糖尿病内科の管理栄養士さんが2型糖尿病になったのは何故?

バランスの良い低カロリーな食事で糖尿病発症を防げず

管理栄養士のまなさんは、以前病院で糖尿病の患者さんたちに「バランスの良い食事」の指導を行っていました。

職業柄、自宅での食事にもとても気を使っていて、1日1400kcalぐらいで野菜たっぷりの和食を心がけていたそうですよ。→まなさんのブログはこちらです♪

ところが両親と弟さんが2型糖尿病のまなさん、よっしーと同様に遺伝には勝てず、とうとうご自身も2型糖尿病を発症してしまいました💦

もともと不摂生をしていたという自覚がある方ならともかく、まなさんのどこが悪かったというのでしょうか…よっしーには、まなさんの気持ちが痛いほど分かります!

 

2型糖尿病を発症した管理栄養士さんの漫画

それまでいわゆる従来の糖尿病食のお手本みたいな食生活だったまなさんは、糖尿病と診断されて迷わず糖質制限を選択しました。

その結果体重は4か月で8キロ減り、HbA1cは6.8→5.8まで下がったそうです。良かったですね♪優しい孫のあっくんも、まなさんのことをいつも気遣ってくれるそう。

最近のあっくんは「ばぁばもバイキングレストランなら一緒にご飯食べられる?」とか買い物に行って「これ糖質が35gも入ってるよ!」などとチェックするようになったんですって。

よっしーにはまだ孫はいませんけど、糖尿病と診断されて入院してベッドでお腹にインスリンを注射している時、面会に来た息子たちはそれを見てとてもショックを受けていました💦

 

祖母を思いやる優しいあっくん

みなさんも、可愛いお子さんやお孫さんのためにも糖尿病に負けずに元気に長生きしなければいけません。この子たちの成長を見守らなければ…

でもそのためには、「今までの生活のどこがどうまずかったのか」を振り返って正しい対策を取らなければいけませんよね。

糖尿病内科で患者さんたちに栄養指導をしていたにも関わらず2型糖尿病になってしまった管理栄養士のまなさんの体験から学べることはきっと多いはずです。

 

にゃご
にゃご

糖尿病患者さんに栄養指導をしている管理栄養士さんか…誰よりも専門知識を持っているプロだよな!

よっしー
よっしー

糖尿病と無縁の方から見れば、そのようなプロの方が糖尿病になるわけがないと思われるでしょうね。

自分が糖尿病を発症して初めて分かること

ネットで「2型糖尿病」について検索するとたいてい「2型糖尿病の原因はもともとの体質(遺伝)に加えて高カロリー食、高脂肪食、運動不足などで…」と解説されています。

またよっしーが通っている病院の糖尿病教室に参加した時、主治医ではない医師が「糖尿病になりやすい体質は遺伝しますが、不摂生しなければ発症しません」とおっしゃいました。

これではまるで「2型糖尿病になるのは不摂生したせいだ」と言われているのと同じじゃないですか💦でも、まなさんや私のどこが悪かったんでしょうか。

糖質制限の江部康二医師はご両親が糖尿病で、パンはほとんど召し上がらず自宅では玄米、玄米を食べられない旅行先でもパンではなくご飯を選択していらっしゃいましたが結局糖尿病になってしまいました。

 

自分史、糖尿病発症に到る経過 。
こんにちは。2018年07月28日 (土)の本ブログ記事高雄病院と<ハンガーストライキ・断食・玄米魚菜食>3の続きです。今回は、私、江部康二が糖尿病を発症した経緯と糖質制限食にたどり着くまでです。すでに糖尿病を発症されている方も、糖尿病予備軍の方にも参考になる内容と思いますよ。<糖尿病発症と糖質制限食> もともと父も母...

 

恥ずかしい話ですが、よっしーもフィットネスクラブで働いていたとき自分と同年代(20代前半)の女性のお客様で糖尿病という方を見て「この人痩せてるけど甘い物が好きなのかしら?」と思い込んだことがありました💦

当時は自分で食後血糖値を測定したこともないくせに「玄米やジャガイモは血糖値の上がり方がゆっくりだから体にいいのだ」と思い込んでいたものです。

基本的に「脂質=悪」という考えだったので肉は鶏のササミをゆでたものばかり、脂身や皮は捨てていました。。ドレッシングはノンオイル、バターやマヨネーズは基本使わない。

「自分は父の遺伝で糖尿病になりやすいかもしれないから気を付けよう」と思っていたにも関わらず、結果的にその努力の方向が間違っていたためにこんなことになってしまったわけです。

 

今までの方法では糖尿病になる人は糖尿病になります!

「2型糖尿病は生活習慣病」と言われるので、患者さんたちに栄養指導をする管理栄養士さんはたとえ2型糖尿病になってもそのことを「自己管理が出来ていないと思われそう」と恥ずかしく思い、あまり公表しないのではありませんか?

でも内緒にしているだけで実は…という方はけっこういるんじゃないかと思いますよ。医師、看護師など医療のプロと呼ばれる方たちの中にも2型糖尿病患者さんは当然いらっしゃいます。

本来それほど糖尿病になりやすい体質ではない人でも、あまりにも不摂生が過ぎれば糖尿病になります。

でも、どんなに気を付けていても糖尿病になる人はなるんです。そのことをどうか分かっていただきたいと思います💦2型糖尿病への偏見はまだまだ根強いものがあるので…

 

大食いで2型糖尿病になったと誤解されている女性患者

 

「食べ過ぎをやめましょう」「白米を玄米に変えましょう」「適度な運動をしましょう」「あの食材を食べましょう」…その程度の誰でも知っているようなことで完璧に糖尿病を予防できるなら苦労はしません。

よっしーも自分自身が糖尿病になるまでは「2型糖尿病になるのはだらしない生活を送っている人だ。自分は食事にも運動にも気を付けているから大丈夫だ」と思っていました。でもそうではありませんでした。

現在「正しい」とされている「糖尿病にならない健康的な食生活」では必ずしも糖尿病発症を予防できないということを、もっと多くの方に知ってもらいたいです。

 

にゃご
にゃご

まなさんは変なプライドにとらわれずに今までの方法をガラリと変えることが出来たからこそうまくいったんだな。

よっしー
よっしー

そうよ、学校で習ったことが必ずしも正しいとは限らないってこと、自分が病気になってみて初めて分かることってあるわよね。

にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ

糖尿病予防
あなたの血糖値、大丈夫?~妊娠糖尿病→2型糖尿病患者の糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.