低インスリン療法の本当の意味とは?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


SUNAOソフトクリームで血糖値はどれぐらい上がる?

夫が昨夜、お土産にSUNAOバニラソフトを買ってきてくれました。このソフトクリームは美味しいんですけど糖質が多め(8.8g)なので、FreeStyleリブレで血糖値を測ってみることにしました。

食前103→60分後150→90分後123→120分後101→150分後95

60分後150…Σ(゚д゚lll)!!

 

 

まぁ私の場合、暁現象のせいで、起きてしばらくすると何も食べなくても血糖値は上がるんですけどね…昼間に食べても血糖値130ぐらいにはなりそうです。

先日冷凍みかんを食べた時は普通のみかんと比較して血糖値の上がり方が小さかったのでちょっと期待したんですけど、やっぱりアイスは冷たくても血糖値はしっかり上がるみたいですね。

やはり、たまに食べる時は運動して血糖値を下げようと思います…

 

低インスリン療法は危険?

さて、今回は「低インスリン療法(インスリン・オフ療法)」について思うことをひとつ。

低インスリン療法とは、なるべくインスリン(自己分泌であっても注射であっても同じ!)を大量に体内に循環させないようにして糖尿病を改善しようとする方法です。

新井圭輔先生の「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」という本や水野雅登先生のブログ記事ですでにご存じの方も多いでしょう。

インスリンが出すぎる、あるいはインスリン注射を大量に打つことは低血糖だけではなく認知症・一部のガン・動脈硬化・肥満のリスクとなります。また、高インスリンが臓器障害を引き起こして糖尿病合併症を発生・進行させるのではないかと言う説があります。

 

 

確かに、インスリン注射の副作用として新たに糖尿病網膜症を発症したり、悪化が見られることがあるそうです。血糖値が下がっても糖尿病合併症になるのでは意味がないですよね…

で、この低インスリン療法に対して「1糖尿病患者にもインスリン注射をやめろと言うのか?」「何が何でもインスリンを使うなと言うのはいかがなものか」という意見もあるようです。それはもっともなことです。

しかし先生方のどなたも「誰であっても一切インスリンを使ってはいけない」とはおっしゃっていません。インスリンが出すぎると問題ですが、食事とは無関係に24時間ちょっとずつ分泌されている基礎分泌のインスリンはとても重要です。

これがまったくないと、ものすごい高血糖になって最後は昏睡状態になって死んでしまいます。よっしーも、空腹時血糖値が500近くになって緊急入院し、インスリンの入った点滴を受けて生命の危機を脱することが出来ました。

 

米国人医師バーンスタイン先生はどうか?

1型糖尿病のアメリカ人医師・バーンスタイン先生は自己分泌がゼロなのでもちろんインスリンは注射しておられます。しかし、かなり少ない量です。

なんと、持効型インスリンを1日あたり6単位、毎食前に速効型インスリンを約3単位だけだそうです。

それで彼のHbA1cは常に4%台半ばで、40年ぐらい前から糖質制限を継続していらっしゃって、すでに出ていた糖尿病合併症は治ってしまったそうです。

「インスリン注射をしている」といっても、その量がなるべく少なくて済むように彼は糖質制限をなさっているわけです。

 

 

患者さんたちにはまず糖質制限させ、運動してインスリン抵抗性の改善を試み、それでもダメならインスリン抵抗性を改善する飲み薬を使用し、それでもどうしてもダメならインスリン注射だそうです。

これは必要最低限の量のインスリンしか使わないようにしているわけなので「低インスリン療法」と言えますよね。

誰もがインスリン注射を完全にやめられるわけではありません。よっしーはおそらく2型だったためやめられたのです。必要であれば、どうしても少量のインスリン注射は打たなければいけません。

 

糖尿病の標準的な治療方法はどうか?

また、いわゆる標準的な糖尿病の治療においても、インスリン抵抗性があるのは良くないとして運動を勧めたり、インスリン抵抗性を改善する飲み薬を処方することもありますよね。

低インスリン療法の先生方とは「このぐらいならOK」とするインスリンの量が違うだけで、「インスリンが出すぎるor打ちすぎることは良くない」という考えそのものは同じですね。

うんと太っていた2型糖尿病患者が痩せるだけで糖尿病がかなり改善することがあるのも、インスリンの感受性が良くなったので少量のインスリンで正常血糖値を保てるようになったからですよね。

 

低インスリン療法を行ってもインスリンは出なくなりません

これまでに何度か書いていますが、低インスリン療法を行ったからといってすい臓がインスリンの出し方を忘れてしまうわけではありません

なぜなら、ケガで完全にベッドに寝たきりだった人の脚の筋肉が衰えてやせてしまうのとは違い、糖質を制限していても24時間基礎分泌のインスリンはちゃんと分泌していますし、野菜や大豆製品などにも糖質が含まれている以上「まったく追加分泌がない」ということは考えられないからです。

 

→すい臓は鍛えても強くすることはできない

 

農耕が始まる前、ヒトは野生動物と同じで、上がりすぎた血糖値を下げなければいけないような状況に陥ることはほとんどなかったと思われます。

血糖値を上げるホルモンは複数あるのに、血糖値を下げるホルモンはインスリンだけです。

その唯一のシステムが破たんしたら、もうおしまいじゃないですか…

 

 

本来、ヒトは基礎分泌のインスリンと、たまに木の実か何かを拾って食べた時にちょっと追加分泌のインスリンを分泌すれば十分だったのでしょうね。

しかし時代は移り変わり、1日3回大量に糖質を食べなければいけないということになってしまい、すい臓がもともと弱くてその負荷に耐えられない人から順にどんどん糖尿病を発症するようになってしまいました。

 

低インスリン療法とはヒト本来の自然な状態に戻ることなのかも

遺伝子は、短期間でそう簡単に劇的に変化するものではありません。現在では日本人の成人の5~6人にひとりが糖尿病または予備軍になりますが、大昔から「糖尿病になりやすい体質を持つ人」はいたはずです。

でも、そんな体質を持っていても、糖尿病になるような生活ではなかったために発症することはなかったのです。それは運動量の違いであったり、食事の内容のせいかもしれません。

新井先生いわく「調べていないだけで、野生のライオンの中にも糖尿病体質の個体はいるはず」確かにその通りですね。糖質を食べていないので、発症しないわけで。

日本人の若い女性は痩せている方が多いにも関わらず、8~10人にひとりが妊娠糖尿病になります。未治療の妊娠糖尿病では、胎児が巨大児になって自然分娩が困難になったり、生まれた赤ちゃんが低血糖や強い黄疸、自分で呼吸が出来ないなどのトラブルになりがちです。逆に子宮内で発育不全で死亡することもあります。

大昔の女性は妊娠糖尿病になったでしょうか?そうなったとしても、インスリン注射も帝王切開もNICUもありませんでしたが…

 

 

野生動物は、ほうっておいても糖尿病などになることはほとんどありません。誰よりも健康に気を遣う動物であるはずのヒトが、もっとも病気にかかります。ヒトに飼われている猫や犬も、糖尿病になります。

かつてのあの「たけしの本当は怖い家庭の医学」のような番組を見ては「糖尿病怖い!!」とビビり、でもやることと言えば「あの食材が血糖値を下げるらしい」という情報を聞いてちょっと試しては、すぐに飽きてしまう方がほとんどではないですか?

でも、本当に病気が怖いと思うのなら、もっと根本的なところを見直してみなければいけません。

現代の日本に生きる私たちが今さら縄文時代以前の生活に戻ることは出来ませんけれど、昔の人たちの生活を見直してみることで、病気を克服するためのヒントが得られるかもしれないのです。



糖質制限or脂質制限 あなたはどっち?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


糖質制限と脂質制限、糖尿病食事療法に2つの流派あり!?

糖尿病の治療食として、大きく分けると「糖質を制限する系」「脂質を制限する系」の2つがあるようですね。

日本糖尿病学会が勧めるのは、脂質制限です。エネルギーの半分を糖質から摂取しなければいけない、なおかつ、タンパク質もそこそこ摂らなければならないとなると、減らすものは脂質しかないですもんね。

さすがに「運動さえすれば、何をどれだけ食べてもOK」という方法はないみたいです。だって、運動さえすりゃOKなら、スポーツ選手に管理栄養士がつく必要はないですもんね。

野球選手などで、けっこう太めの方もいらっしゃいますよね。元プロ野球選手のスーパースターだった清原和博さんも、ジムで本格的にトレーニングをしていらっしゃいましたが重度の糖尿病になってしまいました。

 

 

さて、糖質制限に関しては日頃さんざん書いているので今さら解説する必要はないと思いますが、脂質制限はどのような考えが元になっているのかちょっと調べてみたいと思います。

ちなみに、よっしーは大学4年生から糖尿病発覚するまでずっと脂質制限をしていました。鶏肉の皮は捨てて、豚肉の脂身も切って捨ててました。

またマヨネーズやバターは自宅には置いていませんでした。

 

高脂肪食はマウスさんにインスリン抵抗性を引き起こす

高脂肪食とインスリン抵抗性」というタイトルの研究を見つけました。これはマウスに高脂肪食を食べさせたところ、耐糖能が悪化しインスリン抵抗性が引き起こされたというものです。

実験の要旨に「脂肪摂取量の増大はインスリン抵抗性を引き起こす最も重要な環境因子である。これは、高脂肪食の摂取により肥満が発症し、それによって脂肪組織や筋肉での糖の取り込みが低下するためと考えられている」とありました。

 

 

ちょっと待ってください。高脂肪食の摂取により肥満が発症し…とありますが、糖質制限はダイエット目的で行う人も多いぐらいです。

草食動物であるマウスさんではどうだか知りませんが、少なくともヒトの場合、きっちりと糖質制限をした場合、肥満はむしろ解消するのでは?

糖質のみの過食でも、太ることは容易ですしね( ˘•ω•˘ )

ただ、先日も書いた通り「糖質+高脂肪食」が最も太りやすく健康上も良くないことは間違いなさそうですね!ほとんどの人は糖質制限はしていないので、そういう意味で「高脂肪食は良くない」というのは正しいです。

ちなみに、マウスさんは魚の油では耐糖能は悪化しなかったそうです。よっしーも、魚の油はヒトに必要だと思うので、1日1回は青魚を食べるようにしています。

 

糖質と脂質を一緒に大量摂取してはいけない

糖質を普通に食べてなおかつ脂肪をたっぷり摂取すると、何が起こるでしょうか?

高糖質食でたっぷりと追加インスリンは出ますし、糖尿病患者であれば血糖値が上がりますよね。運動しても血糖値を下げきれない分は、インスリンを打ったりクスリを飲んで下げることになりますね。

追加インスリンが分泌されたとき、食べたものは中性脂肪に変わりやすくなります。糖質をたくさん摂取して、その上脂肪まで大量に食べれば、大部分は肝臓に蓄えきれずに余って中性脂肪になります

この作用は、自己分泌のインスリンであっても外から注射するインスリンであっても同じです。

 

 

糖質だけを食べた時以上に、糖質と脂質を一緒に摂取すると太りやすくなり、中性脂肪が増えるわけですよね。

きちんと糖質制限している方は中性脂肪は低めの方がほとんどだと思いますが、そうでない方でたまにびっくりするほど中性脂肪が高い方がいらっしゃる。

よっしーの夫の後輩は、まだ20代なのに中性脂肪が1000近くあったそうです。大丈夫かな!?見た目別に太ってないように見えますが…

 

 

そして、余った脂肪はどこへもいくアテがないので、「異所性脂肪沈着」を起こします。これは筋肉内など、本来は脂肪ではない部分に脂肪が沈着した状態です。霜降り肉ですよね。

内臓脂肪や異所性脂肪沈着は糖尿病を発症させたり悪化させると考えられています。つまり「糖質を食べながら」脂質を大量摂取すると非常によろしくないわけです。

カツカレー・天丼・ケーキ・ドーナツ・ハンバーガー・フライドポテト…みんなが大好きなものは大抵、高糖質かつ高脂質です。

 

糖質と脂質、あなたはどちらを諦めますか?

そういうわけで残念ながら、糖質と脂質を一緒に大量摂取することは避けなければいけません。運動で消費すると言っても、限界があります。

だいたい、仕事が忙しい日本人の大人で、毎食後たっぷり運動できるほど暇な方は少ないでしょう?

 

 

糖質制限するなら、周囲でみんなが糖質を食べていてもガマンしなければいけないので、精神的に辛くなりがちです。また食費はどうしても高くなりがちです。

脂質制限するなら、焼き肉を食べに行っても少ししか肉を食べられませんし、ステーキ1人前は食べられません。カツカレーも天丼もNGです。

結局、どちらを選んだとしても何かしらガマンしなければいけないのは一緒なのですね。

こう書くと「この魔法のサプリメントを飲めば何をどれだけ食べても大丈夫♪」なんて業者さんが言い出すかなwww

 

バランスよく中庸がいい?

「いや、そんな極端なことをしなくてもバランスよく適度に何でも食べてよく運動していればそれでいいのだ!」という考えもあるでしょう。昔のよっしーがそうでした。だから、女子栄養大学のカロリー計算本を何冊も持っていましたし、スポーツジムにも通ってました。

しかし、その程度のことでは、糖尿病体質の人の糖尿病は予防改善しきれません。糖尿病体質ではない、高度肥満不摂生型糖尿病には効果があると思いますが…

そもそも「バランスのいい食事」というものに科学的根拠はなく、「昔の日本人がそのぐらいのバランスの食生活だったのでそう決めただけだ」と日本糖尿病学会の評議員の先生もおっしゃっていたんですよ。

 

 

みなさんは、どの食事療法が自分に合っているか迷ったら、とりあえず両方やってみたらいいと思います。どちらか一方しか試さないとしたら、もったいないです。

そして、草食動物のマウスの実験の結果とか、自分と体質が違う他人の結果はどうでもいいんです。大事なのは「あなたの場合はどうか?」ですから。

もしあなたがうまくいっている方法でも、他の糖尿病患者にはうまくいかないかもしれません。だからよっしーは、現状うまくいっていない人に対して「糖質制限っていう方法もあるよ」とは言いますが、押し付けることはしませんね。

まず、持っていない方は自己血糖測定器(できればFreeStyleリブレ)を用意して、いろいろ食べて比較してみるといいですね。

どんなものを食べた時血糖値がどう上がるのか、運動したら血糖値はどうなるのか、実際に測ってみると「思ってたのと違う!」ということがたくさんあるんですから。



失われたインスリン分泌能力は復活するか

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


1型糖尿病患者のインスリン分泌能力が復活する?

糖質制限ドクターのカルピンチョ先生のブログを見ていると、びっくりするような記事がUPされているのを見つけました。

なんと、1型糖尿病でインスリン自己分泌がほとんどなくなっていた方が、糖質制限食を継続してある程度基礎分泌が復活したそうなのです。

 

1型糖尿病患者が糖質制限すると基礎分泌インスリンが復活する可能性(仮説)|低...
宗田先生が妊娠糖尿病学会で1型糖尿病の患者さんで糖質制限をすると、患者さんによっ...

 

カルピンチョ先生がお書きになっている通り、全ての患者さんに同じことが起こるわけではありません

しかし、1型糖尿病患者で枯渇したと思っていたインスリン分泌が再開することがあり得るということは、大きな希望ではないでしょうか?

そういえば1型糖尿病のバーンスタイン先生は、12歳の時に発症して、自己分泌は完全にゼロです。

しかし「まだベータ細胞が残っていた頃に糖質制限を始めていれば、ハネムーン期を永久に続かせることができたかもしれない」とおっしゃっています。

 

1型糖尿病の多くは自己免疫反応が原因

1型糖尿病というのは、何らかの理由ですい臓のベータ細胞がインスリンをだんだん分泌できなくなり、最終的には全く分泌されなくなってしまう病気です。

インスリンは大量だと体に様々な害を及ぼしますが、まったくなければ死亡してしまいます。そのため、基礎分泌(何も食べなくても24時間少量ずつ出ているインスリン)分は注射で補わなければいけません。

1型糖尿病で基礎分泌が足りない場合、糖質制限をしてもインスリン注射を完全にやめることはできないのです。

 

 

この病気の多くは、自己免疫反応(自分の体の分子をなぜか異物と認識してしまい攻撃すること)が原因です。

では、なぜ異物ではないはずの自分の体の中でそのような反応が起きてしまうのでしょうか?

1つの原因として、生まれつきの体質があるそうです。ある人たちの場合、ベータ細胞が作る分子が異物と認識されやすいそうですよ。

でも、生まれつきの体質だけですべてが決まるわけではないそうです。

私たちの体内には、他の細胞の死骸を食べて処理してくれる「お掃除屋さん」がいます。

しかし何らかの理由により「お掃除屋さん」による処理が追い付かないほどのスピードである細胞が死んでいくと「これは危険な敵ですぜ、きっと!」ということになってしまうらしいのです。

 

 

すい臓のベータ細胞が急激に死んでいく状況になったとしたら、どうでしょう?それが攻撃の対象になる可能性は十分に考えられますよね。

すい臓のベータ細胞が急激に死んでいく状況というのは、糖質の過剰摂取でベータ細胞への負担が大きくなりすぎた時です。

このときは細胞が死んでいくだけではなく、やっつけ仕事でインスリンを急いで分泌しなくてはいけないため、質の悪い変な形のインスリンを放出したりするそうです。

 

糖質制限食でベータ細胞の負担を減らしてやると…

糖質制限をきちんと行っていると、ベータ細胞へのストレスはぐっと減りますよね。ベータ細胞が大量死することもなくなります。

だからお掃除屋さんが必死にならなくてもよくなり、自己免疫反応が沈静化するのでベータ細胞への攻撃もおさまることが期待できます。

 

 

生き残ったベータ細胞は、ゆっくりと増殖し、わずかではありますがインスリン分泌能力が復活する可能性があると言うことです(ただし、別のメカニズムで起きている1型糖尿病や、すでに自己分泌がゼロになってしまった場合は残念ながらインスリン分泌能力は復活しないそうです)。

ベータ細胞は増やすことはできないと思っていましたが、まったく無理というわけではなく、分裂して増える能力がないわけではないらしいですね。

ただ、その能力は残念ながら自然の状態ではあまり高くないらしいです。1型糖尿病だけではなく、2型糖尿病も治療しても進行を止められないそうです…通常では。

 

糖尿病が治療しても進行する理由【研修最前線】|研修最前線|医療情報サイト m3.com
(研修最前線)糖尿病が治療しても進行する理由【研修最前線】 ・・・ 最新臨床ニュースをm3.comが配信!

 

2型糖尿病のインスリン分泌能力も復活する!?

よっしーは初診時、1型糖尿病かもしれないと言われていました。しかしいくつかの検査の結果「2型糖尿病かもしれないけど絶対ではない」「2型かもしれないけど、あなたはインスリン分泌能力が極端に悪いので一生インスリン注射(ランタス)が必要です」と言われました。

食事前に打つアピドラの注射はすぐにやめました。糖質制限をしながら血糖値を測定していくうち、だんだんランタス注射の必要量が減っていき、完全にやめて現在に至ります。

 

 

1型糖尿病の方で、インスリンも飲み薬も何も使っていないのによっしーよりも血糖コントロールが良好な方が何人もいらっしゃいます。

2型糖尿病であっても、糖質制限を続けてベータ細胞への余計なストレスを避けていれば、何年もかかってゆっくりとインスリン分泌能力は復活し得るのではないか?とひそかに期待しちゃってます。

普通、糖尿病を発症するとじわじわと進行していくのを止められない…と言われているのは、通常の糖尿病食ではベータ細胞へのストレスが大きいからではないでしょうかね~。

 

インスリンを打てばベータ細胞を守れるんじゃないの?

ここでみなさんは「ちょっと待て、インスリンを注射してやればベータ細胞への余計な負担をなくせるから良いんじゃないの?」と思うでしょうね。

よっしーの主治医も昔「インスリンを打てば、ベータ細胞の負担を軽く出来るんだよ」とおっしゃっていました。

 

 

上のグラフはm3.com様のサイトからお借りしました。

残念ながら、インスリン注射による治療を始めると最初はHbA1cが下がりますが、2年以上経つとまた上がってきてしまい、結局、食事療法と運動療法しかしていない患者とほとんど変わらないペースでじわじわと悪化していくのが分かると思います。

「インスリン打っとけば何を食べても平気だし、すい臓に負担もかからない」ということではないみたいですね…

 

現時点で最善と思われる方法は?

今のところ、いかなる方法を用いたとしても、すでに失われた糖尿病患者のインスリン分泌能力を魔法のように復活させて「完治」させることは不可能です。そんなことができたら、ノーベル賞がもらえるでしょうね。

しかし、現時点で少しでも可能性を求めるとしたら…

・太っている人は標準体重まで痩せる

・糖質制限をする

・インスリン抵抗性改善薬を使用する

・運動を継続する

このぐらいではないでしょうか?

 

 

ベータ細胞に余計なストレスを極力かけないようにしながら、失われたインスリン分泌能力が「復活」出来るようになる日が来るのを待ちましょう。