1型糖尿病と2型糖尿病、合併症のリスク。

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


日本人は2型糖尿病が多い

日本人の場合、糖尿病患者の95%は2型糖尿病で、残りが1型糖尿病です。つまり圧倒的に2型糖尿病のほうが多いわけです。

何となく「2型は1型よりも軽症」というイメージがありませんか?でも実際のところどうなのかを調べてみようと思います。

糖尿病で血糖値が慢性的に高いと何がまずいのかと言うと、糖尿病合併症が起きることですよね。

合併症も初期のうちは自覚症状はほとんどありませんが、進行すると足を切断しなければいけなくなったり、失明したり、人工透析を始めなければいけなくなってしまいます。

 

 

では、糖尿病合併症は1型糖尿病患者と2型糖尿病患者ではどちらに多いのでしょうか?

小児の場合は2型糖尿病のほうが糖尿病合併症が多く、成人の場合はそれほど差は無いようですね。

おそらく、小児で2型糖尿病になる子供の多くが肥満児であるのに対し、大人の場合は必ずしもそうでないことと関係があるのではないでしょうか。

まだ羅病期間が浅い肥満の糖尿病患者は、インスリンはむしろ大量に分泌しています。インスリンの効きが良くないので、その分大量にインスリンを出して補おうとしているわけです。

インスリンが大量に分泌されていること(またはインスリン注射を打ちすぎること)が糖尿病合併症の原因である、と考える医師もいらっしゃいますよね。

 

 

そうだとすれば、むしろ、糖尿病の程度は軽度でもインスリンを大量に分泌させるような食生活を送っている人のほうが、10年後20年後に糖尿病合併症を発症するリスクが高いのかもしれません。

ちなみに、インスリンが体に与える悪影響は、注射だろうと自己分泌だろうと変わらないそうですよ。

1型糖尿病でも太っていない方は、インスリン注射をしているといっても、肥満の2型患者が体内で自己分泌しているインスリンよりも少量のインスリンで済むはずです。そうすると、合併症のリスクは低いのかもしれませんね。

 

発見が遅れがちな2型糖尿病

また、時に急速に病気が進行して自覚症状が現れることがある1型糖尿病と違い、2型糖尿病は一般的に進行がゆっくりです。

相当悪化するまで自覚症状が出ないばかりに、発症しても気が付かずに何年も放置してしまい、やっと気づいたときにはすでに合併症が…というパターン(←よっしーはまさにこれですorz…)も多いですよねきっと。

 

 

特に動脈硬化は、糖尿病予備軍と言われる段階から静かに進行しています。油断していると、大変なことになってしまいます。トレーニング中に死亡した方もいらっしゃいます。

2型糖尿病だから大したことはない、とナメてかかっていると、大変なことになるかもしれません。くれぐれも、油断しないようにしましょうね。