようにしてください。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス