スポーツ選手や糖尿病専門医も糖尿病になる

糖尿病になる人は自業自得!?


糖尿病ではない方は「糖尿病になるのは健康に気を使わない、不摂生をしてきた人だけだ」と思うかもしれませんね。

もしくは、自分が暴飲暴食して太りすぎて糖尿病になったが、腹八分目に食事制限するだけで痩せて血糖値も劇的に改善しちゃったので「他の人もみんなオレと同じはずだ」と思い込んでいるか。

よっしーもかつて、果物やお菓子が大好きだと言う丸々と太ったおばあさんから「あら、あなたも糖尿病なの?まだ若いのに可哀想にね。私みたいに甘いもの食べすぎたんでしょう、今までの生活を反省しなさいね」と言われてショックだった経験がありました…

 

 

でも、そんなことはないんですよ。

1型糖尿病は誰もが突然発症する可能性がある病気ですし(成人してから、お子さんの保育所で風邪をうつされたのがキッカケになった方も知っています)、2型糖尿病は遺伝の要素がかなり強いです。

MODYという、どんなに気を付けていても若いうちに発症してしまう遺伝する糖尿病もあります。普通の2型糖尿病と思われている人たちの中にも、MODYの可能性がある人はちらほらいらっしゃるみたいです。遺伝子検査をしないとわかりませんが…

 

誰よりも知識があるはずの人たちが…


驚くなかれ、誰よりも糖尿病を熟知しているはずの「糖尿病専門医」の中にも自らが2型糖尿病と言う方もいらっしゃいます。よっしーは2名(男女各1名)知っています。
そのうち1名は、合併症の糖尿病網膜症をお持ちだとか。

よっしーが通っている病院の看護師さんの中にもいらっしゃいますよ。
医師が糖尿病教室で紹介していました。

 

 

プロのスポーツ選手や元スポーツ選手の中にも、2型糖尿病患者はちらほらいらっしゃいます。

力士はいくら運動していると言ってもあんなに食べているわけなので糖尿病患者が多いのは当然でしょうけど、若いころから筋トレを本格的に行っている清原和博さんも、アントニオ猪木さんも、現役時代からの2型糖尿病ですね。

清原さんも猪木さんも、結局かなり糖尿病が悪化してしまって、インスリン注射をなさっていますよね。
猪木さんはインスリンを打ちながら上手に血糖コントロールなさっているみたいですが、清原さんがどうなさっているか心配です…何しろ血糖値900あった時があるそうなので。

 

なる人はどうしてもなってしまう?


結局、どんなに暴飲暴食しても太っていても糖尿病にならない人はならないし、気を付けているつもりでも発症してしまう人は多いんです。

特に、日本人はね。

アメリカ人などと比べると明らかに痩せている人が多いのに、糖尿病になる人の割合は大差ないとは…なんとも不公平な気もします。
よっしーの友人にも、甘いものが好きで運動が大大大嫌いなのにまったく糖尿病にならない人がいます。羨ましいです。

でもこれ、仕方がないんですよね…生まれ持った体質なのですから。
親を恨んでもどうしようもありません。

 

糖尿病予防法には限界がある


糖尿病について誰よりも熟知しているはずの糖尿病専門医も、誰よりもトレーニングをして栄養学を知っているはずのプロスポーツ選手も2型糖尿病になるということは、いわゆる「糖尿病にならないための予防法」が生まれつきの体質に勝つことができないという現実を物語っています。

その方法で糖尿病を予防できるのは、遺伝の要素を持たない人だけですね。
彼らはよほど暴飲暴食をしない限り、糖尿病には本来ならないはずです。

だから、そういう人は糖尿病になってもちょっと生活を改めるだけですぐに良くなります。

 

 

だけど、生まれつき糖質に弱い体質なのであれば、自分の処理できる範囲内で糖質を食べたり、食後に運動して血糖上昇を抑えていればいいんです。
そうすれば、普通の人と変わらず寿命を全うすることができると思いますよ。

文句を言ってもどうしようもないことを嘆くよりも、今の自分に出来ることを前向きにやっていきましょうね。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





昔からあった糖尿病

2型糖尿病患者は昔からいた


日本人の糖尿病の95%は2型糖尿病です。
2型糖尿病は、近年の食生活の変化に伴って発生した病気だと思われがちですが…

じつは昔から、日本人の間でもみられていたんですよ。

もっとも、江戸時代ぐらいまでは平均寿命が40~45歳前後だったので、糖尿病が発覚するよりも前に亡くなっていた人は相当たくさんいたと思われますけど。

 

 

平安貴族の藤原道長が糖尿病だったことは有名です。
やたらとのどが渇いて水をたくさん飲み、視力がかなり衰えたという記録が残っています。

さらに道長の兄も叔父も甥も糖尿病だったということ。
これは遺伝性の強い2型糖尿病でしょうね。

織田信長もまた糖尿病で、合併症の神経障害に悩まされていたようです。

スイーツが大好きだった夏目漱石は、糖尿病になり、今でいう糖質制限のような食事療法をしていましたが、途中でやめてしまったようです。

 

食生活の欧米化が悪いの?


「食生活の欧米化が悪い」などと言われますが、食生活が欧米化するよりもずっと前から日本にも糖尿病患者はいたんです。

そして欧米でも、糖尿病患者は増え続けています。
元から高脂肪食だったことに変わりはないでしょうに。

食生活が欧米化したことで日本人の平均寿命は飛躍的に伸びましたが、長生きするようになったので糖尿病や認知症、ガンになる人も増えたということでしょう。

 

 

いずれも、40歳未満の若い人はあまりかからない病気ですから…
ちなみに江戸時代の医学書には、糖尿病やガンについての記述があります。

歴史的な事実として、昔の日本人の平均寿命は短かったです。
それは必ずしも食事のせいとは言えません。
しかし、昔の日本型の食生活が健康に良いと証明することはできません

根拠のない「昔はよかった」という言葉を信じるかどうかは、あなたの自由です。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





少しでも早く発見して対策を始めることが大事

怖いと言いながら何もしないの?


健康診断で「血糖値が高いですね」と言われるとイヤな気持ちになると思いますが、怖い怖いと言いながら特に何もしないまま何年も放置している方も多いのでは?

よっしーの周囲にも、そんな方が何人かいます。
一緒に食事をしても、特に気を付けている様子はないですね…

 

 

実はよっしーも、糖尿病と診断されるよりも何年も前に糖質制限について知っていましたが、ご飯が好きだったのでどうしてもできませんでした。

「私はまだ大丈夫」「カロリー制限でいけるでしょ」と自分に言い聞かせて…
でも結局、だめだったんです。

2型糖尿病と診断された時点で、すい臓のベータ細胞は健康な人の半分ぐらいの量まで減ってしまっているという報告があります。発症後も、一定の比率でベータ細胞の機能は低下していると考えられるそうです

診断されてすぐに対策を始めたとしても、残ったベータ細胞にムチ打って2倍働かせるのはなかなか大変なことだと思いますよ…

まして、それ以下にベータ細胞の数が減ってしまっている場合、どんなに頑張っても元の状態に戻ることは難しいでしょう。

 

ベータ細胞は再生するかもしれないけど…


近年の研究で、ベータ細胞には再生能力があるらしいということが分かってきました。
しかし、自然の状態でベータ細胞が糖尿病発症前と同じ状態にまで「復活」することは残念ながらないようですね…

ネット上での自己申告や業者さんの宣伝以外(!)そのような症例を見たことがありませんし。
ウソだと思ったら、医師に訊いてみるといいですよ。

真面目にカロリー制限して運動もして、それでもじわじわと悪化して合併症の治療をしている方、たくさん見かけるではありませんか。

もしベータ細胞を注射か何かで劇的に再生する技術が実用化されれば、ノーベル賞モノでしょうね。いつかはそんな時代が来ると信じています。

 

その日まで元気でいなければ


しかし、その日が来るまで元気でいなければいけません。
そうなるまでに合併症で死んでしまっては、どうしようもないですよね。

どんなに血糖コントロールが改善しても、腎症や網膜症がある程度以上進行していたら、治すことはできないでしょうし…

 

 

そういうわけで、糖尿病または予備軍と言われたら「まだ大丈夫」なんて思わずにすぐに対策を始めてください。

単に太りすぎで暴飲暴食していたタイプの方は、それを改善するだけでかなり良くなることもあるそうですよ。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス