スポンサーリンク

2型糖尿病患者にも自己血糖測定は必要?

よろしければシェアしてください♪

1型糖尿病?2型糖尿病?

よっしーは重症の2型糖尿病患者です。診断されたときは「1型糖尿病かもしれない」と言われ、1日4回インスリン注射をしていました。

あまりにも血糖値が高くてインスリン分泌能力も低く「インスリン依存状態ですね」と言われました。

その後、いくつかの検査をして「1型ではなく2型糖尿病らしい、でも100%そうとは言い切れない、1年後に実は1型と判明するかもしれないし」なんて言われて3年が経過しました。

明らかな家族歴があることからも、多分2型糖尿病なのだろう…ということになっています。

最初は病院から自己血糖測定器を借りていましたが、インスリン注射を完全に中止できた後、主治医から「血糖測定器を返してね」と言われ、返却しました(´・ω・`)

…インスリン打ってないと、こうなっちゃうんですよね。で、ネットで自己血糖測定器を購入してときどき測っています。

現実逃避しても何にもならないです

1型糖尿病でインスリン注射をなさっている方は自己血糖測定は必ず行っていらっしゃると思いますが、2型糖尿病でインスリンを打っていない方の場合はどうでしょう?

よっしーの父は、数年前まで自己血糖測定は一切していませんでした。糖尿病と診断されたのは30年以上も前なのに!!

父が「今日は新年会だから普通に寿司を食べちゃえ」とか「今日は出張だから好きに食べた」とか、何かと理由を付けては食べたいものを食べていたのを覚えています。

そして父は、食べすぎた時は糖質をカットしてくれると言うサプリを飲んだり、ジムでひたすら運動していたようです。

よっしーの勧めでようやく自己血糖測定器を買って、サプリや運動では思ったほど血糖値の上昇を抑えられていないという現実を知り、やっと無茶をしなくなりました。

やはり、現実を見る(=糖質の多い食品を食べた後、血糖値を測定する)ことはとても重要だと思います。ヤバいと分かっているものを見ないで現実逃避しても、何にもなりませんから。

食後血糖値も測らずに「何を食べてもこのサプリを飲めば安心☆」だなんて、最もやってはいけないことだと思いますよ。

ま、サプリを販売してる業者さんは、何があっても責任は取ってくれませんけど…商品売るために、いいことしか書きませんしね。きちんとした商品であれば楽天市場などでも販売されていて、購入者の正直な感想を読むことができます。

毎日測らなくてもいい

よっしーはかつて、日に何度か血糖測定をしていました。主治医から「あなたは血糖値が安定しているから、そんなに毎日測定する必要はないよ」と言われても、毎朝の測定だけはどうしてもやめられなかったです。

でも最近は、毎朝必ず測るというのはやめました(FreeStyleリブレはとりあえず終了しちゃったこともあって…)。

だって、糖質を食べた後に高血糖になるのとは違って、朝に暁現象で血糖値が高めでもどうしようもないからなんです。朝に激しい運動を行うと、かえって血糖値が上がることもあるんですよ。

インスリンや飲み薬を使用しているのなら、血糖値によってそれらの量を調整することもできるでしょうけどね。

ただ、ヤバそうなものを食べた後は血糖値を測定したほうがいいと思いますよ。自分で思っている以上に高血糖になることや、ピークは大したことなくてもダラダラと高血糖が続くことだってありますからね。

自己血糖測定器はどこで買える?

自己血糖測定器は、糖尿病ではない人も自由に買えます。楽天市場やAmazonの他、SMBGサポートさん等のネット通販で購入できます。

感染の危険性がありますので、家族間であっても穿刺器具は共有しないで1人につき1つ用意してくださいね。幸い、穿刺器具は比較的安価です。

持続血糖測定システムのFreeStyleリブレの購入方法は、現在のところ、ネットでは武井薬局様のネット通販(リブレのセンサーは送料無料!)で購入できるようですね。

あとはみなさんが通っている糖尿病内科の主治医に「自費でいいので購入したいのですが…」と相談してみましょう。

インスリン注射を行っている方の場合は保険適用ですが、そうでない糖尿病患者の場合は自費になるようです(´・ω・`)

ただし、リブレを処方しても病院側はあまり儲からないらしくて、取り扱っていない病院も多いとか。リブレを使用したい全ての患者さんたちが、自由にリブレを使えるようになりますように…

糖尿病予備軍の方たちにも有効

自己血糖測定器は、すでに糖尿病と診断された患者たちのためだけにあるものではありません。

自分ではまだセーフだと思っていたのに、何気なく自己血糖測定器を使ってみたらイモや米を食べた後にものすごく高血糖になっていることが判明してショックだったという方もいらっしゃいました。

つまりその方は健常者だと思っていたのですが、すでに境界型糖尿病になっていたわけです。少しも太っていない女性の方です。

そのこと自体はショックだったと思いますが、空腹時血糖値やHbA1cが正常値だから何も指摘されずに油断していたのが、食後高血糖があることに早く気付けたのはその方にとってすごく良かったと思います。

境界型糖尿病の段階や、初めて妊娠糖尿病になった後に緩めの糖質制限を続けたら完全に治ってしまった方たちは多くいらっしゃるそうですから。

これがガチの糖尿病と診断されてしまってからだと、なかなかそうはいきませんものね。糖尿病と診断された時点で、すい臓のベータ細胞の何割かはすでに死んでますから…

まとめ:自己血糖測定器を賢く使いましょう

このように、インスリン注射をしていなくても、自己血糖測定はとても重要です。何も毎日測定する必要はなく、外食でヤバそうなものを食べた時でも測定しておけば「そうか、私はこれを食べると血糖値がこんなに上がるのか…」と分かるでしょう?

たまに測るだけなら、費用だってそれほどかかりませんよね。

健康診断では空腹時血糖値が正常値でも、食後のみ「血糖値スパイク」が生じている方はものすごくたくさんいると思われます。そのまま数年~10年ほど放置していると、いずれ糖尿病になってしまうわけです。

うんと悪くなってから初めて診断されるなんて、あんまりだと思います…糖尿病と診断される基準が、かなり甘いんですよね。

糖尿病の方はもちろん、家族に糖尿病患者がいらっしゃる方など、決して他人事と思わずに自己血糖測定器を使ってみてください。特に遺伝があると、痩せていても糖尿病になりやすいです。

どんなものを食べて血糖値が上がるのか分かれば、食事に関する意識もきっとそれまでとは変わってくるのではないでしょうか?

だからこそ、みんなが自己血糖測定を始めると困るなぁと思う団体もあるそうですけど…やっぱり、自分の血糖値を知るのは当然の権利だと思います。

熱を測ったりするのと同じで、ね。熱も測らずに解熱剤を飲む人はいないでしょう?血糖値を、もっと身近な存在として考えてほしいです。

スポンサーリンク

よろしければシェアしてください♪



Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.