高血糖と「心臓」


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


糖尿病では心臓病のリスクが高い

糖尿病の人は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患になるリスクが高いことがわかっています。
なんと、そのリスクは3倍です。

血糖値が高い状態が続くと、血管が傷つきやすくなって、動脈硬化が進行していくのです。

 

(画像は国立循環器病研究センター様より引用)

 

心臓の筋肉は、冠動脈という太い血管から酸素や栄養の補給を受けとっています。

血液の流れが悪くなると狭心症が起こり、血管が詰まって血液が流れなくなると心筋梗塞が起こります。そして、心筋の細胞が死んでしまうと、命に関わります。

普通、狭心症や心筋梗塞の発作が起きると胸に激しい痛みがあるのですが、糖尿病神経障害があると痛みを感じにくいことがあります。そのため、発作に気づかないこともあります。大変危険です。

その他、糖尿病合併症の神経障害がある場合、時に危険な不整脈が起こって死亡することもあるそうです…

 

 

運動は医師の許可を得てから慎重に

高血糖による動脈硬化は、まだ医師から「あなたは糖尿病です」と診断されるよりも前の段階、糖尿病予備軍の段階からゆっくりと進行していきます。

「お医者さんから体重を落とすようにと言われたことだし、軽くジョギングでもするか…」と張り切って運動など始めると、狭心症の発作で…ということもあるんですよ。

運動に誘発されて発作が起こることもありますからね…

 

 

もともと高血圧の方や不整脈のある方、糖尿病で心臓が心配な方などは、高強度の筋トレやジョギング中に不幸にして亡くなることもあるんです。

診断された後にどんなに良好な血糖コントロールを保ったとしても、それまでの間に動脈硬化が進行した分は、そう簡単には無くなることはありません。

過去に高血糖だった方が健康のためにと運動を始める前には、どうか1度きちんと心臓の検査を受けてください。

そして、決して無理のないように行ってくださいね。