痩せの大食いの人は糖尿病にならないの?

何とも不公平に思える…

たまに、どれだけ大食いしてもちっとも太らない体質の人がいますよね?そういう人を羨ましいと感じている方は多いはず。

で、そういう方は2型糖尿病になることはないのか?とふと気になりました。

 

 

結論から書くと、痩せの大食いの人も2型糖尿病になることは十分にあります。これはいったいどういうことなのでしょうか?痩せているのに。

 

食べても太らない人はインスリン分泌能力が低い

どれだけたくさん食べても太らない人といっても、その原因はいろいろあるでしょう。腸で栄養を吸収しにくい体質ということもあるかもしれません。

しかし1つの原因として「もともとインスリンを分泌する能力が低い」ことが考えられるそうです。

アメリカ人などで高度な肥満の人が多いのは、彼らはインスリンを分泌する能力が高いので、食べたものをどんどん体脂肪に変えて蓄えることができてしまいます。

インスリンは、余った糖質をせっせと体脂肪に変えますからね。

 

 

ある意味、すごく太れるのはインスリンをたくさん分泌できるからと言えるでしょうね…もっとも、さすがに限界を超えると糖尿病になりますが。

一方、日本人に多いのは、インスリンをあまり分泌できないため、それほど太っていないのに糖尿病を発症するタイプです。

日本人で新たに2型糖尿病と診断されたとき、半数の患者は標準体重の範囲内にあるのだそうですよ。

 

太らないからと言って油断はできない

生活習慣病=肥満が原因というイメージがどうしてもあるので、痩せの大食いタイプの人は「私は食べても太らないから♪」と油断してしまいがちです。

同一人物であれば太っているよりも痩せているほうがインスリンの効きは良くなるので肥満は解消するべきですが、逆に「痩せているから糖尿病の心配はない」とは言えないんですね。

単なるダイエットと糖尿病の予防・改善のための食事療法を混同してはいけないと思うのは、このためです。

 

痩せの糖質大食いはガンにかかりやすい!?

また、痩せの大食いで糖質を好んで食べる方で糖尿病にも一向にならないという場合、ガンになるリスクが高いのではないかとも言われています。

確かに、この条件にあてはまる方はちらほらいらっしゃる気がしますが…皆さんはどう思われますか?

下のグラフは末廣医院様のサイトからお借りしました。

 

 

まだ結論ははっきりと分かっていないこともありますが、ひとつだけ現段階で言えることは「痩せているからといって油断してはいけない」ということではないでしょうか。

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





薬剤による糖尿病に注意!

薬が原因で糖尿病に!?


糖尿病の多くは2型糖尿病であり、生まれつきの遺伝的な素質に生活習慣が加わって発症します。
また1型糖尿病は、何らかの原因ですい臓のベータ細胞が破壊されて起こります。

しかしその他に、薬剤が原因で糖尿病になる場合があるんです。

よっしーの友人にも、家族には誰も糖尿病患者がおらず、子供の頃からスポーツ万能なのに、ある薬を服用していて境界型糖尿病と診断された人がいます。

もちろん、もともと糖尿病のあった人が薬剤によってさらに悪化することもあります。

だから、薬の服用に際しては気をつけないといけないんですね。
副作用が全くない薬などありませんから…

高血糖をもたらす薬


では、具体的にどんな薬剤が高血糖・糖尿病を起こしやすいのでしょうか。

高カロリー輸液…高濃度のブドウ糖が入った点滴は、もともと糖尿病のある患者ではもちろんのこと、そうでない方にもかなりの負担となります。

一部の精神病薬…食欲を増進させる副作用のあるものがあり、肥満が起こりやすく、したがってインスリンの効きが悪くなって糖尿病になることがあります。
また肥満とは関係なく、直接すい臓に影響を与えると考えられるものもあります。

フェニトイン(抗てんかん薬)…すい臓のベータ細胞に作用して、インスリン分泌を阻害します。

βブロッカー…インスリンの分泌とインスリンの効きの両方を悪くします。

免疫抑制薬…インスリンの分泌とインスリンの効きの両方を悪くします。

一部の利尿薬…インスリンの分泌を低下させます。

エストロゲン、成長ホルモンなどホルモン剤…インスリンの効きを悪くし、血糖を上昇させます。

ステロイド…肝臓での糖新生を促したり、インスリンの効きを悪くします。

インターフェロン…インスリンの効きを悪くします。

血糖値が上がったら医師に相談を


上記は代表的なものですが、この他にも血糖値を上昇させ得る薬剤はあると思います。

原因となる薬剤を中止すれば速やかに元に戻る場合が多いとは思いますが、病気によっては、どうしてもその薬剤を中止するわけにはいかない場合もありますよね…

発生する頻度が低い副作用については、医師も薬剤師も薬を処方するときにいちいち説明してくれないと思います。

しかし実際問題として、飲んでみたら副作用が出てしまったということはやはり一定の確率であるんです。

何か薬を服用していて血糖値が上がってきたときには、医師に相談してくださいね。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





昔からあった糖尿病

2型糖尿病患者は昔からいた


日本人の糖尿病の95%は2型糖尿病です。
2型糖尿病は、近年の食生活の変化に伴って発生した病気だと思われがちですが…

じつは昔から、日本人の間でもみられていたんですよ。

もっとも、江戸時代ぐらいまでは平均寿命が40~45歳前後だったので、糖尿病が発覚するよりも前に亡くなっていた人は相当たくさんいたと思われますけど。

 

 

平安貴族の藤原道長が糖尿病だったことは有名です。
やたらとのどが渇いて水をたくさん飲み、視力がかなり衰えたという記録が残っています。

さらに道長の兄も叔父も甥も糖尿病だったということ。
これは遺伝性の強い2型糖尿病でしょうね。

織田信長もまた糖尿病で、合併症の神経障害に悩まされていたようです。

スイーツが大好きだった夏目漱石は、糖尿病になり、今でいう糖質制限のような食事療法をしていましたが、途中でやめてしまったようです。

 

食生活の欧米化が悪いの?


「食生活の欧米化が悪い」などと言われますが、食生活が欧米化するよりもずっと前から日本にも糖尿病患者はいたんです。

そして欧米でも、糖尿病患者は増え続けています。
元から高脂肪食だったことに変わりはないでしょうに。

食生活が欧米化したことで日本人の平均寿命は飛躍的に伸びましたが、長生きするようになったので糖尿病や認知症、ガンになる人も増えたということでしょう。

 

 

いずれも、40歳未満の若い人はあまりかからない病気ですから…
ちなみに江戸時代の医学書には、糖尿病やガンについての記述があります。

歴史的な事実として、昔の日本人の平均寿命は短かったです。
それは必ずしも食事のせいとは言えません。
しかし、昔の日本型の食生活が健康に良いと証明することはできません

根拠のない「昔はよかった」という言葉を信じるかどうかは、あなたの自由です。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス