2型糖尿病のスポーツ選手はいる?

2型糖尿病のスポーツ選手はいない!?

日本人の糖尿病患者のうち約95%は2型糖尿病で、1型糖尿病はわずか5%です。そしてプロのスポーツ選手の中には1型糖尿病だけど負けずに頑張って活躍している方たちがいらっしゃいます。

それはすごく素晴らしいことで応援したいのですが、彼らを紹介する文章にはかなりの確率で「2型糖尿病は生活習慣や肥満と関連が深いですが1型は違います」「生活習慣の乱れが主な原因で発症する2型糖尿病患者が多いせいで、1型の方は誤解されて云々…」などと書かれています。

確かに世間一般では太りすぎが原因で発症する方や暴飲暴食が原因で発症する方が多いのは事実ですが、遺伝的な体質で若いうちに発症する2型糖尿病患者もチラホラいるんだけどなぁ…と残念に思います。

スポーツ選手の中には、肥満が原因で2型糖尿病を発症する方は確かにお相撲さんを除外すればほとんどいらっしゃらないでしょう。また運動不足が原因で発症する方もおそらくいないでしょうね。

でも、よっしーのように遺伝的な原因で発症する方はスポーツ選手の中にもまったくいないとは思えません。匿名で「自分の周囲には2型糖尿病のボディビルダーが何人かいる」なんて話は転がっていますが、正式に自分がそうであると公表している人はほとんど見かけません、なぜでしょうか?今回はそんなお話です。

2型糖尿病への偏見があるので公表できないのでは?

よっしーは自分が2型糖尿病であること、糖質制限をしていることを別に隠していません。だから町内のイベントなどで年配の方から「奥さん、糖尿病の体型には見えないけど」と言われたこともあります。

そういう時は逆に糖尿病について知ってもらうチャンスだと思って「糖尿病って遺伝があると、痩せている人でもなるんですヨ」などと話すようにしています。でも、自分が糖尿病であることを周囲に秘密にしている方はかなり多いそうですよ。

1型糖尿病の場合はインスリン注射や低血糖の危険があるので、どうしても周囲には話しておかなければいけないことが多いでしょうね。でも2型でインスリン注射をしていない場合、ある意味黙っていれば誰にもバレないので話さない方も多いのではありませんか?

それに冒頭でも紹介した通り、2型糖尿病へはまだまだ偏見が強い世の中です。一般人でも何となくイヤで周囲に話せないのに、芸能人やスポーツ選手の場合は、自分が2型糖尿病であることを内緒にしている方もきっといらっしゃると思うのです。イメージが悪くなることを恐れて…

2型糖尿病=生活習慣病、メタボ、デブ、暴飲暴食、自己管理が出来ていないというマイナスのイメージがつきまといますからね…ただでさえあれこれ言われがちな有名スポーツ選手であれば、出来るだけ知られたくないのではありませんか?

現役時代から自分が糖尿病であったことを公表されているのは、アントニオ猪木さんぐらいかな…猪木さんは現在はインスリン注射で血糖値をコントロールなさっています。

2型糖尿病の子どもだっているんです

アークレイ(株)は「1型糖尿病は自己免疫性疾患などが原因とされ、生活習慣の影響による2型糖尿病とは異なり、小児期に発症することが多いのも特徴のひとつです」「1型糖尿病の子どもたちやご家族の方々に、メッセージとエールを送り、糖尿病に関する知識や、糖尿病をとりまく環境への理解促進にも努めていきます」としています。

1型糖尿病は0歳の赤ちゃんでも発症しますし、ある日突然そんなことになってしまった子どもとそのご家族の気持ちを考えると本当に何とかしてあげたいと思います…

でも、子どもの糖尿病は1型糖尿病だけではありません。中学生ぐらいの年齢になるともう2型糖尿病の子どものほうが多いんですよ。

よっしーの知っているお子さんで、肥満でもなくスポーツもしているのに10歳で食後高血糖だと分かったお嬢さんがいます。空腹時血糖値は正常値なので糖尿病と診断されるのはもっと先でしょう。

お母様が2型糖尿病なので遺伝なのでしょうね。香川県の調査でも、小学4年生の児童の10人にひとりがHbA1cが高めであることが判明しました。

「2型糖尿病は生活習慣が悪くて発症するので自業自得である」という社会の偏見の目に、多くの小児2型糖尿病やその予備軍の子どもたちが苦しんでいるのではないかと思うと、本当に悲しくなります…

1型糖尿病のお子さんへはもちろんですが、2型糖尿病のお子さんへも同じようにエールを送ってあげてほしいなと思いますよ。病気になりたくてなる子どもなどいないのですから(大人もそうですが…)

まとめ:すべての糖尿病への偏見を無くしたいです

Twitterなどで最近「自分は食べすぎでも肥満でもないのに妊娠糖尿病になり、周囲から誤解されて悔しかったです」という妊婦さんたちの声をよく聞きます。本当に悔しいですよね。

よっしーも糖尿病で入院した時、自分も2型糖尿病でありお菓子や果物が大好きだという丸々太ったおばあちゃんから「今までの生活を反省しなさいね」と言われ『あなたと一緒にしないで欲しい…』と正直思いました。

生まれつき糖質の処理が苦手な体質というものがあります。よっしーの知人は体重が3ケタ近くありそうな体型で菓子パンでもジュースでも飲み食いしまくっていても糖尿病にはなりませんし、別の知人はほっそりした体型なのにお父様もお兄様も2型糖尿病です。

何も悪いことをしていないのに1型糖尿病になった方も2型糖尿病になった方も、世間の偏見の目に苦しんでいます。1型糖尿病が生活習慣病とは無関係であることはかなり知られるようになってきましたが、2型糖尿病への偏見はまだまだ根強いものがあります。

スポーツ選手の中で「実は自分は遺伝の2型糖尿病で…」とカミングアウトして頑張っている方が出てこれば、随分励みになる大人も子どもも多いと思うのですが。そうなるには、まだまだ時間がかかるかもしれませんね。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.