リブレ・レポートpart4~ケトーシス~

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


昨夜、謎の高血糖になっていた!?

FreeStyleリブレを装着中のよっしーです。今のところ、センサー装着部位にかゆみや発赤などの異常はありません。

昨日、そろそろ寝ようかな…と思ってセンサーをスキャンしてみると、なぜか血糖値が130弱もあり「ど、どうしたの!?」と焦りました。

そういえばちょっと鼻水が出るけど、風邪気味?と思いながら眠りました。で、朝起きると、血糖値135!!

 

 

寝ている間の血糖値をチェックしてみると、ずーっと120後半~135の間をウロウロしていたようです。何があったのだ~。

その後だんだん下がっていき、今は106でした。もしかして、風邪のウイルスか何かが入ってきたのを、さっさとやっつけたのかしら?寝ている間に。鼻水は止まってました。

血糖値って、時々訳の分からない動きを見せることがありますね。リブレってやっぱり便利です♪

 

ケトーシスとは(おさらい)

さて今回は、FreeStyleリブレのレポート第4弾。今回はケトーシスについてのお話です。

ケトーシスと言うのは、体内でケトン体がたくさん作られて血中ケトン体が正常値(とされる数値)の範囲を超えて上昇することです。

 

 

上の表はメディマグ様のサイトからお借りしました。血中ケトン体検査(定量法)では130μmol/L未満が正常値で、2000μmol/L以上だと非常にヤバいということです。

この数値を頭に入れたままで、続きをお読みください。

 

断食(ファスティング)時のケトーシス

よっしー、体調の良い日を選んで24時間断食を行ってみました。過去に3日間断食を行ったことがあり、1日であれば特に問題なく行えることを確かめた上での実験です。

過去に断食したことのない方や糖尿病薬・インスリン注射を行っている方の場合、低血糖や体調不良に陥る可能性があるので絶対に医師の指導なしで行わないようにしてくださいね。

断食と言っても、ビタミンやミネラル等のいつも飲んでいるサプリメントと水で薄めたノンカフェインコーヒーを1日3杯だけは飲んでもいいというルールの、よっしー流ゆる断食であります。

この日は特に運動はせず、いつも通り買い物に行ったりして過ごしました。

 

 

FreeStyleリブレは、持続血糖測定だけではなく、専用の電極を使えば血中ケトン体も測定できちゃう優れものです♪

で、血中ケトン体の1日の変動はと言うと…

起床時2400→9時4200→12時5000→15時6400→18時6200→22時6900→深夜2時5700→早朝5時半5400

ここで断食終了しました。

普段からスーパー糖質制限をしているので、断食開始前からすでにケトン体は2400μmol/Lと「ヤバいレベル」に達しています。

そしてどんどん増えて、MAXで6900μmol/Lにまで上がりました。驚きですね!!この数値だけ見たら「今すぐ入院してください!!」と言われるレベルかもしれません。

 

MCTオイルでケトン体増加を促した場合はどうでしょうか?

今度は別の日に、通常の糖質制限食にMCTオイルをプラスして、血中ケトン体がどう増えるかを実験してみることにしました。

毎食ごとに、大さじ1杯のMCTオイルを足すのです。

 

 

MCTオイルは、ココナッツなどに含まれる「中鎖脂肪酸」だけを取り出したものです。ココナッツオイルは60%が中鎖脂肪酸ですが、MCTオイルは100%が中鎖脂肪酸です。

クセや味があまりなく、いろいろな料理に使いやすく、摂取すると直接肝臓に運ばれて速やかに分解され、体内でケトン体を増やしやすいとされています。

で、MCTオイルを摂取した場合、ケトン体はMAXで5400でした。

何も摂取しないよりはMCTオイルを摂取したほうがケトン体が出やすいのは確かだと思いますが、大さじ1杯程度の量ではそれほどは増えないのかもしれませんね。

 

断食とMCTオイルのケトーシスの違い

断食を行ってケトン体が増える時、そのケトン体は自分の体脂肪などを材料にして作られています。だから体重も減ります。

一方、MCTオイルでケトン体が増えるのは、ケトン体の材料となる油を摂取したからです。

難治性てんかんや認知症、がんの治療などの目的でとにかく血中ケトン体を増やしたい場合はMCTオイルを多めに食事に足すといいと思います。

 

 

しかし、自分の体脂肪を減らしたい場合や自分でケトン体を多く出せる体質になりたいと思う場合、MCTオイルの使用は補助程度に考え、食事の改善をするべきだと思います。

体質によっては、たんぱく質の摂取量が多いとケトン体が出にくい方もいます。この場合は少したんぱく質を減らして脂質の摂取量を増やしてみてください。

→詳しくは姉妹ブログの記事をお読みください。

 

生理的ケトーシスと糖尿病性ケトアシドーシスは違います

糖尿病の方、特に1型糖尿病でインスリン自己分泌のない方がインスリン注射を忘れたり風邪やインフルエンザなどで体調不良になると、時に「糖尿病性ケトアシドーシス」というとても危険な状態に陥ることがあります。

 

 

これはインスリンの作用がほとんど欠落しているため、血糖はたくさんあるのに体はその血糖をエネルギーとして利用できません。

何とかしようと体は大量にケトン体を作って対応しようとしますが、代謝はめちゃくちゃ、血液は酸性寄りになり、呼吸も苦しく、そのまま放置すれば昏睡状態になり死亡することすらあるのです。

しかし、インスリンがちゃんと働いている状態であれば、糖質制限食や断食でケトーシスになっても血液は酸性に傾くことはありません。

血液のpHは、呼吸によって緩衝されて狭い範囲内でちゃんと調整されているからなんですね。ケトアシドーシスになった時は、この調整がうまくいきません。

 

 

たまに「肉を食べすぎると血液が酸性に傾くので、アルカリ性食品を食べて中和しましょう」なんていう素人以下のことを書いている専門家(!?)のサイトがあってびっくりしてしまいます。

血液のpHが正常値からはみ出すということは、ものすごーーーく大変なことです!!食べたものによってそう簡単になることではありません。

逆にアルカリ性食品をたっぷり食べたからと言ってアルカローシスになることもありません。なるとしたら、重い高山病や嘔吐が続いた時です。

でも、どういうわけか信じてしまう方が多いのは残念なことです。

 

ケトン体は悪者ではないです

何らかの理由により、体内で大量の糖をエネルギーとして利用できない状況になると代わりにエネルギーとなるのが「ケトン体」です。

糖質制限食でケトン体が増えるのは、糖の代わりに脂質をメインエネルギーにしているからであり、そのこと自体は何ら危険なことではありません。

でも、まだまだ「ケトン体増加=糖尿病性ケトアシドーシス=危険」だと思っている方は少なくありません。本当にそうであれば、糖質セイゲニストはどんどん死んでいくでしょう。

だってケトアシドーシスって、本当に危険なんですから…(;^_^A

 

 

産婦人科医の宗田哲男先生の著書を読めば、ケトン体がヒト本来のエネルギー源であることがよく分かります。

今回のリブレの実験で、生理的ケトーシスが何ら危険なことではないことを、改めて実感することが出来ました♪




ブログランキング・にほんブログ村へ



リブレ・レポートpart3~アルコールと血糖値~

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


アルコールは血糖値を上げるの?下げるの?

糖尿人の中には、お酒が好きな方も多いでしょう。

アルコールは肝臓内のグリコーゲンをブドウ糖へと分解する作用を促進する働きを持っているため、一時的に血糖値が上昇する」とも言われますし、糖質をかなりたくさん含むお酒もありますよね。

↓↓こういう、女子が好きそうなお酒とか…

 

 

しかし、アルコールは肝臓での糖新生をブロックすると言われています。

アルコールは体にとっては毒なので、肝臓はまずアルコールの分解に一生懸命になり、その間、糖新生など他の仕事が十分に出来なくなるというわけです。

だとすると、糖質を大量に摂取している一般人なら問題なくても、糖質セイゲニストがアルコールを摂取すると低血糖になるのでは?と思い、FreeStyleリブレを装着して確かめてみることにしました。

 

糖質が少ないお酒を糖質セイゲニストが飲むとどうなった?

 

サントリーの「ストロングゼロ」は、100mlあたりの糖質が0.1~0.7g程度と低糖質なお酒です。これを350ml飲んでみました。けっこうアルコールがキツいです。

これを飲んだだけでは、特に血糖値には変化はなかったですね。

ただ、飲んだ後にごく軽い運動(ウォーキング程度)をするだけでも、血糖値はどんどん下がりました。簡単に80ぐらいになり、うっかりすると70台になりました。

糖質をほとんど摂取していない状態で運動すると、糖新生が十分にできない状態では低血糖になってしまうようですね、やはり。

それも、激しい運動ではなく、ごく軽い運動でもです。

 

アルコールによる糖新生ブロック作用を利用できる?

このことを利用して、寝る前に飲酒して翌朝の暁現象による血糖値の上昇を抑えられるのではないか?と考える方たちもいらっしゃいます。

よっしーも仲間内で試してみたことがあるのですが、私の場合はまったく効果がありませんでした。

もしかして、寝る前に飲酒しても翌朝までに肝臓でアルコールの処理が終了してしまい、したがって糖新生ブロック効果も切れるのでは?

ケメ子のウェブログ様のサイトに、その答えがありました。下の表もお借りしました。

 

お酒が体から抜けるまでの時間を知ってますか?「お酒の雑学」 | ケメ子のウェブログ
「ビールを何本飲もうが、5〜6時間経てば体からアルコールは抜ける」と勘違いされている方は多いのではないでしょうか?飲酒によって体内に摂取したアルコールが消化さ...

 

 

上の計算式に当てはめると、よっしーがサントリーのストロングゼロ1缶を飲んだ場合、4時間半ぐらいで肝臓でのアルコール分解処理が終了するという計算になります。

よっしーは22時半頃に寝るのですが、寝る前に飲酒したとしても、明け方に血糖値が上昇してくる時間帯になる頃には、もう糖新生ブロック効果は切れてしまっていますよね。

もちろん、アルコール分解能力にはかなりの個人差があります。もしかすると、アルコール分解能力が低い人の場合は、朝まで効果が長く続くのかもしれません

 

たとえ血糖値を下げられるとしても…

アルコールをうまく利用すれば、血糖値上昇を抑えることはできます。しかし、血糖値を測定しながらではないと、逆に下げすぎて低血糖になる恐れもあります。

そもそも、アルコールは飲みすぎれば体にとって良くないのは明らかです。血糖値だけ下げられても、他の病気になるようではまったく意味はありませんよね。

 

 

糖新生は、獲物が獲れない時でもヒトが低血糖にならずに生き延びるためにとても重要な役割を果たしてきました。

その重要なシステムがブロックされてしまうぐらい、アルコールの処理というのは体にとって重大事なわけです…

どうかくれぐれも、お酒の飲みすぎには気を付けてくださいね。




ブログランキング・にほんブログ村へ



みかん1個食べてリブレで血糖値を追ってみた。

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


 みかんは糖尿病にいい?

最近、あちこちで「みかんは糖尿病にいいらしいよ」という話を聞きます。

なんでも、みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」には2型糖尿病や脂質異常症を予防する効果があるということらしいですね。

朝日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」でも取り上げられたんだとか。見逃しちゃった。

 

 

ただ、よっしー、糖尿病と診断される前の年も含めて、秋冬は1日2個ぐらいみかんを食べてたんです。その他の季節も、果物は何かしら毎日食べていました。

野菜と果物=体にいい、という考えの家庭で育ったもので。

で、糖尿病ブロガー仲間のAYAさんのブログ記事を拝見して、よっしーもみかんを食べて血糖値を測ってみようと思いつきました。だって、子供の頃からみかんは大好きでしたもの。

 

みかん食べた。悲惨な結果が待っていた(涙)
【朝食】9:30 血糖値:103 アピドラ:9単位ライ麦入り食パン     1枚(26…

 

 

重症の2型糖尿人がみかん1個食べてみた結果

みかんMサイズを1個食べて、運動しないで血糖値を測ってみました。幸い、今の私にはFreeStyleリブレがついてます(*´艸`*)

今なら、どんな実験もやり放題です♪

 

 

で、気になる結果はと言うと…

食前97→30分後113→60分後119→90分後109→120分後102

22も上がってるやないかーヽ(`Д´)ノーー!! 計算上、糖質7.3g分に相当する上がり方です。ちなみに、みかんMサイズ1個あたりの糖質は約8.3gだそうです。

 

糖尿病で入院していたときの思い出

よっしーが糖尿病と診断されたとき、あまりにも血糖値が高かったため教育入院をしました。

その時は普通に病院食を食べてインスリン注射を1日4回していたのですが、妙なことに気付きました。

夕食後よりも、朝食後と昼食後の血糖値のほうがいつも明らかに高かったのです。

よっしー
ねぇ、なんで頑張ってるのにこんなに血糖値が上がるし痩せないんだろう?

看護師さん
そうねぇ…どうしてかしらねぇ…(;^_^A

 

 

朝食後に高血糖になるのは、糖尿人独特の暁現象も考えられますけど、当時はランタスという持効型インスリンを十分に注射していて朝起きた時の血糖値もかなり低かったです。

朝食後はともかく、昼食後の血糖値が高いのはなぜ?と思い出してみると、原因が分かりました。

朝食と昼食には、必ずデザートに果物がついていたんです。肉や魚が少ない代わりに…

 

β-クリプトキサンチンが含まれるのはみかんだけ?

 

上の表は、Wikipediaからお借りしました。みかん以外にも、パプリカや焼き海苔などからβークリプトキサンチンはしっかり摂取できるようですね。

みかんを売りたいと思う方たちには非常に申し訳ないけれど、よっしーはみかんを毎日2個食べていても2型糖尿病になったのは事実ですし、入院中にみかんを含むフルーツで食後高血糖になっていたのも事実。

そして、今回分かったように、しっかりと血糖値が上がってしまうのです、私の場合はね。

 

情報に安易に飛びつかないことです

みかんに限りませんけど、テレビや雑誌などでちょっと「〇〇がいいらしい」と聞いただけで、自分で血糖値を測ってみたわけでもないのに「〇〇がいいんだって~♪」と安易に飛びついちゃうのはどうかと思いますね。

聞いただけの知識をいくら集めても、実践が伴っていなければ何の役にも立ちません。大事なのは、自分の場合はどうなのか、血糖値を測って確かめてみることでしょう。

 

 

βークリプトキサンチン、その他「血糖値に良い」と言われているいくつかの物質が含まれている食材があるとしても、その食材に糖質がたっぷり含まれていたら、いい効果よりも悪い効果のほうが勝ってしまうことだって当然あるでしょう。

糖尿人のみなさん、みかんを食べる時は、食後血糖値がどれぐらい上がっているか1度自己血糖測定をしてみたほうがいいですよ。

よっしーは残念ながら1個丸ごと食べるのはちょっと多いかなぁと思ったので、次から、食べる時は半分ぐらいにしておこうと思いました。




ブログランキング・にほんブログ村へ