糖質を「毒」とは思っていません…ただ大量の糖質が「合わない」んです。

なぜか2型糖尿病になってしまった私

よっしーは若い頃フィットネス指導者として働いていましたので、たまにお客様から「夕食の主食を抜くのはどうでしょうか」と訊かれたら「とんでもない!糖質を抜くと筋肉も減るし脳にも悪影響が出ます。白米を玄米に替えましょう」と答えていました。

なぜなら当時はどのフィットネスの本や雑誌にもそう書いてあったからです💦「糖質は絶対に必要」「白い糖質は良くないが茶色い糖質は重要だ」「栄養バランスが大事」「魚以外のアブラは悪」そんな感じでした。

そして父が糖尿病にもかかわらず自分は糖尿病にならないのは、健康的な食生活と運動をしているおかげだと信じていたんです。

 

 

でも20代で妊娠したとたんに妊娠糖尿病になり「赤ちゃんの分しか体重も増えてないのに、おかしいな💦」と思ったんですよね。

決定的だったのは、4年前に糖尿病性ケトアシドーシスで緊急入院したことでした。「玄米なら大丈夫だと思ったのに、どうしてダメだったの?」と思いました。

とにかく自分には玄米であろうと大量の糖質は無理なのだということを、その時やっと認めざるを得なくなったんです…お米が大好きなよっしーにとって、これはとても辛い現実でした。

 

にゃご
にゃご

玄米なら血糖値が上がりにくいですって言っている人はたくさんいるじゃないか?それなのにどうして…

よっしー
よっしー

玄米で何とかなる人も確かにいると思うの。問題は、そうではない人もたくさんいるってことなのよ!

糖質を毒のように避けるのはケシカラン?

糖質制限をしているというと、中には「糖質(特にお米)を毛嫌いするなんて、ケシカラン!!」とお怒りになる方もいらっしゃいます。でも、私は糖質を毒だと思っているわけじゃないんですよ。

糖質が毒と思っているなら、野菜だって食べられませんよね…野菜にもある程度の糖質は含まれています。私は豆や野菜は普通に食べています。

ただ、ある程度以上の量の糖質を摂取すると、糖尿病患者であるよっしーの血糖値は上がります。これは感情を挟む余地のない事実です、血糖値はウソをつきませんから。

だからこそ「適度な量」に糖質をセーブする必要がありますし、血糖値を上げないための「適度な糖質量」は、世間の方たちが思っている量よりもずっと少ないのもまた事実なんです。

 

 

1回の食事で糖質を200g摂取しても大丈夫な人がいます。100gなら大丈夫な人も多いでしょう。50gぐらいなら正常血糖値を保てる人もいます…でも、よっしーは15g以下にしなければ💦

生まれ持った糖質処理能力には個人差がありますし、長年「これぐらいは普通だよね」と思って食べ続けてきた食事が、もともと低スペックなすい臓のβ細胞たちを過労死させてしまったのですから。

野菜や豆、コーヒーにさえ含まれている糖質は「毒」ではありません。しかし、糖質を大量に食べることはたまたますい臓が強い体質に生まれた方たちには問題なくても、よっしーたちにはとても良くないことなのです。

あなたはピーナッツやソバアレルギーの方に「美味しいピーナッツやソバを食べないとはけしからん!」と言えますか?彼らは嫌いだから食べないわけではなく、食べられないんです。

 

ちょっぴり食べるのはかえって辛いことも…

ご飯だってパンだって、ほんのちょっぴりの量ならたぶん食べても大丈夫だと思います。でも、もっとたくさん欲しくなるに決まっているので、最初から食べないほうがかえってラクなんです。よっしーはね。

「糖質が嫌いだから食べない」のではなく「糖質で血糖値が上がるから、上がらない範囲でしか食べない」のです。むしろ「糖質が好きで好きでたまらなかったので糖尿病になってしまった」と言うべきか。

ちょっと食べ過ぎたときは運動して、血糖値の上昇を防いでいます。運動で血糖値を下げられる量には限界があり、下げきれない量の糖質は食べません。

 

 

野菜や豆にも含まれているうえ、体内でも必要な分だけ作られている糖質は決して「毒」だとは思いませんが、節度のある付き合い方は必要だと思っています。

そして、どの程度外部から糖質を摂取しても大丈夫かはかなり個人差があると思います。一滴もお酒を飲めない方がいらっしゃるように。

正常に糖新生を行える体であれば、外部からの糖質の摂取は絶対に必要なわけではなく「嗜好品」と捉えています。嗜好品であれば、各自、自分でこれぐらいなら良いと思う範囲内で楽しめばいいのでは?

 

糖質の大量摂取が合わない人だってたくさんいる

Twitterのフォロワーさんたちからよく聞かせてもらうんですけど、糖質制限をしていると家族や友達からさんざん「今日ぐらいはいいじゃないの」「食べろよ、付き合いが悪い」などと言われるそうです。

おかしいですよね、アレルギーの人に同じことを言う人はまずいないのに。糖質の大量摂取が体質に合わない人はたくさんいるのに、そんな人にも食べることを強要するのはなんだかなぁ💦

現在、日本では妊婦さんの8~9人にひとりが妊娠糖尿病になり、40歳以上の国民の3人にひとりが糖尿病または糖尿病予備軍になる時代です。日本人は諸外国と比較しても肥満は少ないのに…

 

 

昔の日本では、糖質を多く摂取しても現代とは比べ物にならないほどきつい労働を行っていたのである程度チャラにすることができたかもしれません。もっとも、平均寿命がとても短かったので本当に健康だったのかどうかは分かりませんけど。

現代のライフスタイルでは「食べたものを全部消費してチャラにする」などということはほとんど無理なのですから、糖質を含め、食の在り方について見直してみる必要があると思うのです。

こんなにたくさんの方が糖尿病になるのは、明らかに異常事態です。みんなが普通だと思っている食生活は、本当に現代の私たちに適したものなのかどうか、ちょっと考えてみませんか?

 

にゃご
にゃご

なぜこんなにたくさんの人が糖尿病になるのかを考えないといけないね。

よっしー
よっしー

現代人は長生きするようになったから…という理由もあると思うけど、それだけじゃないと思うわ。

糖質制限
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪
あなたの血糖値、大丈夫?~糖尿病が心配な方々へ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.