暑い夏は「ペットボトル症候群」に注意!

暑いからゴクゴク飲んでしまう


暑い日が続きますね。
この暑さで清涼飲料水の需要が高まるとして、各社が増産体制に入っているとのニュースをテレビで見ました。

しかし清涼飲料水を飲みたくなる季節だからこそ、気をつけなくてはいけないんです。
それが「ペットボトル症候群(ソフトドリンクケトーシス)」です。

ペットボトル症候群は、スポーツドリンクや清涼飲料水を大量に飲み続けることによって起こる急性の糖尿病です。
こういう飲料をよく飲む若者に多いですが、最近では中年での発症も増えているそうですよ。

市販のスポーツドリンクや清涼飲料水には、かなりの量の糖質が非常に吸収されやすい形で含まれています。
2リットルのペットボトルを買ってきて1日で飲み切るようなことをしている人、いませんか?

それに加えてロクに運動もしないのに、おにぎり2個とかラーメン、炒飯、菓子パンを食べてゴロゴロ…なんて生活では、どうにかならないほうがおかしいですよね。

角砂糖何個分、体に入れているんでしょう??

ペットボトル症候群


清涼飲料水を飲んで血糖値が上がって喉が渇くので、また清涼飲料水を飲んでしまいます。 この繰り返しで高血糖が続くことがすい臓のベータ細胞をクタクタにさせます。
とうとうインスリン分泌不全を引き起こして糖がうまく代謝されなくなってしまいます。

こうなるとインスリンの作用が極端に低下し、全身で代謝が狂って、血液が酸性寄りになって呼吸さえ苦しくなります。

血糖値は極端に高くなり、それなのに体はブドウ糖をエネルギーとして利用できなくなるため、ケトン体と言うエネルギーを大量に作って何とかしようとしますが、全身の代謝がめちゃくちゃになっているので一刻も早く治療(入院して点滴、インスリンによる管理)を行わないと昏睡状態に陥ることもあります。

放置すれば死亡することもあります

普通このような状態は、1型糖尿病の方がインスリン注射を打ち忘れたときなどに起こりやすいのですが、清涼飲料水のガブ飲みなどによっても起こります。

お母さん気を付けてあげて…


もともと糖尿病ではなかった人の場合、適切な治療を行えばこの状態が解消すれば元の正常な状態に戻ることがほとんどです。

しかし元々、自覚症状がなにもない程度の軽度の糖尿病だった人が、ペットボトル症状群の発症で一気に悪化することもあり注意が必要です。

まだよちよち歩きの小さなお子さんに500mlのペットボトルで清涼飲料水を飲ませているお母さんを見かけたことがあります。びっくりしてしまいます。

グズるたびに飲ませているんだと思いますけど、小さなすい臓にはどれほどの負担がかかっているんだろう…と考えるだけでも恐ろしいです。

暑い夏ですが、清涼飲料水の飲みすぎには、どうかお気を付けくださいね。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





コーヒーは血糖値を上げるのか下げるのか

コーヒーは血糖値にいいの?悪いの?


コーヒーが好きな方にとって気になるのが「コーヒーは血糖値を上げるのか、それとも下げるのか」ということではないでしょうか。

あちこちで「コーヒーは糖尿病に良い」とか「コーヒーは血糖値を上げる」とか、まるで真逆のことが言われていますからね…

どちらかと言うとコーヒーが好きなよっしーも、大いに気になります。

まず大丈夫だとは思いますが、一応最初に確認しておきます。
砂糖がたっぷり入った甘いコーヒーは、問題外です…

…というのも以前、糖質制限に否定的な方が砂糖入りの甘いコーヒーを毎日飲みながら「運動しているのにお腹がどうしても痩せない」と嘆いていらっしゃったから。

コーヒーが血糖値を上げるとしても上げないとしても、砂糖を入れる時点で良いわけがないということに早く気が付いてくれるといいのですが。

コーヒーが血糖値に与える影響


それはさておき。
ブラックコーヒー(以後、コーヒーと言えばブラックコーヒーを指します)は血糖値にどんな影響を与えるのでしょうか?

ブラックコーヒー200ccに含まれる糖質量は1.4gしかないので、それほど血糖値を上げるとは思えません。

2009年の日本の研究によると、40~69歳の日本人約5万6,000人を対象にコーヒーを飲む回数を調べて、「週に3~4杯飲む」人は「ほとんど飲まない」人に比べて、2型糖尿病を発症するリスクが男性で17%、女性で38%低下するという結果が出たということです。

ただ、コーヒーと炭水化物を一緒に摂取した場合、インスリンの感受性はある程度低下したそうです。

また、大量にカフェインを摂取すると血糖値が上昇したとするデータもあるようです。

以上のことを考え合わせると、まず自分の場合はブラックコーヒー1杯で血糖値が上がるかどうか血糖測定器で実験してみたほうがいいですね。
もしかすると、カフェインで血糖値が上がりやすい体質の方もいらっしゃるかもしれませんから。

カフェインで血糖値が上がるのなら、その方は玉露・抹茶・ココア・栄養ドリンクなどもなるべく控えたほうがいいでしょうね。

適度に楽しむ分には良い


で、問題なければ、ブラックコーヒーを1日数杯程度では特に何ともないでしょう。

糖質とコーヒーを一緒に摂取するのが良くないそうなので、普通に糖質を摂取している場合は特に気を付けてくださいね。
コーヒーだけブラックにしても、一緒に糖質を摂ればまったく無意味ですし。

また、コーヒーを日常的に飲む人は糖尿病になるリスクが低くなるとは言え、すでに糖尿病になった人がコーヒーで「治る」わけでもなければ、コーヒーを飲んで血糖値が「劇的に下がる」わけでもないことは、忘れないでおきましょう。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





食べ順ダイエットや低GIダイエットで血糖値を抑えられる?

食べる順番を変えるだけでOK


「食べ順ダイエット」を聞いたことがありますか?

食物繊維の多い野菜料理⇒たんぱく質中心のメインのおかず⇒ごはん、パン、めん類などの主食の順番を守って食べるだけで、食後血糖値の上昇を防いでダイエットにも効果があるというものです。

テレビや本もあるので、聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。
これ、血糖値の上昇をどれぐらい防ぐことができるのでしょうか。

(グラフは野菜の情報ページ様より引用)

上のグラフをご覧ください。
糖尿病患者が食事の順番を変えたときの血糖値の推移だそうです。

主食から先に食べ始めたときは血糖値が350前後にまで上がっていますが、野菜から食べたときは250ぐらいでおさまっています。
確かに、効果はあるようです。

でも、これで十分満足できますか?
何もしないよりははるかにマシであることは理解できます。

同じ人が糖質制限食を食べれば、食後血糖値は150も超えないだろうに…
血糖値が180を超えたあたりから血管内皮に障害が起きはじめ、尿に糖が出ます。

完全に健常者の場合、何をどれだけ食べても食後血糖値が150を超えることはほとんどないとされています。

低GIダイエットはどうか


低GIダイエットは、白米やフランスパンではなく、玄米や全粒粉パンのように血糖値をゆっくり上げる主食を食べて血糖値の上昇を抑えて痩せようというものです。

15年ぐらい前に大流行したので、誰もが試したことがあるのでは?

よっしーもこのダイエットが気に入り、何年間か継続していました。
全粒粉パスタなんて、けっこう美味しかったですし。

しかし残念なことに、これも糖尿病患者の場合はわずかな違いでしかないということです。
白米で食後血糖値が260まで上がる人が、玄米だと240までしか上がらなかったと。

どっちにしても高すぎることに変わりはないわけで、やはり、何もしないよりはいいけどこれだけではとても満足できないと思います…

過信は禁物


健常者や、ほんのわずか正常値をはみ出している程度のごく軽度の糖尿病患者の場合であれば、これらの方法でも効果が期待できるのかもしれません。

しかし、ガチの糖尿病(?)の場合は、残念ながら、そこまでの効果は期待できないと言わざるを得ないのですね。

ちゃんとした糖質制限食だと、ホント上がりませんから…

ただ、何もしないよりはいくらかマシであることは確かなようですし、主食を噛みごたえのある全粒穀物に変えて野菜から先に食べることにより、お腹がいっぱいになりやすいので、主食を食べる量が減る(=結果として軽い糖質制限をしているのと同じ!)効果も期待できます。

過信しないのなら、やってみる価値はあると思います。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス