AIで糖尿病の合併症の発症を予測!?

糖尿病腎症の発症をAIが予測する

人工知能の技術を使って、糖尿病の患者が半年後までにより症状が重くなる合併症を発症する可能性があるか予測するシステムを藤田保健衛生大学などの研究グループが開発したそうです。

糖尿病患者のそれまでのカルテのデータを入れると、半年後までに糖尿病性腎症を発症するか予測するのだそうです。過去の患者のデータを使ってシステムを検証したところ、71%の確率で正しく予測できたということです。

うーん、微妙!?

糖尿病腎症を発症することが予測できたとして、腎症になるのを防ぐことは可能なのでしょうか。仮に予防できるのなら、とても素晴らしいことですよね。

 

なぜ糖尿病合併症になるのか

糖尿病腎症は、血糖値の高い状態が長期間続くことで全身の動脈硬化が進行し、毛細血管の塊である腎臓の糸球体でも細かな血管が壊れ、網の目が破れたり詰まったりして老廃物をろ過することができなくなるとされています。

つまり、食後高血糖が起こらないようにコントロールすることがもっとも重要というわけですよね。初期の段階であれば、血糖コントロールだけで進行が止まったり改善することもあります。

 

 

糖尿病網膜症や神経障害など、その他の糖尿病合併症についても同じことが言えますね。

よっしーは糖尿病と診断された時点で腎症2期(アルブミン尿が出る段階)でしたが、それから進行しないまま止まっています。特に腎症の薬は飲んでいません。

 

ではインスリン注射と経口血糖降下薬を使えばいいのか?

血糖コントロールが重要だということは、インスリン注射や経口血糖降下薬をしっかり使って血糖値を強力に下げれば合併症にはならないのでしょうか?

残念ながら、そういうわけにはいかないようです。

⇒水野雅登医師のブログ記事「インスリンの3大慢性リスク」

 

 

糖尿病合併症にならないためには、ただ血糖値を下げればいいというわけではなく、過剰なインスリンを必要としない食生活がポイントのようです。

いったん合併症が出てしまうと、大変です。完全に元の状態に戻せるわけではありません。

長生きできる時代だからこそ、糖尿病であっても合併症に負けないように元気に生きていくことが大事ですよね。

 

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





健康はお金では買えないよ

若いころは病気なんて意識しない


この記事を読んでくださっている方の中には、まだ20代で病気も特にない、若くて健康な方もいらっしゃるかもしれません。そういう方が病気の話をいくら聞いても、なかなかピンと来ないでしょう?

 

 

よっしーも、若いころは、自分が糖尿病になることはないと思っていました

糖尿病は太って暴飲暴食した人だけがなるものだ、私たちは毎日運動もしてるし、ランチはサブウェイの野菜たっぷりのヘルシーなサンドイッチだし♪

20代は、そんな感じでした。

健康はお金では買えないよ だから、初めて血糖値が高いことが分かったときはすごくショックだったんですよ。
「私、何か悪いことした???」ってね。

今思えば「体に良かれと思ってやっていたアレコレが、実は間違っていたので努力が無駄になった」ということなんですけどね…

 

病気になると医療費がものすごくかかる


そうはいっても、糖質オフな食事はお金もかかります。

若い方は、食事はなるべく安く済ませて、余ったお金で洋服などを買いたいと思うかもしれません(ある友人は大学時代、ごはんと味噌汁だけの粗食ダイエットをしていて体調を崩しました…)

 

 

でも、いったん糖尿病などの病気になってしまえば、びっくりするほどお金がかかります
いま、よっしーは3か月に1度糖尿病内科に通っていて、診察代は2400円ほどです。

これが仮にインスリン注射と飲み薬何種類かということになれば、毎月2万円近く払っている方もいらっしゃいますよ。

ビクトーザという注射なんて、1本1万円ぐらいしますしね…(よっしーもこれを勧められました)他に、血糖測定に関する費用や眼科などの費用もかかってきます。

 

今のうちからちょっとだけ気をつけよう


いったん病気が悪化して視力が失われたり足を切断したら、どんなにお金を積んでももう視力や足は戻ってきません

だからこそ、そうならないように気をつけなければいけないのです。

若いころは、かなりひどい食生活をしていてもとりあえず死ぬことはないでしょうし、無理もできます。でも、その習慣のままで30代、40代になったとき、きっと後悔することになるでしょう。

 

 

どうか若くて健康なみなさんは、「ちょっとだけ」気を付けてください。
特にお父さんかお母さんが糖尿病の方は、痩せていても糖尿病を発症する可能性が高いです。

あとで後悔しないように、くれぐれも。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





糖尿病の人はうつ病になりやすい

糖尿病とうつ病の関係


糖尿病があるとうつ病になりやすく、また逆にうつ病があると糖尿病になりやすいという相互関係があるんだそうです。

確かに、よっしーの知る限り、糖尿病とうつ病やパニック障害などのメンタルの病気を併せ持っている方が何人かいますし、メンタルの病気で治療中に糖尿病を発症した人も知っています。

うつ病というと、ひたすら落ち込んでしまうと思いがちですが、時に被害妄想からとても攻撃的になることもあるのだとか。

 

 

糖尿病患者のよっしーとしては、気になるところです…
ちなみに、妊娠糖尿病の人はやはりうつ病になりやすく、またうつ病だと妊娠糖尿病になりやすいのだそうですよ。これはやっぱり何かがあるんですね。

でも、どうしてそうなってしまうのか?という点については、なかなか「これだ」と納得のいく説明がされていないようです。

 

共通の原因がある?


そんな中で、精神科医の藤川徳美先生のブログを見て「なるほど、そういうことかもしれないな」と妙に納得できました。

うつも、糖尿病も、共通の原因を持っているのではないかということです。
つまり、糖質が多すぎてタンパク質やビタミンやミネラルが不足した食生活です。

一般的には、メンタルの病気は精神的なストレスが原因で発すると思われがちではないでしょうか?でも、仮にそうだとしたら、よっしーもとっくにうつ病になっていると思います。

糖尿病と診断されたときの精神的ショックは相当なものでしたからね…

そういう精神的ストレスは引き金にすぎず、根本には食生活の問題があってもおかしくないと思います。

 

薬も良くないのかもしれない


また、よっしーの友人はメンタルの薬を何種類か飲んでいて糖尿病になりました。
家族には糖尿病患者は誰もいないそうです。

ちょっと調べてみると、若い人が長期的にメンタルの薬を服用していると糖尿病の発症リスクが高まるというアメリカの報告がありました。

その子は昔、スポーツが得意で運動神経抜群の明るい子で、まさか糖尿病になるとは想像もできないような子でした。

うつ病だと糖尿病になりやすいのは、薬のせいもあるかもしれません。

 

 

糖質制限を勧めてみたのですが、頭では分かっていてもなかなか実行できなくて甘い飲み物も好きなので困っているようです。

あまり追い詰めてはいけないので「何か困ったらいつでも相談して」とだけ伝えておきました。
早く良くなってほしいです。

このごろ、糖尿病の人もメンタルの病気の人も、とても増えてきているように感じます。
共通の原因があるのなら、何とかしなければね。




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス