病気を「正しく恐れる」ことの難しさ

正しく恐れることの難しさ

あなたが怖い事は何ですか?

みなさんは今、何かを恐れていらっしゃいますか?もしかしたら新型コロナウイルス感染症が怖くてたまらないかもしれませんし、「いつか糖尿病合併症で目が見えなくなるのではないか?」なんていう恐怖がお有りかもしれません。

何に関してもそうですが、あまりにも危機感が無いのは困りものですけど過度に恐れすぎると何もできなくなってしまいますし、社会生活や心身の健康が心配です💦

そこで「正しく恐れることが大事です」と言われますが、何かを正しく恐れるというのはそう簡単なことではありませんよね。

 

 

 

みなさんは「正しく恐れる」ためにはどうしたらいいと思われますか?有名大学のお医者さんがツイッターで言っていることをそのまま信じますか?それともテレビ番組?

残念ながら、それらが必ずしも100%正しいとは言い切れません。悪意はなくても結果的に間違っていることもあるかもしれません。まだよくわかっていないのに断言しちゃう専門家もいらっしゃいます💦

自分でよく考えずにそのまんま信じ込んでしまうのは、戦争中の大本営発表を素直に信じ込む人と大して変わりません。

 

なごみ
なごみ

安心させてくれるような情報を無意識に探してしまうっていうのはあるかもしれません。

よっしー
よっしー

よくわからないけどなんとなく正しそう、という情報に振り回されてはいけないわ。

ただ怖がるだけではいけない!

「何か恐ろしいことが起こるかもしれない」と想像すると、とても不安になります。そして時に、その不安がどんどん大きくなって押しつぶされそうになることもあるでしょう。

私は以前「明日の朝、目が見えなくなっていたらどうしよう…」と怖くてたまらない事が時々ありました。

しかし、「怖いことが起こるかもしれない」と考えだしたらキリがありません。それこそ外に一歩出れば車に轢かれるかもしれませんし、誰がいつ急病で亡くなるかもわかりません。

 



 

目に関しては「大丈夫。私は2か月ごとにきちんと眼科に通っていて、普通の人があまり受けないような検査もしてもらっていて異常がないことを確認しているのだから。ある日突然失明するようなことになる確率は限りなく低いはずだ」と自分に言い聞かせました。

可能性を考えればキリがありませんが、良くない事が起きる原因となる行動をしていなければ、後は必要以上に怖がっても仕方がありません。

ただ怖い怖いという前に、きっとできることがあるはずです…自分でコントロールできない事を気にしてもしょうがありませんが、自分でできることはしましょうか。

 

ヒトは未知なるものに恐怖を感じる!

長男が幼稚園に通っていた頃インフルエンザで寝込んだのですが、ちょうどその時同い年のお子さんがやはりインフルエンザで亡くなったというニュースをテレビで観ました。

「うちの子もそうなったらどうしよう」と恐怖で泣き崩れる私に周囲は「大丈夫よ。大丈夫だから」と励ましてくれたものです。

よく考えたら幼稚園の同級生もたくさんインフルエンザにかかっていましたが、もちろんどの親御さんも不安だったでしょうけど、過度の恐怖でパニックに…という話は周囲では聞きませんでした。

ところが、昨今の新型コロナウイルス感染症に関してはどうでしょう。日本ではお子さんが亡くなることは今のところないにも関わらず、インフルエンザの死亡ニュースよりも強い恐怖心を抱いている方が多いような気がします💦

 

 

ヒトは、知らないものに対して恐怖心を持ちやすいそうです。インフルエンザは時に子供が亡くなることもあり、予防接種をしても絶対に大丈夫とは限らない病気です。

しかしそこまで人々がパニック状態に陥ることが無いのは、インフルエンザは「未知ではない」「毎年やってくるので対処方法が分かっている」「慣れている」からではないでしょうか。

まだよく知らない、慣れていないことに関しては過度に警戒しがちなのは仕方がない事なのかもしれません。

しかしその恐怖心から自分と意見の異なる人たちに対して攻撃的になったり、気分がふさぎこんだりしてしまうと困ってしまいますよね。

 

適度に恐れるのは当たり前の事!

わずかでも起こる可能性がある「恐ろしい事」を多少不安に感じるのは当たり前で、誰にでもあります。

恐怖心は脳の「偏桃体」という部分で発生しますが、この部分は同時に攻撃性と関係しているので、過度の恐怖によって偏桃体が過剰に反応して攻撃的になると考えられるそうです。

このごろはSNSで自分と意見の異なる人たちに対して専門家までが過度に攻撃的になっているのを見かけますけど、これも恐怖が引き起こしているのかもしれません💦

 

恐怖心と攻撃性について | 仙台 リウマチ科・内科の宗像靖彦クリニック
新型コロナウイルスの話題が途切れることがありません。StayHomeに関連して、「コロナうつ」などの話題も聞

 

「自分が怖いと感じているのはなぜか」「その恐怖を減らすためには何ができるか」を冷静に考えてみましょう。むやみやたらに怖がっても仕方がありません。

何かをまったく怖がらないのは難しいですが「正しく適度に恐れる」ことは大事ですね!そのためには何をどうしたらいいでしょうか。

 

なごみ
なごみ

恐怖を減らすために何ができるかを考えるのは良いですね。

よっしー
よっしー

恐怖心が強すぎると何もできなくなっちゃうから気を付けないといけないわね!誰かに相談することも考えましょう。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.