「ブラック・ジャック」に糖尿病患者は登場する?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


ブラック・ジャックは日本一有名な無免許天才外科医

故・手塚治虫さんの漫画「ブラック・ジャック」は、言わずと知れた傑作医療漫画でしょう。

よっしーも小学生の時に初めて読み、無免許天才外科医BJのカッコ良さにすっかりハマってしまいました。

 

 

さて、およそ治せない病気はないと思われるBJですけど、「糖尿病」の患者さんが登場するエピソードはあったでしょうか?

…実は、1度だけ糖尿病の患者さんが登場する回があったのです。

※以下、漫画のネタバレを含みます。ご注意ください。

 

クッシング症候群の若い女性

第87話「満月病」(少年チャンピオンコミックス22巻、秋田文庫14巻収録)に出てくる山下クミという18歳の女性は、「極度の肥満・糖尿病・多毛症・高血圧」の症状があり、どうやら副腎にできた腫瘍が原因らしいとのこと。

高額な治療費が払えないということで手術はしていなかったのですが、クミが恩師の娘なのでBJが手術で腫瘍を取り除き、彼女は完治します。

 

 

おそらく、糖尿病も治ったと思われます。彼女の場合、クッシング症候群から来る2次的な糖尿病だったので。良かったですね♪

回復したクミは、すっかり脂肪も取れて見違えるように美しい女性に戻っていました。

しかし、いわゆる通常の糖尿病患者のエピソードは、他に登場しないですね。2次的なもの以外の糖尿病を外科的に治すことは、BJにも出来ないのでしょう。

 

糖尿病ではない男性に〇〇をした驚きのエピソードがある!

実は、驚きのエピソードがあるんです。第32話「閉ざされた三人」(少年チャンピオンコミックス3巻、秋田文庫6巻収録)では、BJと小学低学年ぐらいの男の子、男の子の父親がデパートのエレベーターに閉じ込められてしまいます。

何と、原因は地下水をくみ上げすぎたためにデパートが傾いたということ、ぞっとしますね!

3人はエレベーターの中で救助を待ちますが、3時間経過しても救助は来ず、次第に呼吸が苦しくなります。

「このままではみんな酸欠で死んでしまう」と思ったBJが取った手段は…

なんと、ケガをした父親の「私はどうせもう助からないので、私を殺してください、その分酸素が浮いて息子が助かる」という願いを聞いて、ある薬を父親に注射したのです。

 

 

腕に薬を注射された父親は「ウウ…ウウ…ウーン ウーン」と苦しげな声を上げ、汗をいっぱいかいて全身がけいれんし、ガクリと動かなくなってしまいました。

それを見た男の子は「パパを殺したんだな、人殺し!」と泣いてBJに迫ります。

やがて救助が来て2人は助かるのですが…死んだと思った父親は実は生きていました。

実は、男性にほとんど息をさせないで酸素を節約するために、BJがインスリンを大量に注射したのです。男性はすぐに病院に救急搬送されることになりました。

 

「閉ざされた三人」のエピソードから思ったこと

初めてブラック・ジャックを読んだのは小学生の時だったのでよく分かりませんでしたけど、今改めて読み返すと、インスリン注射を大量に注射して仮死状態にするってとても怖いですよね!!

過去には、インスリンを300単位注射して自殺を図った方や看護師が誤ってインスリンを大量に注射して患者さんが死亡するという医療事故も起きています。

 

 

また、事故ではなく、看護師が糖尿病ではない患者に意図的にインスリンを大量に注射して低血糖状態にさせるという傷害事件も起きています…

インスリン注射の発明によって1型糖尿病の患者さんが生きられるようになったのは本当に素晴らしいことですけど、反面、インスリン注射は劇薬であることを忘れてはいけませんよね。

 

手術で糖尿病を治せるか?

ブラック・ジャックが通常の糖尿病の患者を手術で治したというエピソードはありませんでしたが、最近話題になっているのが「胃バイパス手術」です。

→胃を切ってしまえば糖尿病が治る!?

 

糖尿病を手術で治す - NHK クローズアップ現代+
2012年11月12日(月)放送。予備群を含めて患者数が2200万人にのぼる糖尿病。進行すれば失明、足の壊疽(えそ)、腎不全など深刻な合併症を伴い、死に至ることもある。...

 

高度肥満の糖尿病患者の胃を切って小さくし、小腸につないでしまうことで8割の患者の血糖値が正常化するというのです。

しかし、これはあくまでも高度肥満が原因で糖尿病を発症した人の話でしょう。

 

 

標準体重で発症し、遺伝的な素質のある患者にはおそらく期待するほどの効果はないのではないかと想像します。

BJでも治すことが出来なかった糖尿病、いつか「完治」できるようになる日が来るのでしょうか。

 




ブログランキング・にほんブログ村へ



血糖コントロールがうまく出来ている糖尿人の割合は?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


治療がうまくいっている人は少ない…

入院していた時に糖尿病教室で聞いた話ですが、なんでも、日本人の糖尿病患者のうち、きちんと定期的に通院して治療を受けている人は約50%。そのうち、血糖コントロールが良好な患者は50%なのだそうです。

通院していない人と言うのは、1度も病院に行っていないか、途中で治療をやめてしまった人ということになりますね。この人たちが血糖コントロール良好である確率は、低いと思われます。

つまり、日本の糖尿病患者1千万人のうち、確実に血糖コントロールがうまくいっていると言えるのは250万人というわけです。さらに約1千万人の「糖尿病予備軍」が存在します。

ここで言う「血糖コントロールがうまくいっている」というのはどのぐらいのレベルを指すのかと思って調べてみたら、ありました。

 

 

上のデータは中部ろうさい病院様からお借りしました。どうやら、HbA1cの値が7%未満を「血糖コントロール良好」と考えた場合、全糖尿人の4人にひとりが該当するようですね。

 

HbA1cが高い原因は何?

上のデータには1型糖尿病でインスリン注射をしている方も含まれているため「あまりHbA1cを下げようとすると低血糖になる危険性がある」というのは理解できます。

しかし日本人の糖尿病の95%は2型糖尿病なので、実際はほとんどの場合、HbA1cが高いのはそのような理由ではないと思われます。

 

 

糖尿人の中には、医師からどれだけ注意されても食べすぎをやめられない方もそりゃいらっしゃるでしょう。でも、通院してる患者の2人にひとりがそうだと思いますか?

よっしーは、そこまで多いとは思わないのですが…

糖尿人の多くのHbA1cが高いのは、「食事療法を守れていないから」という理由の他に「現在、標準的な治療として行われていることが、効果は今ひとつであるから」と考えざるを得ないのではないでしょうか?

 

医師の言うことを聞いているのに血糖値が改善しない?

糖尿病の教育入院中、よっしーはひたすら医師や看護師から指導されたことを真面目に守っていました。

食事は野菜から、よーく噛んで食べて、食後はウォーキングと自体重での筋トレ(やらないよりはマシと思った…)。

医師から指示された量のインスリン注射をきちんと打ち、同室の患者さんたちのために売店にお菓子を買いに行ってあげたりしてなるべく体を動かすようにしてました。

 

 

それでも、血糖値も体重も憎らしいほどまったく下がらなかったんですよね。

じゃあインスリン注射の量を増やせばいいじゃないかと思われそうですが、たくさん注射するとどうしても低血糖のリスクが増すんですよね。

よっしーの父も最初、糖尿病と診断されたときカロリー制限と運動を開始しましたが、ある程度体重が減るまでは血糖値も下がってきましたけど限界があって、それ以上は血糖値は下がらなかった(HbA1c6%台後半)そうですよ。

現在では緩い糖質制限食に切り替えまして、血糖値は良好だそうです。

 

以前と比べれば少しづつ変わりつつありますが…

日本でも以前に比べれば、糖質制限食も有りだと考える医師は少しづつ増えてきていると思います。日本糖尿病学会の中にも、糖質制限食を肯定する先生方がちらほら。

でもまだまだ「糖質制限食は、ずっと継続しても大丈夫かどうかもはっきりしていませんし、ダメですよ~」と言う専門家もいらっしゃいます。

 

 

しかし従来の糖尿病治療では、血糖値が正常化する人はごくごくわずかであり、大半の患者さんは血糖値がイマイチであるという事実があります。

はっきりいってそれほど効果がなく、糖尿病合併症の発生と進行を防ぎきれていない従来型の治療を「唯一の治療法」と言われても困ってしまいます。

自分で食事療法を選択する余地がないんですよね。もっとも、糖質制限できない方もいらっしゃるわけですけど…できる人には、選択肢が示されていいのではないかと思いますよ。

 

長期的な安全性のエビデンスは

日本でも糖質制限食を実践する人たちが増えてきているので、長期的に実施した時にどうか?というデータは、時間とともに蓄積していくと思います。

何十年継続した時に本当に良いのか?という確証がないのは、糖尿病新薬でも同じことです。どんな薬にも必ず副作用があり、死亡例もあります

 

 

少なくとも従来の糖尿病治療法では、数十年にわたって患者の糖尿病合併症をほぼ完全に防げたというデータは存在しません。

だったら、各自、自分の体と相談しながら自己責任で自分が良いと思う方法を続けていくしかないですよね。




ブログランキング・にほんブログ村へ



私が「アレ」だけはどうしても出来ない理由

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


ご飯は粒なので血糖値が上がりにくい!?

よっしーが糖尿病(おそらく2型)と診断されてから3年近く経ちます。

しかし、そもそもの始まりは10年以上も前の妊娠糖尿病でした。いつの間にか2型糖尿病になってしまったわけです。最も大きな原因は、父からの遺伝でしょうね。

私よりもうんと太っていて運動もしないのに一生糖尿病にならない方はたくさんいらっしゃいます。ああ、人生とは何と不公平であることか…

 

 

よっしーは昔から、特に甘いものやジュースが好きだったわけではないです。パンはたまに買って食べる程度で、断然、和食党でした。それも玄米。

だから病院の糖尿病教室で管理栄養士さんから「ご飯は粒なので、パンやパスタと比べると血糖値が上がりにくいんですよ」と言われても、どうにも納得が出来ません。

仮によっしーがパンやパスタやお菓子ばかり食べていて2型糖尿病になったのであれば、それらをやめて和食に切り替えるだけでもいくらか改善する可能性はあったかも?と思いますけどね。

 

ご飯で血糖値がどれぐらい上がるか知りたい気持ちはあります

糖尿病と分かって入院していた時、よっしーは1日1回の持効型インスリンを打ち、毎食前に超速効型インスリンを打って病院食を食べていました。

その食事は同室の他の患者さんたち(糖尿病以外の内分泌の病気)のものと違い「エネルギー制限食」と書かれていて明らかにボリュームが少ない味気ないものでしたが、血糖値はいつもかなり上がってました。

 

 

次の食事の直前になっても、150以上ありました。それが主治医にお願いして糖質制限食をちょっと試してみたところ、持効型インスリンの量は変えていないのに空腹時血糖値がいきなり90まで下がったので、私も主治医もびっくりしたんです。

あれから3年。いま「ご飯」を食べたら、よっしーの血糖値はどうなるのだろう…という好奇心は、正直ないわけではありません。

でも、「ガチ糖尿病患者がご飯を食べて血糖値を測定してみた」みたいな実験は、するつもりはないのです。なぜかと言うと…

 

仮にそれほど血糖値が上がらなかったとしたら?

ご飯が好きで糖尿病を発症した以上考えにくいことですが、もし仮によっしーが茶わん1杯のご飯を食べても思ったほどは血糖値が上がらなかったとします。

そうだとしたら、そのことが意味することは何でしょうか?

3年間の糖質制限生活で、疲弊していたすい臓のベータ細胞が元気を取り戻したから…ということが考えられますよね。とっくに、インスリン注射は打っていませんから。

そうなると、もともとご飯が大好きで意志が弱い私のことです。きっとずるずると「このぐらいなら大丈夫よね♪」とご飯を食べるようになってしまい、気が付くとまた信じられない位の高血糖をたたき出す…ということになりかねません。

→糖尿病が「治った」女性の悲劇

 

 

糖質制限をしていたからこそすい臓が元気になったのに、また同じことを繰り返してしまってはどうしようもないですよね。

また、「糖質を食べて、運動したわけでもないのに血糖値が上がらない」ということは、インスリンがたっぷり分泌されているということです。

糖尿病患者がインスリンをたっぷり分泌できるようになることは喜ばしいことと思われるかもしれませんが、インスリンがたくさん出ること自体が動脈硬化の原因になります。

せっかく沈黙していた糖尿病合併症が、再び大暴れ…なんてことになったら、たとえ血糖値が上がらなくても目も当てられません。

 

血糖値が爆上がりしてしまったとしたら?

ご飯を茶わん1杯(150g)食べた場合、重度の2型糖尿病患者の血糖値は200を超えるでしょう。軽症の方の場合、そこまで上がらないかもしれませんが。

血糖値が180を超えたあたりから、血管内皮にキズが付き始めます。そこにコレステロールなどが入り込んで、動脈硬化が進行します。

たった1度でも、そのような状態になるのはやっぱり怖いですね。

かつて、主治医はこんなこと↓をおっしゃっていましたけど…

主治医
ご飯をひと口も食べないのかい!?

よっしー
そうですよ、食べてないでーす。

主治医
本当!?…たまに食べて血糖値250ぐらいになっても、死にはしないよ…(ニヤリ)

よっしー
……。

 

OGTT(経口ブドウ糖負荷試験)は、すでに糖尿病と診断がついている患者に対しては原則として行うべきではないとされています。

それは、意図的に高血糖を引き起こさせることが危険だからでしょう。

 

 

結局、どっちに転んだとしてもいいことはないのだから

ご飯を食べて血糖値を測定してみたとして、その結果がどちらに転んだとしても、結局よっしーにとって何もいいことはないと思いました。

だったら、このまま実験はしないままでいいや。先日、緑豆春雨をかなり食べても血糖値が上がらないことが分かりましたが、だからといって普段食べたりはしていません。

特に食べる必要性を感じないですし、グダグダになってしまいそうな気がしたので…

 

 

糖尿病の血糖コントロールのことだけを考えれば「血糖値が上がらなければいいや」と思いがちですけど、そもそも糖質制限をする意味って血糖値を上げないことだけではないですよね。

糖尿病ではない方、ダイエットする必要のない方でも健康のために糖質制限をなさっておられる方は少なくありません。

…いつか気が変わって「実験してみようかな?」と思う日が来るかもしれませんけど、今のところはこのままにしておきたいと思います。




ブログランキング・にほんブログ村へ