糖尿病薬に限らず全てのクスリにはリスクがあることを忘れてはいけない

副作用のない薬などない

よっしーが糖尿病と診断されたとき、インスリンの他に糖尿病の薬(グラクティブ)とコレステロールを下げる薬(リバロ)を処方されました。

リバロは主治医ではなく、入院中によっしーのエコー検査をしてくれたベテランの先生の指示で処方されたみたいな感じでした。

退院後の外来診察で、当時20代の若い主治医は「あのぅ…ちょっと変なことを訊きますが…」と何やらモジモジ。何だろう?

主治医は「これからお子さんを考えていますか?」と訊きました。よっしーにはすでに小学生の息子が2人いたので「やだぁ、もう要らないですよ~今さらwww」と答えたんです。

 

困った顔をする若い主治医の先生

 

すると主治医、ほっとした表情になって「ああ良かった。あのね、この薬は妊婦さんは飲んではいけないお薬だから…」

どうせこれから妊娠出産するつもりは無かったんです。だから別にどうということはないんです。でも、なんだか悲しい気持ちになりました。

妊婦さんに飲ませたら危険かもしれない薬をずっと飲み続けて本当に大丈夫なんだろうか?…結局リバロは、コレステロール値が下がりすぎたので怖くなって主治医と相談して中止しました。

あの時の若い主治医は、現在は転勤なさって他の病院にいらっしゃいます。お元気かしら。

 

なごみ
なごみ

妊婦さんが飲んではいけない薬はたくさんあるんですよね。

よっしー
よっしー

実際に妊娠出産する予定がないとしても、なんだか納得がいかないような気持ちよ💦

医師たちは薬のリスクに関してどう思っている?

よっしーの現在の主治医が以前「糖質制限って、長期間続けても大丈夫というエビデンスはまだないだろう?」とおっしゃったことがありました。

そこで「でも先生、私に処方してくださってる薬だってそれは同じでしょう?あの薬を何十年飲んでも大丈夫というエビデンスはあるんですか?」と尋ねると「うーん…それは確かにそうだね…」と。

その当時飲んでいた「グラクティブ」は、インスリン注射とほぼ同時期に完全にやめてしまいました。事後報告でしたが、主治医は「あ、そう」という感じで特に怒ったりはしなかったです。

 

切って切って切りまくる外科医

 

「糖質制限はエビデンスがない、でも糖尿病の新薬は意外に副作用が少なくて素晴らしい薬だ、もっと使うべきだ」とおっしゃる医師がいました。その薬で死亡例も出ているんですが💦

そして「自分の受け持ち患者は胃がんで胃を切除したら、モノが食べられなくなって痩せて糖尿病も良くなった。胃を切る手術はすばらしいな。日本でも自由にやれるようになるといいのに」と糖尿病教室でおっしゃっていました。

…がんの患者さんがどんな思いで胃を切られたか、その医師にはわかっているのでしょうか?「糖質制限は危険だ」とおっしゃるのに、胃を切り取ったり死亡例のある薬はオススメなんですね。

糖質制限食は製薬会社的には何のメリットもない

糖質制限食が流行ったら患者たちは改善するかもしれないけれど、それだと薬の売り上げは減るでしょうし、何のメリットもないのですよね。

糖尿病薬に関するいろいろな研究を見ていると「糖尿病薬の〇〇にこんなメリットがあることが判明した」とか「糖尿病薬の××には心臓への悪影響は認められなかった」とか、そのテのものが目立ちます。

研究にかかる費用を出しているのはどこだろう?と考えれば、なぜそうなるのかは明らかですよね。日本の医学研究の資金の半分は民間から出ています

仮に糖尿病薬よりも効果的なものがあったとしても、それをプッシュすることが自分たちの利益に反することであれば、そんな研究にお金を出すわけがありませんよね。

 

 

どんな薬にも必ずリスク(副作用)があります。クスリはリスクです。たとえ一定の割合で副作用が出てしまうとしても、それ以上に利益があるので今日も薬は処方されています。

たまたま薬を飲んで何の副作用も出なかった方たちが「糖質制限やめて薬を飲めばいいじゃないか」とおっしゃると悲しい気持ちになります。

よっしーの幼なじみには、家族に誰も糖尿病患者が居なくてスポーツ万能だったのに薬の副作用で境界型糖尿病になったと思われる男性がいます…彼の悔しさが分かりますか?

薬のリスクについて言及しないで「糖質制限は危険!」ばかり言うのはフェアではないと思います。なんといっても、実際に薬の副作用で苦しんでいる人たちが存在するのですから。できるだけ薬を使いたくない人たちが糖質制限をチョイスしたとしても、それを非難できますか?

 

よく主治医と相談して薬を飲むかどうか決めましょう

別に糖尿病に限ったことではありませんが「この病気でこういうケースではまず〇〇という薬を第一選択薬に。併用するなら××が良い」などというマニュアルはありますよね。

あなたが何かの薬を勧められたら、本当にその薬を飲む以外に方法は無いのかを主治医と納得がいくまでよく話し合うべきです。

よっしーの最初の主治医は「リバロを飲み続けるか、それともやめるかはあなたが自分で決めることです」とおっしゃいました。結果、やめても何の支障も無くてよかったです。

 

困った顔で話し合う若い夫婦

 

やめても結果的になんの支障もなかった薬を飲んで副作用が出ていたとしたら、こんなにアホらしいことってないですよね💦

薬は場合によってはどうしても必要なケースもあります。だから「とにかく薬を飲むべきではない」と言っているのではありません。

ただ薬には必ずリスクがあるわけだから、どうしても必要というわけではないのなら飲まずに済ませる選択のほうが良いのではないかということです。よく相談しましょう!

 

なごみ
なごみ

お医者さんとよく話し合って、自分が納得できるような治療を受けるべきですね。

よっしー
よっしー

黙って診察を受ければ主治医が魔法のように治してくれる病気ばかりじゃないからね。主役はあなたよ♪

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

糖尿病患者の気持ち
あなたの血糖値、大丈夫?~妊娠糖尿病→2型糖尿病患者の糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.