パン屋さんの棚の片隅に、ブランパンも置いてあると嬉しいと思うの。

糖質制限が広まってきたことは良いことなのですが…

この頃、糖質制限に対して理解のある方やお店がだんだん増えてきて、とても嬉しいです。以前よりもだいぶ糖質制限がやりやすくなりましたからね。

でも糖質制限が世の中に広まるにつれて、やっぱりそれを快く思わない人たちも出てくるのは仕方がないことなのでしょうか💦

先日、何人かの方が「自分は糖質も食べているので、この世の中の流れは辛い」的なことをおっしゃっていて、なるほどな…と思いました。

 

 

よっしーは病院で指導された方法ではちっとも血糖値が下がらなかったし糖尿病合併症にもなったので糖質制限していますけど、他の患者も全員糖質制限すべきだ!とは思っていないんですよね。

「日本中の糖尿病患者が糖質制限を始めたら困る。肉やチーズが値上がりして、自分のような裕福でない者はやっていけなくなるから」とおっしゃる方もいらっしゃいました。

確かにそれも大きな問題です。生まれつきの病気などで糖質制限できない方もいらっしゃいますし、すべての糖尿病患者が糖質制限をする日が来るとは思えません。

 

まじめん
まじめん

確かにそうですよね。みんなが同じ食事療法をするのは難しいと思います。

よっしー
よっしー

それにそもそも、全員同じ方法を選ばなくてはいけないという理由がないじゃない?

選択の自由があるといいなぁと思うだけ

糖質セイゲニストの誰かがパン屋さんに行き「これは全部糖質だから毒だ、けしからん!!このパンを全部撤去してブランパンだけを置くべきだ!」と言ったとしたら、批判されても仕方がないと思うんですよ。

なぜならそれは「押し付け」ですからね。ほとんどの方はそんなことをするわけがないと思いますけど…

私たちの多くは「このパンの棚の片隅に、1~2種類だけでもいいから私たちが安心して食べられる糖質オフなパンも置いてくれたらいいのにな」ぐらいの気持ちじゃないでしょうか?

 

パン屋でブランパンを探す女性

 

たくさんの普通のパンの中に1~2種類ブランパンが混ざっていたとしても、それがキライな人は買わなきゃいいだけですよね?

「ブランパンが好評になると、そのうち、お店のパンが全部ブランパンになってしまうかもしれない…」なんてことは、まず実際にはありえないでしょうからね。

アレルギー対応のパンがあればアレルギーの方も安心してパンを楽しめます。私たちもそれと同じように、糖質を気にしないで安心して食べられるパンが少しでもあればいいなぁと思うんです。

 

現状、日本では選択肢すら示されていません

よっしーがインスリン注射をしていたとき、インスリンの副作用として「低血糖」以外は何も説明を受けませんでした。でも、調べてみるといろいろとあることが分かりました。

どんな方法にもメリットとデメリットがあることをちゃんと伝えたうえで「あなたはどの方法を選びますか?」と言われるのならどんな結果になっても自己責任ですが、現状はまだまだですよね。

また、自分が上手くいった方法を他人に押し付けるのは間違っていると思いますが、中には他人が糖質制限で改善したという話を聞いただけで「ちゃんと糖質制限できていない自分が責められているように感じる」という方もいらっしゃるそうです。

 

何だかもやっとする女子高生

 

それは受け取る側の心の問題だけに、なかなか難しいんですよね…自分が成功した体験を語るのは、個人の自由ですもの。100人が100人とも満足する話なんて、どこにもありませんから。

原因や病状や体質は違っていても、みんな同じ「糖尿病」という病気を抱えている者同士。たくさんの選択肢があり、みんながそれぞれ自分の好きな方法を自由に選べればいいですね。

パン屋さんをはじめ、どのお店にも糖尿病の私たちが安心して食べられるものが1つや2つでもあればどんなにいいだろう…と思うのです。

 

まじめん
まじめん

「みんなが幸せに暮らせる」ってとても大事なことですよね。

よっしー
よっしー

世の中にはいろいろな人がいるのよ。糖尿病の人はかなり多いしね…みんな自分の問題として考えてくれると嬉しいわ。

糖尿病患者の気持ち
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪
あなたの血糖値、大丈夫?~糖尿病が心配な方々へ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.