高血糖と「心臓」

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


糖尿病では心臓病のリスクが高い

糖尿病の人は、狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患になるリスクが高いことがわかっています。
なんと、そのリスクは3倍です。

血糖値が高い状態が続くと、血管が傷つきやすくなって、動脈硬化が進行していくのです。

 

(画像は国立循環器病研究センター様より引用)

 

心臓の筋肉は、冠動脈という太い血管から酸素や栄養の補給を受けとっています。

血液の流れが悪くなると狭心症が起こり、血管が詰まって血液が流れなくなると心筋梗塞が起こります。そして、心筋の細胞が死んでしまうと、命に関わります。

普通、狭心症や心筋梗塞の発作が起きると胸に激しい痛みがあるのですが、糖尿病神経障害があると痛みを感じにくいことがあります。そのため、発作に気づかないこともあります。大変危険です。

その他、糖尿病合併症の神経障害がある場合、時に危険な不整脈が起こって死亡することもあるそうです…

 

 

運動は医師の許可を得てから慎重に

高血糖による動脈硬化は、まだ医師から「あなたは糖尿病です」と診断されるよりも前の段階、糖尿病予備軍の段階からゆっくりと進行していきます。

「お医者さんから体重を落とすようにと言われたことだし、軽くジョギングでもするか…」と張り切って運動など始めると、狭心症の発作で…ということもあるんですよ。

運動に誘発されて発作が起こることもありますからね…

 

 

もともと高血圧の方や不整脈のある方、糖尿病で心臓が心配な方などは、高強度の筋トレやジョギング中に不幸にして亡くなることもあるんです。

診断された後にどんなに良好な血糖コントロールを保ったとしても、それまでの間に動脈硬化が進行した分は、そう簡単には無くなることはありません。

過去に高血糖だった方が健康のためにと運動を始める前には、どうか1度きちんと心臓の検査を受けてください。

そして、決して無理のないように行ってくださいね。




ブログランキング・にほんブログ村へ



インスリン注射の副作用

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


インスリン注射は正義の味方?


インスリン注射が発明されたおかげで、1型糖尿病の方が生き延びることができるようになりました。なぜなら、インスリンがまったく分泌されないと人は生きていけないからです。 この発明は大変喜ばしいことです。

しかし、インスリン注射は劇薬であり、そして副作用の可能性もあることについてきちんと認識した上で使わないといけません。

以下は、持効型インスリンとして広く使用されているランタス注ソロスターの添付文書より引用しました。みなさんは、これらの副作用のうち、どこまで説明を受けましたか?

低血糖 
アナフィラキシーショック
・過敏症 
・じんましん
・かゆみ
・肝機能異常
糖尿病網膜症の顕在化又は増悪 
・注射部位の発赤、腫脹、炎症、リポディストロフィー(皮下脂肪の萎縮・肥厚等)、 浮腫、疼痛、硬結
・ナトリウム貯留  
・浮腫

低血糖やアナフィラキシーショックは、命に関わる大問題です。
糖尿病網膜症の顕在化・憎悪というのは、大きな問題ですよ。

「インスリンで血糖コントロールして目の合併症を防ぎましょう」と言われたのに、逆にインスリンを使用したことによって網膜症が出てくるなんて、シャレになりません。


(表はメディマグ様より引用)

クスリにはリスクもある


現代医学の発展が、多くの人の命を救いました。
薬やインスリンが、たくさんの人を助けているのは間違いありません。
その恩恵は忘れてはいけません。

ただし、全てのクスリにはリスクがあります
ギャグではありませんよ…

そのリスクをきちんと知った上で、自分には本当にそれが必要なのかどうか、他に方法はないのか考えてみる。
どうしても使わないといけない人は、どんな付き合い方が良いのかを考えてみることが大事じゃないでしょうか。




ブログランキング・にほんブログ村へ



2型糖尿病患者にインスリン注射は必要か

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


糖尿病のいろいろ

糖尿病といっても、実はいろいろな種類があります。
日本人の糖尿病は、95%が2型糖尿病

これはインスリンの効きが悪かったり、インスリンの分泌が減ってしまったために血糖値が高くなります。肥満、生活習慣の他、遺伝(もともとの体質)もかかわっています。

1型糖尿病は、主に自己免疫によって起こります。
自分の体が自分のすい臓のベータ細胞を破壊してしまうので、インスリンが少量しか出なかったり、急激にまったく出なくなることもあります。

 

 

その他、妊娠してインスリンの効きが悪くなって一時的に糖尿病状態になることがあり、妊娠糖尿病と呼ばれます。

他の病気があって、その病気のせいで二次的に糖尿病になる場合や、薬の影響でなるもの、遺伝子の異常により起こる糖尿病もあります。

1型糖尿病でインスリンがほとんど分泌されない方は、生きていくためにインスリン注射が欠かせません。インスリンは、まったく分泌されないと生きていくことができないからです。

しかし2型糖尿病の場合はどうでしょうか?
食事療法・運動療法・経口血糖降下薬でも血糖コントロールがうまくいかない場合は、インスリン注射を勧められることがあるそうですが…

 

インスリンは少量で済むほうがいい

 

インスリンは絶対に必要なホルモンですが、体内に多く存在しすぎると動脈硬化・ガン・認知症・肥満などのリスクを増加させることが明らかになっています。

それは注射だろうと自己分泌のインスリンだろうと同じです。

高インスリン血症が糖尿病合併症の原因になっていると考える医師もいらっしゃいます。

「血糖値が下がらないからインスリンを打てばよい」というのは、とても危険な考えです。

どうしても出せない方は別ですが、ある程度インスリンを出す能力が残っている2型糖尿病では

「糖質オフな食事でインスリンの必要量を減らすこと」
「肥満の人は痩せて、インスリンの効きを良くすること」
「運動して血糖を消費し、インスリンの効きを良くすること」
「メトグルコなどの薬でインスリンの効きを良くすること」

なるべく少量のインスリンで済ませるためには、このような方針になるでしょう。

インスリンの効きが良いということは、少しの量のインスリンで足りるということです。

 

あなたにも注射は必要ですか?

インスリン注射の発明は、1型糖尿病患者の命を救いました。
それはとても素晴らしいことです。

2型糖尿病であっても、糖尿病性ケトアシドーシスなど緊急時にはどうしてもインスリンで血糖値をコントロールしてあげないといけません。

しかし、中には、インスリン注射を打たなくてもいいのに打っている人もかなりいるのではないでしょうか…インスリンが副作用が何もない正義のヒーローであれば問題はないんですけどね…

 

 

いま現在2型糖尿病でインスリン注射をしている人は、食事の糖質を見直すだけでインスリン注射を減らしたり、完全にやめられる人さえいます。

1型糖尿病の方も、インスリン量を減らせると低血糖になる危険性を減らすことができます。

ただしその調整は、糖質制限をよく理解している医師の指示のもとで慎重に行わなければいけません。




ブログランキング・にほんブログ村へ