血糖測定器で糖尿病を早期発見できる

病院で診断されるよりも早期発見できる

今や、日本人の5人にひとりは糖尿病か糖尿病予備軍になる時代です。年齢とともに糖尿病になる方は増えます。

遺伝的に若いうちに発症しやすい方もいますが、そうでない方も年齢とが高くなるほどリスクは増えます…高齢化が進めば、ますます糖尿病になる人の割合は増えていくでしょうね。

糖尿病は、早期発見することが大事です。発症後ずっとほったらかしていると、すい臓のベータ細胞はどんどん減ってしまいますし、糖尿病合併症も進行していきます。

だから、なるべく早い段階で発見して対策を始めることが大事なのです。

 

 

「でも僕、会社の健康診断で引っかかったことないし」って思っていませんか?

空腹時の血液検査や検尿では、ある程度進行した糖尿病しか発見できません。糖尿病の初期では、空腹時血糖値は正常で食後だけ血糖値が高くなる人が多いんです。

尿に糖が出るのは血糖値がある程度(170ぐらい)以上高い時だけなので、空腹時の尿を調べても尿糖は出ていません。

 

にゃご
えっ!会社の健康診断では初期の糖尿病は見逃されてしまうのか!?

よっしー
そうよ、だって普通は空腹時に検査をするでしょ?

 

 

自宅で血糖測定をしてみよう

血糖測定器は、糖尿病ではなくても誰でも自由に購入できます。楽天市場、Amazonなどでも売られています。ドラッグストアでも買えますが、品ぞろえはあまり良くないと思います。

主食をしっかり食べて、運動せずに1時間後に血糖値を測ってみましょう。たとえば7時に食べ始めたのなら8時に測ります(食べ始めてから1時間後)

血糖値が150を超えているようなら、ちょっと注意。200を超えているようなら、今すぐ糖質の量を減らす必要があるでしょう。

その人にとって、その量の糖質は処理能力を超えてしまっているということですから。本当に健康な方であれば、何をどれだけ食べても血糖値が150を超えることはないそうです。

 

 

 

 

お父様やお母様が糖尿病という方で、自分は痩せているし大丈夫だろうと考えていたのに、試しに血糖測定器を買って使ってみたら食後血糖値が高い(=血糖値スパイク)ことが分かったという人を何人か知っています。

その方たちは、まだ本格的に糖尿病を発症する前に危険を回避できたわけです。

血糖値の上昇が許容範囲内となるように糖質の量を調整して食べたり、食後に軽い運動を加えることで、血糖値の上昇を防ぐことができます。

「〇〇では血糖値は上がらない」とか「運動すれば血糖値は下がる」とか色々言われますが、個人差もあるので、自分の場合はどれだけ影響があるのか血糖値を測って実験してみることが大事だと思います。

 

 

いきなり血糖測定はちょっと抵抗が…という方は、尿糖検査紙をおすすめします。食後1時間経過してから検査して、尿糖が出たら残念ながらアウト。

腎性糖尿の方を除けば、普通は何を食べてもいつ測っても尿糖が検出されることはないんです。

真実を知るのはちょっと怖いかもしれませんが、2型糖尿病で合併症が出る前なら糖質制限を行えば普通に暮らせることがほとんど。まずは知ることから始めましょう。

 

HbA1cは過去の血糖状態を反映している

ところで、健康診断などでHbA1cを測定したことはありますか?これは「ヘモグロビンエーワンシー」と言い、過去1~2か月の間に血糖値が高い状態が続いていた場合はこの値が高くなります。

高血糖になると、血液中の余分なブドウ糖はヘモグロビンと結合してHbA1cとなります。ヘモグロビンは赤血球の中にたくさんあるタンパクで、体の隅々まで酸素を届ける重要な働きを持っています。

検査の前日に絶食したら血糖値は一時的に下がるかもしれませんが、HbA1cはすぐには変化しません…

HbA1cが6.5%以上だと糖尿病と言われますが、実はHbA1cが5.6%を超えている場合は糖尿病に片足を突っ込んでいるかもしれないので気を付けたほうがいいのです。

 

 

HbA1cは過去1~2か月の血糖値の平均がどのぐらいであったかを反映しますが、1日の中で血糖値がどのように変動したのかまでは分かりません。

たとえば空腹時血糖値が100で食後血糖値が140の人と、空腹時血糖値が75で食後血糖値が165の人は見かけ上、HbA1cは同じ値になるかもしれません。

でも、HbA1cが同じなら、血糖値が高い時と低い時の「差」が大きい人ほど、血管内皮に障害が起こりやすいことが分かっています。

食後だけ血糖値が跳ね上がる、いわゆる「血糖値スパイク」が動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、がん、アルツハイマー型認知症のリスクを高めるのですから、糖尿病だけの問題ではありませんよね。

 

もし「あれ?僕は糖尿病と言われたことがないけど、そのわりにHbA1cが高めだな」と感じたら、食後に血糖値スパイクが起こっているかもしれません。

会社の健康診断で空腹時血糖値が正常値でも、HbA1cがちょっと高めだなぁという時はすでに糖尿病になりかけているかもしれないので注意が必要です。

 

まとめ:早期発見することが大事です!

お医者さんが「あなたは糖尿病なので治療をしましょう」とはっきり言ってくれるまで放置すると、もう後戻りが出来なくなってしまいます。

糖尿病のごく初期の段階であれば、糖質制限等で正常型に戻る場合だってあるんです。いったんガチの糖尿病になってしまうと、もう「完治」することはありません。その時点ですい臓のベータ細胞の何割かはすでに死んでいるからです。

 

にゃご
ガチの糖尿病になってしまう前になるべく早く発見して対策を始めることが大事なんだね!

よっしー
少しでも早い発見が大事だわ、そのためには自己血糖測定をしてみましょうね♪

 

自分の血糖値を知る
記事が役に立ったらシェアお願いします~!
新規投稿を見逃さないためにフォローしてね♪
あなたの血糖値、大丈夫?~糖尿病が心配な方々へ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.