妊娠糖尿病または糖尿病合併妊娠の妊婦さん向けの過去記事まとめ

それまでは正常だったのに、妊娠して初めて血糖値が高くなった「妊娠糖尿病」。またはもともと糖尿病だった女性が妊娠した「糖尿合併妊娠」

お腹に赤ちゃんがいてただでさえ大変なのに、食事制限や血糖測定、インスリン注射…これから大丈夫なのか、自分や赤ちゃんは産後はどうなるのかと不安になりますよね?

よっしーは長男を授かったとき妊娠糖尿病と言われ、次男のとき再び妊娠糖尿病と言われましたがこの時は糖尿病合併妊娠であったのかもしれません。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

妊娠糖尿病でも大丈夫!ママは頑張っているんだから。

赤ちゃんを抱っこするママ

待望の赤ちゃん、それなのに「妊娠糖尿病です」と言われてしまったら誰もが不安になるでしょう。日本人の若い女性は諸外国と比較しても痩せている方が多いのに8~9人にひとりが妊娠糖尿病と診断されます

この記事では、当時まだ何の知識もなかったよっしーが「お医者さんの言うことを聞いていれば大丈夫だろう」とカロリーばかり気にした結果どうなったかを回想しています。

さすがに現代ではあんなことはないと思いますが…正しく対処すれば、妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠でも大丈夫です。

→妊娠糖尿病でも大丈夫!ママは赤ちゃんのために頑張っているんだから。(クリックで記事へ)

 

妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠の妊婦さんが食べてもいいおやつは?

糖尿病合併妊娠のママと娘ちゃん

妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠だと血糖値が上がり過ぎないように気を付けないといけませんが、お腹の赤ちゃんのために栄養はたくさん摂取する必要があります。

妊娠中のママが食べるべきおやつと食べてはいけないおやつを解説しています。赤ちゃんの成長に本当に必要なものは何なのかを知りましょう♪

 

→妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠の妊婦さんが食べてもいいおやつは何?(クリックで記事へ)

 

妊娠糖尿病だと出産方法は必ず帝王切開になるの?

帝王切開をする医師

よっしーは2度帝王切開をしましたが、妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠だからといって必ず帝王切開になるわけではなりません

長男の時は妊娠糖尿病とは無関係の理由により予定帝王切開が決まっていましたし、次男の時は「前の出産が帝王切開だったから今回も」ということでした。

この記事では、妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠で帝王切開を選択しなければいけないのはどういう場合かについて解説しています。出産にかかった費用や傷跡についても。

 

→妊娠糖尿病だと出産方法は必ず帝王切開になるの?(クリックで記事へ)

 

 

妊娠糖尿病が産後治らずに糖尿病になってしまったら?

 

糖尿病合併妊娠は妊娠する前からの糖尿病なので残念ながら「産後に治る」ことはありませんが、妊娠糖尿病の場合は産後は治ることが多いものです。

ただ、中にはそのまま境界型糖尿病や2型糖尿病に移行してしまう場合もあります。よっしーは産後2週間の検査ではなんとか正常値でしたが、いつの間にか2型糖尿病に移行してしまいました💦

妊娠糖尿病になるということは、もともと糖尿病になりやすい体質だったということです。もし産後に糖尿病に移行してしまったとしても、気を付けていれば糖尿病合併症の心配はありません。

→妊娠糖尿病が産後治らずに2型糖尿病に移行してしまった場合はどうする?(クリックで記事へ)

 

スリムな女性芸能人も妊娠糖尿病になるんです

 

2型糖尿病は生活習慣病というイメージが強いせいか、妊娠糖尿病というと何となく太っている女性や食べ過ぎている女性がががるのではないかと思われがちです。

そのような女性はもちろんリスクは高くなりますが、もともとの体質がかなり大きいので痩せていても大食いをしなくても妊娠糖尿病になります。

スリムな女性芸能人の方たちの中にも妊娠糖尿病を経験している方はちらほらいらっしゃいます。「私だけではないんだ」と思えば、なんとなく励みになりませんか?

 

→スリムな女性芸能人も妊娠糖尿病になるんです(クリックで記事へ)

 

母乳育児でママの2型糖尿病リスクが半減

 

赤ちゃんを母乳で育てるかミルクで育てるかなんて言うのはママが決めればいいことなんですけど、妊娠糖尿病だったママは可能であれば母乳育児にした方が2型糖尿病のリスクを減らせるようです。

もっとも、よっしーは息子たちを母乳で育てたにも関わらず糖尿病になったのであれなんですけどね。でも出来ることはなんでもやっておきたいですから…

 

→母乳育児でママの2型糖尿病リスクが半減(クリックで記事へ)

 

妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠のママが赤ちゃんにしてあげられること

糖尿病合併妊娠の女性が糖質制限で無事に自然分娩で健康な赤ちゃんを出産した

妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠で無事に赤ちゃんを出産したママがふと心配になるのは、可愛いわが子が将来糖尿病になるのではないかということでしょう。

2型糖尿病を発症しやすい体質は遺伝するので、ママがそうなったということはお子さんも将来そうなる確率は親がそうでない子供よりは高いです。

でも、だからこそママが気を付けてあげなければいけないことがあるんです。ママとお子さんがこれからずっと健康に長く暮らすために、できることをしてあげましょう。

 

→妊娠糖尿病・糖尿病合併妊娠のママが赤ちゃんにしてあげられること(クリックで記事へ)

 

なごみ
なごみ

ママも赤ちゃんも元気に健康に暮らしてほしいですね。

よっしー
よっしー

妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠に負けないで血糖コントロールを頑張ってほしいわね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去記事まとめ
スポンサーリンク
あなたの血糖値、大丈夫?~妊娠糖尿病→2型糖尿病患者の糖質制限漫画ブログ~
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.