たけしの本当は怖い家庭の医学・忘れられないトラウマ回

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


ものすごく怖かった回

昔、朝日放送で「最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学」というテレビ番組を放送していたことをみなさん覚えていらっしゃいますか?

よっしー、ずっと忘れられないトラウマになっていた回があります。それは2005年5月24日に放送された「本当は怖い早食い~蝕まれたスクリーン~」です。

 

 夫婦で定食屋を営むO・Nさん(35歳・男性)の生活は、最近、夕食をたっぷり食べても数時間経つとお腹がすいてしまい、また食べるという日々。やけに空腹感を感じるようになってきました。暑い厨房で一日中働けば、お腹がすくのも当然。健康な証拠とさえ思っていたO・Nさんだったが、やがて眼の中に黒いものがちらついたり、物が歪んで見えるように。もともと近視の彼は、そうした現象が視力の低下によるものだと思い込んでいたが・・・。

 

 

 

糖尿人のみなさんなら、何となくいやーな予感がしますよね?
そう、O・Nさんは糖尿病網膜症だったのです。子供の頃から早食いで、ご飯をかきこむように食べていたそうです。

自分が糖尿病であることにすら気付かず(自営業なので健康診断を受ける機会があまりなかった?)、目の異常の発見が遅れたため、ある日目の前が真っ赤になりました。

結局、両方の目を失明してしまったそうです…

 

怖いけれどどこか他人事だと思っていたかも

放送当時、よっしーは上の子を産んで妊娠糖尿病もすっかり治り(妊娠糖尿病って、産後は何もしなくても治っちゃう人がほとんどなのです)、毎日楽しく過ごしていました。

この番組を見て「まぁ…なんて怖いの…お気の毒に」と思いましたが、まさか自分もそうなるかもしれないとまでは思っていなかった気がします。

 

 

この患者さんは35歳。若い人の場合、糖尿病網膜症の進行が速い傾向があるそうです。

また、よっしーのように単純網膜症の段階だと血糖コントロールだけで自然に治る可能性が高いですが、ある程度以上悪化してしまうと、あとは何をしても完全に治すことはできないとか。

レーザー治療なども、それ以上視力を悪化させないためにやるのであって、「治る」わけではないそうです。だからこそ、少しでも早く対策を始めないといけないんですよね。

 

糖尿病網膜症のある方は医師の指示を守って

糖尿病網膜症がある方は、激しい運動を行うと眼底出血することがあるので必ず医師の指示を守ってください。

特に、網膜症の病状が進んでいる方・レーザー治療を受けてから半年以内の方は運動は禁忌だそうです。

 

上の表と解説は糖尿病ネットワーク様のサイトからお借りしました。

 

糖尿病網膜症だけではなく、腎症や神経障害がある方も運動制限がある場合があるので、主治医の指示に従ってください。

糖尿病に運動がいいからと言ってやたらと運動を勧めているサイトもありますので、くれぐれも自分の体と相談して気を付けてくださいね。誰も責任を取ってくれませんから…




ブログランキング・にほんブログ村へ



子供たちを食後高血糖から守りたい

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


子供も食後高血糖になる!?

Yahoo!知恵袋を見ていて、ちょっと気になる質問をいくつか見かけました。

5歳の娘は標準体重で、昨年小児科で検査したらHbA1c5.0(正常値)でした。でもこの前食後1時間の血糖値が172で、2時間後73でした。糖尿病予備軍でしょうか?母親は妊娠糖尿病歴があります

4歳の、よく体を動かす細身の子供です。特にたくさん食べているわけではなくジュースもたまにしか飲みませんが、食後2時間の血糖値が168ありました。家族に何人か糖尿病患者がいます

私はMODY(若年発症成人型糖尿病)です。先日、子供の血糖値を測ってみたら、起床時60でお餅2個食べて食後2時間後160でした。これは糖尿病の可能性がありますか?

 

 

1つ目と2つ目の方は母親が妊娠糖尿病経験者で、お子さんが太っていなくて幼いのに食後血糖値が高いことを心配されています。

3つ目の質問の方はMODYとのことですが、これ、よっしーも「MODYかもしれないね?」と知り合いの医師から言われたことがあるのでなんとなく怖いです。遺伝子検査をしていないので真相は分かりませんけど。

MODYは常染色体優性遺伝、体型に関係なく25歳以下で発症することが多いとされる糖尿病です。タイプがいくつかありますが、中には低カロリー食と運動だけでコントロールできるような軽度の方もいるそうで、一見普通の2型糖尿病と区別がつきにくいみたいですね。

とにかく、子供の血糖値が高いからと言って1型糖尿病ばかりではないということですね。

 

子供が(大人も)食後高血糖になっていても誰も気づかない

 

NHKスペシャルでも血糖値スパイクについて大きく取り上げられたことがありましたね。痩せている若い女性たちにも食後高血糖が見られたことはすごくショックでした。

でも、これ、たまたまテレビの企画で検査をしたから分かったけど、まだ糖尿病と診断されたことがない子供や若い人の場合、それが起きていることを知るなんて「自己血糖測定」でもしない限りまず無理だと思いませんか?

学校の尿検査は、朝起きた時の空腹時の尿を調べますよね。血糖値が170以上にならないと尿に糖は出ないと言うのに…あの尿検査は、ほぼザルです!

 

 

前述のYahoo!知恵袋の1つ目の質問のお子さんも、食後1時間の血糖値は高くても2時間後は完全な正常値で、HbA1cも5.0と完全正常値。これでは、食後高血糖が見逃されてしまい、ずーーっと年月が経ってとうとう空腹時血糖値が高くなってくるまでそのまま気づかれません

大人でも、同様のケースはかなり多いと思います。食後高血糖があっても、2時間後にはストンと下がるタイプの人はHbA1cも高くなりませんし、気付かれないまま動脈硬化が進行していきます。

ちなみに、経口ブドウ糖負荷試験で1時間後の血糖値が180以上あった場合、その他が正常値でも将来糖尿病になりやすいとされています。よっしーは妊娠糖尿病になった時、1時間後の血糖値が184でした。

 

子供のこと気を付けてあげてください

「うちの子は太ってないから大丈夫」ということはありません。特に2型糖尿病(と、実はその中に含まれているMODY)は遺伝する可能性が高いので、お子さんが太っていなくても食べるものに気を付けてあげてください。

糖尿病はもちろん心配ですが、特に夕食で糖質を食べ過ぎて血糖値が高い状態のまま眠りにつくと、成長ホルモンの分泌を妨げるので身長が伸びにくいといった問題が起こるそうです。

1型糖尿病を12歳の時に発症したバーンスタイン医師も、血糖コントロールがうまくいかなかったので身長が十分に伸びなかったと語っておられます。よっしーも、子供たちの夕食にはちょっと気を付けています。

 

 

また、5時間目の授業や塾の授業中に猛烈な眠気に襲われることもあるでしょう。うちの中学生のお友達は「塾なんて行ってもムダだよ、ちっとも成績上がらないもん」と言っていたそうですけど、もしかしたら授業中、集中できていないのでは?と思ってみたり。

糖尿病で治療しているみなさんは、病気の辛さを誰よりもご存じのはず。将来、お子さんやお孫さんが同じ苦労をしないで済むように、今から「ちょっとだけ」でいいので気を付けてあげてくださいね。




ブログランキング・にほんブログ村へ



血糖コントロールが良いのに糖尿病合併症に!?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


治療をしているのに糖尿病合併症が!?

内科医の水野雅登先生のブログを読んでいると、気になる記事を見つけました。インスリン注射やDPP-4阻害剤を使用している糖尿病患者さんの場合、HbA1cは低めなのに眼底出血や腎症が起きることがしばしばあるそうです。

これは、高インスリン血症による臓器障害と考えられているそうです。確かに、血糖値が比較的良好なのに合併症が進むというのはおかしいことですよね。

インスリンには細胞を増やす作用があり、これが網膜の異常な血管やガン細胞をも増やしてしまうのだと…

 

 

東北大学名誉教授の後藤先生は「理由ははっきりとわからないが、最初は無かったのにインスリン注射による治療開始後に患者に眼底出血が起こった例がある」と報告していらっしゃいます。

その疑問に対する答えが水野先生のブログ記事であり、新井圭輔先生の著書「糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい」ではないでしょうか?

 

 

糖尿病薬にも色々あります…

よく考えてみたら、真面目に糖尿病の治療に通っているのにジワジワと悪くなっていく方はかなり多いですよね。

決して、好きなものを食べまくっている不良患者だけが糖尿病合併症になっているのではありません。そのことは、色々な方のブログを見ていると分かりますよね。

 

 

糖尿病は血糖値が高くなる病気ですが、そこで「じゃあどんどんインスリンを分泌させて(または注射でインスリンを補って)血糖値を下げればよい」と思うか、それとも「インスリンをたくさん出せないのだから、あまりインスリンを分泌しなくてもいいように糖質摂取量を減らそう」とするかの違いです。

インスリンの分泌を促す糖尿病薬は、DPP-4阻害剤、SU剤など。

メトホルミンはインスリンの効きを良くしたり肝臓での糖新生を抑制する薬で、インスリン分泌量を減らします。

SGLT2阻害剤は余計な糖を尿の中に捨ててしまう薬なので、やはりインスリン必要量を減らすことが期待できます。

 

 

血糖値「だけ」に注目していてはいけません

高インスリン血症は認知症、ガン、動脈硬化、糖尿病合併症などのリスクを上げます。

そうであれば、糖尿病の程度が重くてインスリンの自己分泌が減ってしまった患者よりも、むしろ初期段階でインスリンは十分に分泌できる患者が糖質をたくさん食べてインスリンを多く分泌させる状態が長年続くことこそ危ないのではないでしょうか…

糖尿病合併症を防ぐためには血糖コントロールが重要だと言われます、それは確かにその通りだと思うのですが、血糖値「だけ」に注目すると、大切なことを忘れてしまうのではないでしょうか。

 

 

どんなに糖質を食べても、その分インスリンをたくさん注射すれば確かに血糖値は下がるでしょうね。しかし、体内には大量のインスリンが循環することになってしまいます。

もっとも、1型糖尿病の方はどうしてもある程度の量のインスリンは注射しなければいけません。糖質を制限すればいっさいインスリンを打たなくてもいいと考えてはいけません

アメリカの1型糖尿病の医師バーンスタイン先生も、1日数回インスリンは注射していらっしゃいます。ただし食事は糖質制限食なので、打つ量は少ないので、合併症にもなっていないのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ