女性と妊娠と糖尿病

妊娠は大きな試練…

日本の若い女性は諸外国と比べても痩せている人が多いのですが、それでも妊娠すると約1割もの妊婦さんが「妊娠糖尿病」になります。

妊娠糖尿病は、それまで糖尿病ではなかった女性が妊娠して胎盤から出るホルモンがインスリンの効きを悪くすることで生じる耐糖能異常です。

産後は元に戻ることが多いですが、妊娠糖尿病を経験した女性がいずれ2型糖尿病になる確率はそうではない女性の7倍以上です。

じつは、よっしーも妊娠糖尿病経験者です。たいしたことはなかったので特にインスリンなどの治療はしなかったわけですが。

 

 

子供が申し訳なさそうに「お母さん、私を産んだから糖尿病になったんじゃないの?ごめんね」と言ったことがあるのですが、子供を産んだから糖尿病になったのではなく、もともと糖尿病になりやすい体質の私だからこそ妊娠糖尿病になったのでしょう。

ホルモンによりインスリンの効きが悪くなっても、すい臓が強い人はそれに見合うだけのインスリンを分泌して調整できますからね…

 

妊娠糖尿病経験者はその後も注意しましょう

妊娠糖尿病になるということは、糖尿病になりやすい体質を生まれつき持っているということです。また、糖尿病になりやすい体質は高い確率で子供に遺伝すると言われています。

1型糖尿病は誰にでも突然発症する可能性がありますが、2型糖尿病は遺伝とのかかわりが深いとされています。

だから妊娠糖尿病を経験した女性は、産後「あーこれで好きなものを好きなだけ食べまくってやるわっっ♪」と思うでしょうけど、母子ともに食生活に気を付けてくださいね。

また、特に女の子をお持ちのお母さんは「将来、かわいい娘が自分と同じ思いをするのではないか…」ととても心配になると思います。

 



 

確かに何も考えずに普通に食べていれば同じことを繰り返してしまうかもしれませんが、産婦人科医の宗田哲男先生のクリニックでは、1度目の妊娠が妊娠糖尿病でも2度目は糖質制限食を実践して妊娠糖尿病にならずに普通に出産できた患者さんたちがいらっしゃるそうですよ。

「妊娠すると妊娠糖尿病になるのは仕方がない」と思うかもしれませんが、農耕が開始される前の大昔の人間や野生動物がこんなに高い確率で妊娠糖尿病になるとは思えません。

原因は、みんなが当たり前だと思っている現代の食生活にあるのかも…?

 

糖尿病の女性がこれから妊娠を考えている場合は?

よっしーは妊娠してから耐糖能異常になりましたが、すでに糖尿病と診断されている若い女性がこれから子供を産みたいと思うことだってあるでしょう。

血糖コントロールが悪い状態で妊娠すると、赤ちゃんに異常が出やすくなったり、妊娠中に網膜症や腎症が悪化するなど母体にも良くないことが起こりやすくなるので、必ずコントロールをきちんとしてから医師の許可を得て妊娠するようにしてください。

ただし妊婦さんの糖質制限については、まだまだ理解のある医師はほとんどいないのが現状です。よっしーの糖質制限を容認してくれている糖尿病内科の主治医も、以前別の受け持ち患者さんが妊娠した時には、糖質制限に大反対したそうですよ。

 

 

…その女性は糖質制限を続け、結局インスリンなしで何ごともなく健康な赤ちゃんを出産なさったそうですが(*´艸`*)うーん、会ってみたい!

⇒日本糖質制限医療推進協会 提携医療機関リスト

妊婦さんの場合は、各種栄養素(糖質以外!)や摂取カロリーが不足しないようにしなければいけないため、自己流の糖質制限だと確かに良くない場合があると思います。千葉の方であれば、宗田医師の指導を受けられるのですけどね。

自分でよく考えて、何ごとも自己責任で体調と相談しながら血糖コントロールを行ってくださいね。

 

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





正常血糖ケトアシドーシスって何だ?

ケトアシドーシスは糖尿病の急性合併症


「糖尿病性ケトアシドーシス」って聞いたことがありますか?

これは、何らかの理由によりインスリンの作用が極端に不足することにより、血糖値は高いにも関わらず体はその血糖をエネルギーとして利用できなくなります。

体はブドウ糖を利用できないので、代わりに脂肪を分解してエネルギーをつくり出します。このときに「ケトン体」が血液中に急に増える(=ケトーシス)のです。

通常の状態であればケトーシスになっても血液は酸性にはなりません。呼吸によりちゃんと調整されるのです。

ところが、インスリンの作用が欠落してしまうと、この調整がうまく出来ずに血液が酸性に傾きます(アシドーシス)

症状は高血糖・嘔吐・腹痛などの消化器症状、また脱水状態になったり、呼吸が苦しい、放置すると昏睡状態に陥って死亡することもあるので、早い処置が必要な危険な状態です。

普通は1型糖尿病の方がインスリン注射を打ち忘れたときなどに起こりますが、若い2型糖尿病患者が夏場に清涼飲料水を飲みすぎたときなどに起こることもあります。

このように「糖尿病性ケトアシドーシス」は大変恐ろしいものです。

糖質制限が原因!?


さて、先日の糖尿病内科でのよっしーと主治医の会話。

主治医「よっしーさん、体調が悪くなったことはない?」
よっしー「はぁ???別にないですけど、どーしてですか?」
主治医「糖質制限してると、正常血糖ケトアシドーシスになることがあるんじゃないかと思ってさ」

よっしーは何年も前からきっちり糖質制限をしていますが、体調はバッチリです。
でも主治医のおっしゃってた「正常血糖ケトアシドーシス」が気になったので、後で調べてみることにしました。

普通、糖尿病性ケトアシドーシスではかなりの高血糖になりますが、血糖値が正常値に近くても嘔吐・倦怠感・体重減少などの症状がある場合には「正常血糖ケトアシドーシス」の可能性があるということです。

そしてこれは、いまかなり処方されている糖尿病の飲み薬「SGLT2阻害薬」を服用した患者が手術、高強度の運動、心筋梗塞、脳卒中、重症感染症、長時間の空腹状態などのストレス下に置かれた場合に発生しやすいこと、それもインスリン依存状態の患者において起こりやすいということが分かりました。

きっと主治医は「糖質制限=ケトーシス」と考えてよっしーのことを心配してくださったのだと思います。しかし前述したとおり、インスリンの作用がある程度以上保たれている場合では、かなり血中ケトン体が増加してもアシドーシスにはならないのです。

よっしーは実験してみたことが何度かありますが、血中ケトン体のうち「ベータヒドロキシ酪酸」が5000mol/Lを超えたことがありますが、全く何ともなかったですよ♪

糖尿病薬は、死亡例があっても処方している


病院主催の糖尿病教室で、糖質制限をあまり快く思っていないらしい医師(よっしーの主治医ではない)は「SGLT2阻害薬は案外副作用が少なくていい薬ですねぇ」とおっしゃっていました。

たとえ正常血糖ケトアシドーシスなどのリスクがあっても、それ以上にベネフィットがあるから薬を患者さんたちに処方しているわけですよね。

だったら、糖質制限も同じだと思うのですがね…

ただ、糖質制限であってもSGLT2阻害薬であっても、インスリン依存状態の糖尿病患者さんの場合はやはり細心の注意が必要だと思います。

何か変だと思ったら、すぐに受診するようにしましょうね。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





血糖値は低ければ低いほどいい?

血糖値が低いほうがいい?


おそらく、当ブログに興味を持って読んでくださっている皆様の多くは、血糖値が高めで悩んでいらっしゃることでしょう。

ですからつい「血糖値が低い人が羨ましい」と思ってしまいがちです。
確かに血糖値が高いのは大いに問題ですが、実は、血糖値は低ければ低いほど良いわけではないんですよ。

今回は、そんなちょっと怖い話です。

インスリンを分泌する腫瘍


血糖値の正常値は、空腹時で70~110とされています。
健常者やごく軽度の2型糖尿病の方は、この範囲内におさまっている方が多いでしょう。
しかし糖尿病が重くなってくると、何も食べなくても空腹時の血糖値は高くなります。
200を超える方もいます。

血糖値を下げるホルモンは、すい臓のベータ細胞から分泌されるインスリンだけです。
糖尿病の場合はこのインスリンの分泌が少ないか、ちゃんと分泌されてもうまく働きません。

しかし逆に、インスリンが分泌されすぎる病気があります。

すい臓のベータ細胞が腫瘍化して「インスリノーマ」になると、たとえ血糖値が低い時でも関係なくどんどんインスリンを分泌してしまいます。
その結果、頻繁に低血糖気味になってしまうのです。

ヒトのインスリノーマは90%が良性なので、手術して切除してしまえば大丈夫みたいですよ。

血糖値が乱高下する


また、主に糖質の摂りすぎによってグンと血糖値が上がり、その後にインスリンが急激に分泌されて血糖値が急に下がりすぎることによって、不快な症状が現れます。
これが「機能性低血糖」です。

通常、インスリンが分泌される量やタイミングは絶妙に調整されているのですが、この調整がうまくいかない人は機能性低血糖になりやすいんです。

このような人がいまの食生活をそのまま継続すると、将来糖尿病になりやすいです。
高血糖と低血糖を繰り返しますので、過去2か月の血糖値の平均を反映するHbA1cは正常値であることも少なくありません。

機能性低血糖があると

・極度の疲労感や頭痛、めまい

・食後の強烈な眠気

・うつ、不眠、イライラ

などの症状が出やすくなります。
特にメンタル面に悪影響が出るのが特徴ですね。

あなたの周囲にもいませんか?

いつも甘いものを食べていて、「甘いものを食べないと具合が悪くなるの!」と言い、甘いものを切らすとイライラして周囲に当たり散らしたり不機嫌になる人が…

その人はもしかしたら、自分でも気付かないまま「機能性低血糖」で苦しんでいるのかもしれません。

高くても低くてもいけない血糖値


血糖値が非常に狭い範囲内で調整されているのは、血糖値が高すぎるのも低すぎるのも健康に良くないからです。

つい血糖値が高いことだけに目を向けがちですが、低いことも決して良いことではないということを忘れてはいけませんね。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス