知らないと損する!血糖値を下げる食材の真実

みかんと糖尿病の関係はどの程度?

この季節は、みかんが糖尿病患者の血糖値をどのぐらい上げるのかとても気になる方が多いみたいです。無理もありませんね。

朝日放送の「名医とつながる!たけしの家庭の医学」でみかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」には2型糖尿病や脂質異常症を予防する効果があると放送されたので、「みかんは血糖値にいいの?悪いの?」と迷う方が増えたのかも…

 

 

ガチ糖尿人のよっしーが普通のみかん冷凍みかんを食べて血糖値を測定してみたデータを参考になさってみてください。どうやら、冷凍みかんのほうが若干、血糖値は上がりにくいのかもしれません。

さて、日本でみかんの生産量1位は和歌山県・2位は愛媛県・3位は静岡県となっています(平成21年度のデータ)。

では、これらの県では他の都道府県と比較して糖尿病が少ないのかどうか気になったので調べてみると…

 

 

上の表は糖尿病ネットワーク様からお借りしました。ランキング上位ほど、糖尿病による死亡率が低い都道府県ということになります。

和歌山は27位、愛媛は25位、静岡は35位ですね。残念ながら、特に糖尿病死亡率が低いわけではなさそうです。まぁみかんの生産地だからと言って、他の都道府県よりもたくさん食べるとは限らないでしょうけど…

みかんは美味しいですし、よっしーは今でも少量食べることはあります。でも、血糖値は上がりますので、食べすぎに気を付けてくださいね。みかんの食べすぎで重篤な状態に陥った2型糖尿病患者さんもいらっしゃいますので…

ちなみに表を見ると、最も糖尿病死亡率が高い順に青森・秋田・福島・富山・鳥取…ですが、何か食べ物と関連はあるでしょうかね?どちらかというと、歩く量と関係がありそうな気がしますが。

 

血糖値を下げる食材ってあるのでしょうか

糖尿病その他の病気に関する民間療法をどっさり集めた健康雑誌というものがあります。よっしーも、実家の母が買ってきたのを貸してもらってたまに読むことがあります。

でも残念なことに、そういう雑誌に「〇〇で血糖値が急降下!」とか「××を食べるだけで血糖値が正常値になり医師も驚いた!」などと紹介されている食材を試してみても、「おおっ、これは効いた!」と実感したことは1度もないんですよねぇ…

糖尿病が改善すると言うクロムのサプリメントも飲んでみたことがありますが、まったく変わらなかったです。そもそも、クロムが不足している患者にしか効果はないらしいですね。

 

 

インスリンに似た働きをするというゴーヤも、ポリフェノールたっぷりのいろいろな食材も、すべて効果は分かりませんでした。残念ながら…

血糖値を下げる(らしい)サプリメントは、かなり高額なものも多いです。糖尿病で血糖値がイマイチ下がらずに困っている方がいらっしゃったら、変なサプリに手を出すよりも、主治医に相談してメトホルミン(商品名メトグルコ等)でも出してもらってはいかがでしょうか?

メトホルミンは肝臓でのインスリン抵抗性を改善し、空腹時血糖値を下げて安価な上、海外では50年以上前から使われていて安全性が確立している薬だそうです。

サプリ業者は何かあっても責任は取ってくれませんが、主治医はきちんと経過を見てくれるでしょう。

 

賛否両論の食材は多いです

また、同じ食材や飲み物が研究によっては「糖尿病に良い」とされたり、逆に「糖尿病に良くない」とされることがあります。こうなると、どちらが正しいのか本当にわからなくなってしまいますよね…

迷ったら「自分が糖尿病になる前にその食材をよく食べていたか?」を思い出してみてください。

 

 

よっしーの場合、玄米を毎日食べていて糖尿病になってしまいました。だから残念ながら「白米は良くないが玄米などのホールグレインであれば糖尿病の発症を防げる」と言われても困りますし、逆に昔は極力避けていた肉の脂身やバターは、現在では適量食べることにしています。

もしかしたら、それほど糖尿病体質ではない人の場合、白米を玄米に変えるだけで糖尿病の発症を予防できるのかもしれません。

江部康二先生はもともと玄米魚菜食を推奨していらしたこともあり、まだ糖尿病や糖尿病予備軍ではない方には「主食は未精製の穀物が好ましい」としていらっしゃいます。

 

こんばんは、今テニスから帰ってきた江部康二です。今、西洋医学では、一人一人の患者さんの体質に合わせて処方を工夫しようという、テーラーメード(tailor made)の薬...

 

ただ、それだけでは不十分な人もたくさんいるのだというわけですよね。江部先生も、運動もしていて玄米食をしていらっしゃったのに糖尿病になってしまったそうです。

ご両親が糖尿病だったそうなので、遺伝なのでしょう。

 

その健康情報、本当に真実ですか?

テレビの健康番組、個人のブログ、健康雑誌、企業のサイトなど、すべての健康情報が「公平な真実」であるとは限りません

自分たちの商売にとって都合の悪いことをわざわざ企業が載せるとは考えにくいですし、テレビ番組であればスポンサーへの配慮があります。

都合の悪い情報には、圧力がかかることだってあります。

健康雑誌の体験談は、そのサプリメントの通信販売と必ずセットになっていますし、個人ブログの何割かは「〇〇はとても血糖値にいいですが、食材から〇〇を十分に摂取するのは難しいので、この〇〇サプリがお勧めですよ」などと特定の健康食品の販売へ誘導していますよね。

 

 

「今、糖質制限ダイエットが流行っているようですが実は危険なんですよ…それよりも××のサプリメントをお勧めします」などと書いて自社製品を売ろうとする業者さんも多いです。

多くの情報には「意図」があります。純粋に自分の体験を踏まえて書かれている健康情報ばかりではありません。

だから、何かにすぐ飛びつくのではなくて、自分の頭でよく考えてみてほしいのです。

血糖値と食べ物
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪
あなたの血糖値、大丈夫?~糖尿病が心配な方々へ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.