もしもみんながフリースタイルリブレを保険適用で使えるようになったら…

いったんセンサーを装着するだけで14日間ずっと血糖値の変動が分かる

みなさんはアボットジャパンの「FreeStyleリブレ」を使ってみたことがありますか?これは皮下に装着したセンサーで間質液中のグルコース濃度をずっと測定してくれる優れモノです!

よっしーはインスリン注射をしていない2型糖尿病患者なので保険適用外なのですが、以前モニターさせていただいたことがあります。

間質液中のグルコース濃度というのは指先で測定した血糖値とは多少のズレが生じますし、入浴直後に異常に高い値を示したりとまだまだな部分もありますが、とても便利です。

センサーも楽天市場で販売されていますね、高いけど…インスリンを打っている方は病院で保険適用で出してくれると思いますが、その他の方も自費なら出してくれる病院もあります。

腕にセンサーを刺しっぱなしにするので、注射みたいに痛いんじゃないかと思われるかたもいらっしゃるかも。でも装着時、まったく痛みは無かったです!不思議です~。

さて、このフリースタイルリブレを仮にすべての糖尿病患者や糖尿病予備軍の方…もっと言えば日本国民みんなが自由に好きなだけ使えることになったら、いったい何が起こるでしょうか?

ドラえもんのひみつ道具の「もしもボックス」ではありませんが、今回は「もしもフリースタイルリブレをみんなが自由に使える世界になったらどうなるか」と考えてみようと思います。

にゃご
もしもボックス!これ知ってるぞ!ドラえもんのアニメで見た!

よっしー
本当にドラえもんがいたらいいと時々思うわ~♪

いろいろなモノを食べて食後血糖値を測るようになります

インスリン注射をなさっている1型糖尿病の方は別として、軽度の2型糖尿病の場合は病院へ行ったとき以外はまったく血糖値を測定しないという方もいらっしゃるはず。

その理由は「指を刺すのが痛い」「費用がかかる」「面倒くさい」など…まぁ「現実を見るのが怖いからイヤだ」という方も多いと思います。

現実を見たくないと思う方は、おそらくフリースタイルリブレが無料で配布されても使いたくないと思います。しかしそれ以外の方は喜んで装着するでしょうね。

いったんセンサーをガッチャン!と腕の裏などに装着してしまえば、あとは気が向いたときにリーダーでセンサーをスキャンすれば今この瞬間の血糖値がだいたい分かります。
糖質が多そうなものを食べて食後にこまめにスキャンすれば、血糖値がどのように変動しているかがハッキリと分かってしまうんですね。

いろいろなお店の方や専門家の方が一生懸命「野菜から先に食べれば大丈夫です」「白米と違って玄米なら血糖値が上がりにくいです」「お米はパンより血糖値が上がらないです」などとおっしゃっています。

みんながフリースタイルリブレを使えるようになれば、これらの情報が本当に本当なのかどうかをきっちり調べることが可能になっちゃうんですね~!!

最近ではリブレを使う方が少しずつ増えてきたので「た…確かに血糖値は上がりませんが、糖質制限すると筋肉が落ちますっっ!」なんて方向に行っているみたいです。

糖質制限で筋肉が減るかどうか確かめるために体脂肪計を買いましょう♪よっしーは3年半やっていますが、糖尿病発覚時に減っていた筋肉が回復してきました。全然減ってません。

筋肉は、無いよりもあった方がいいと思います。もっとも、ほっそり華奢な小学生の女の子たちはほとんど糖尿病にはならないので、筋肉さえつければOKなわけはないですけど…

ただ筋肉をつけるためには、必ずしも糖質は要らないってことです。上のマッチョなお兄さんの動画をご覧くださいませ。

インスリン注射や薬の使用量が減るでしょう

すべての糖尿病患者がフリースタイルリブレを使うようになると、どんなものを食べた時に血糖値が爆上がりするかを誰もが把握できるようになります。

「へぇー、この食品は管理栄養士さんは血糖値が上がりにくいと言っていたけど実際にはかなり上がるんだなぁ、食べないようにしよう」とか逆に「この食品は全然血糖値が上がらないんだな、安心だ」などと皆の食事が変わっていきます。

そうなってくると、食後血糖値を抑制するための食事用のインスリンや飲み薬などが不要になってきます。2型糖尿病の方は完全にこれらの使用をやめてしまう方も多いはず。

まだ糖尿病ではない方がフリースタイルリブレを使えば、新たに糖尿病を発症する方が非常に少なくなります。

1型糖尿病の方は少量のインスリンはどうしても必要ですが、血糖値の乱高下が少なくなるため低血糖や合併症などに苦しむ患者がぐっと減ります。

現在、糖尿病腎症からの人工透析に巨額の医療費がかかることが問題になってますが、これも減るでしょうね。糖尿病合併症が激減します。

国民は健康になりますが、製薬会社や糖質の多い食品を製造販売している会社、団体だけが非常に困る結果となります。

本気で糖尿病を減らしたいなら考えてほしいです

糖尿病患者が多い都道府県では、糖尿病を何とかして減らそうと色々な取り組みをなさっていると思います。

ただ、糖尿病を早期発見することだけに一生懸命になってもたいして糖尿病合併症は減りませんし、一般的に言われている「血糖値を下げる方法」があまりにも効果不十分なことも。

本当に本気で糖尿病患者を減らしたいのであれば、誰もが自分の血糖値の変動を自由に知ることができるようにすべきですね。測りたい人はこまめに測れるように。

今はまだテレビや雑誌やネット記事で医師や管理栄養士が何か言えば「あー専門家がこう言ってるんだからきっとそうなんだろうな」と素直に信じちゃう方が大多数です。

でも問題は、本当にそうなのか?医師が言っていることは自分にも本当に当てはまることなのか?を実際に確かめてみることがまだ少しハードルが高いということなんですよね。

みんなが自分の血糖値を測って困るのは、ごく一部の特殊な方たちだけです。しかもその方たちだっていつかは自分が糖尿病になる可能性があるんです。

本気で糖尿病をなくすためには、もしも…ではなく本当に「誰もが自由にフリースタイルリブレのようなシステムを気軽に使える社会」にしなければいけませんね♪

にゃご
糖尿病患者が自分の血糖値の変動を知ることは当たり前のことだし、まず知らないとどうしたらいいのかもわからないよな。

よっしー
そうよ、ごく当たり前のことが気軽に出来ないのは問題よね。費用の心配をしないで誰もがリブレを気軽に使えるようにしてほしいわ!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.