ウエイトトレーニングと糖尿病

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


トレーニーに糖尿病が多い?

OKWAVEで気になる質問を見つけました。

 

ウエイトトレーニングと糖尿病の関係
35歳♂現在身長162cm体重76kg。 10年近く(自称)結構真剣にウエイトトレーニングに打ち込み 試合形式でのOK判定の出るMAXでベンチプレス115kg、スク...

 

質問者の方の周囲で、ベンチプレス・パワーリフティング・ボディビル大会でいい成績を残した選手に糖尿病になった方がちらほらいる、それはなぜか?というものです。

筋トレに励んだから糖尿病になるということは私にはちょっと考えられませんが、「筋肉のために」と、良かれと思って糖質をしっかり摂取することが糖尿病になりやすい体質を持つ人にはとても良くないのだということは、実体験として分かります。

よっしーも筋トレに励んでましたからね。大学4年生の頃から糖尿病と診断される半年ぐらい前まで、ジムでベンチプレスとか頑張ってました。

それも、糖尿病になりたくないという一心でやっていたことだったのに…

 

筋トレしていても、それ以上に食べれば意味がない

ちなみに、元プロ野球選手の清原和博氏は若いころから筋トレが大好きだったことは有名ですね。

が、それ以上に食べすぎていたことが良くなかったらしく(覚せい剤で逮捕される前のブログには「今日のおやつ」としてサイダーとスナック菓子2個を1度に食べたりしていたことがUPされていました)重度の糖尿病で一時は血糖値が900になり、インスリン注射をしているそうですね。

 

 

病室でも筋トレに励むほど筋トレが大好きな清原さんですが、やっぱり、過信は禁物ということではないでしょうか。アントニオ猪木さんも現役時代に2型糖尿病になり、最初は運動で血糖値を抑えようとしましたが、現在ではインスリン注射をしていらっしゃいますよね。

よっしーが糖尿病になったのも、とにかく筋肉をつければ筋肉が血糖を消費してくれるだろうと思ったわけですが、筋肉を付けるために糖質をたくさん摂取したことがかえってアダになったのだと思われます。

 

 

ちょっとの利益を得るために、すい臓に多大な負担をかけていたわけです。もともとすい臓が丈夫な方にとっては、どうってことないでしょうけど。

私が摂取していた糖質の量は、一般的に体作りをしている人たちと比べると特別多かったとは思えません。

ただ、「糖尿病になりやすい素質を持っている人」にとっては、やはり多すぎたのでしょうね。筋トレ自体はまったく悪くありませんが、筋肉のためにと糖質を大量に摂取することは良くありません。

 

成長ホルモンは血糖値を上げます

筋トレで成長ホルモンの分泌を促すことができますが、成長ホルモンには血糖値を上げる働きがあります。そのため、すでに糖尿病と診断されている発育不全の子供であっても、成長ホルモンの投与は禁忌とされています

正常な細胞だけではなくガン細胞の成長をも促してしまうため、成長ホルモンはガン、悪性腫瘍のある方にも使用は禁忌だそうです。

ちょっとばかり筋トレしたぐらいでそんなに成長ホルモンを出せるとは思いませんが、一応頭の片隅に入れておいてくださいね。

 

 

よっしーは今でも筋トレはしていますが、そのために糖質を投入することはしません。正しい糖質制限食でタンパク質をきちんと摂取できていれば、筋肉量が減少することはないと3年間の糖質制限生活ではっきりと分かったからです。

また、糖尿病網膜症のある方、特に中等度以上に病状の進んだ方では筋トレなどのキツい運動は禁忌になっていますので、くれぐれもご注意ください。

網膜症のない方も、自分の体と相談して危険のない範囲で行ってくださいね。そして、過信をしないようにしましょう。

筋トレするからと言って糖質を食べ過ぎると良くありませんが、筋トレそのものは無理しなければ骨の老化予防にもなりますし、体に良いことです。




ブログランキング・にほんブログ村へ



ハロウィンのカボチャで血糖値は?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


今日はハロウィンですね♪

今日はハロウィンですね。

よっしーが子供だった頃はまだ日本ではハロウィンパーティーなんてほとんど誰もやっていなかったような気がしますが、いつの間にかイベントが増えて楽しいですね♪

 

 

さて、糖尿病と診断される前は、ハロウィンには子供たちのためにカボチャのクッキーを焼いたりオバケ型のチョコレート菓子を作っていたよっしーですが、カボチャは糖質が多いし、どうする!?

…と思ったら、ちゃーんと糖質オフなハロウィンレシピを考案した方がいらっしゃる!素敵です♪

 

低糖質おからのマフィン★ハロウィン by はずき
おからパウダー、ココナッツオイル使用&グルテンフリーで低糖質(糖質制限)ヘルシー仕上げです♪

 

低糖質!ハロウィン仕様★シュークリーム♪ by cafe1003
卵デニッシュ部☆部長の神レシピ!卵デニッシュでシュー皮も簡単!低糖質!紫芋パウダーでハロウィン仕様のシュークリームに♪

 

 

昔のカボチャは甘くなかった?

カボチャの他にも、秋はサツマイモ、柿など、糖質たっぷりの甘いものがたくさん収穫できる季節です。だからこそ糖尿病人にとっては悩ましい季節でもあるわけですが…

でも、大昔のヒトが食べていたこれらの食物は、最初から現代のように甘かったわけではないみたいです。

古代アステカ・インカ・マヤ人はすでにカボチャを食べていたそうですが、当時のカボチャは今のように甘いものではなかったそうです。

 

ある時、突然変異によって甘いカボチャが出来、そのカボチャを栽培して、さらに品種改良を重ねて現在の甘いカボチャになったようですね。

また、日本では、1541年にポルトガル船によって初めてカボチャが持ち込まれたと考えられています。当時のカボチャは現在でもわずかな農家の間で栽培されているそうですが、甘みが少ないのでイマイチ人気がないとか。

やはり、昔の人たちが食べていたカボチャやその他の「秋の実り」は、現代のように甘かったわけではないようですね。

 

カボチャで血糖値は上がるの?

現代のカボチャは糖質が多いですが、実際のところ、血糖値は上がるのでしょうか?

よっしーは糖尿病と診断されて以来、あえてカボチャを食べて見たことはありません。市販のお弁当にオマケ程度についていたものを食べたことはありますが…

しかし、境界型糖尿病の女性ブロガーさんが実際にカボチャを食べて血糖測定をなさったそうです。

 

やはり、血糖値はしっかり上がるようですね…(´・ω・`)

よっしーの亡き祖母はカボチャが大好きで、ただでさえ甘いカボチャを、かなりたくさんの砂糖を入れてよく煮物にして食べさせてくれました。

大学生になり一人暮らしを始めてからも、週に1~2度はこのカボチャの煮物を作って食べました。

 

 

祖母は最後まで糖尿病になりませんでしたが、よっしーは父から糖尿病体質を受け継いでいたので、これがあまりよろしくなかったのだと思います。

糖尿人の皆さんは、カボチャの食べすぎにはやはり気を付けたほうがよさそうですね。

糖質に気を付けて、ハロウィンを楽しんでください♪




ブログランキング・にほんブログ村へ



たけしの本当は怖い家庭の医学・忘れられないトラウマ回

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


ものすごく怖かった回

昔、朝日放送で「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」というテレビ番組を放送していたことをみなさん覚えていらっしゃいますか?

よっしー、ずっと忘れられないトラウマになっていた回があります。それは2005年5月24日に放送された「本当は怖い早食い~蝕まれたスクリーン~」です。

 

 夫婦で定食屋を営むO・Nさん(35歳・男性)の生活は、最近、夕食をたっぷり食べても数時間経つとお腹がすいてしまい、また食べるという日々。やけに空腹感を感じるようになってきました。暑い厨房で一日中働けば、お腹がすくのも当然。健康な証拠とさえ思っていたO・Nさんだったが、やがて眼の中に黒いものがちらついたり、物が歪んで見えるように。もともと近視の彼は、そうした現象が視力の低下によるものだと思い込んでいたが・・・。

 

 

 

糖尿人のみなさんなら、何となくいやーな予感がしますよね?
そう、O・Nさんは糖尿病網膜症だったのです。子供の頃から早食いで、ご飯をかきこむように食べていたそうです。

自分が糖尿病であることにすら気付かず(自営業なので健康診断を受ける機会があまりなかった?)、目の異常の発見が遅れたため、ある日目の前が真っ赤になりました。

結局、両方の目を失明してしまったそうです…

 

怖いけれどどこか他人事だと思っていたかも

放送当時、よっしーは上の子を産んで妊娠糖尿病もすっかり治り(妊娠糖尿病って、産後は何もしなくても治っちゃう人がほとんどなのです)、毎日楽しく過ごしていました。

この番組を見て「まぁ…なんて怖いの…お気の毒に」と思いましたが、まさか自分もそうなるかもしれないとまでは思っていなかった気がします。

 

 

この患者さんは35歳。若い人の場合、糖尿病網膜症の進行が速い傾向があるそうです。

また、よっしーのように単純網膜症の段階だと血糖コントロールだけで自然に治る可能性が高いですが、ある程度以上悪化してしまうと、あとは何をしても完全に治すことはできないとか。

レーザー治療なども、それ以上視力を悪化させないためにやるのであって、「治る」わけではないそうです。だからこそ、少しでも早く対策を始めないといけないんですよね。

 

糖尿病網膜症のある方は医師の指示を守って

糖尿病網膜症がある方は、激しい運動を行うと眼底出血することがあるので必ず医師の指示を守ってください。

特に、網膜症の病状が進んでいる方・レーザー治療を受けてから半年以内の方は運動は禁忌だそうです。

 

上の表と解説は糖尿病ネットワーク様のサイトからお借りしました。

 

糖尿病網膜症だけではなく、腎症や神経障害がある方も運動制限がある場合があるので、主治医の指示に従ってください。

糖尿病に運動がいいからと言ってやたらと運動を勧めているサイトもありますので、くれぐれも自分の体と相談して気を付けてくださいね。誰も責任を取ってくれませんから…




ブログランキング・にほんブログ村へ