私の糖尿病体験をMedical DOCの記事にしていただきました。

よっしーの2型糖尿病ブログ

Medical DOC(メディカルドキュメント)は800名以上の医師の方が監修なさっている、患者向けのとても分かりやすい医療情報サイトです。

このたび、私の糖尿病体験を取材していただき、『~実録・闘病体験記~ 「健康に気遣っていた私がまさかの糖尿病に…」』という記事にしていただきました。

 

~実録・闘病体験記~ 「健康に気遣っていた私がまさかの糖尿病に…」
糖尿病の家族歴があり、運動や食事内容などに人一倍留意していたというよっしーさん(仮称)。「糖尿病は必ずしもルーズな生活に起因しない」ことを周知すべく、今回の企画へ賛同していただきました。糖尿病にかかるとどんな生活が待って

 

2型糖尿病の世間一般のイメージはあまり良くありませんけど、単に食べすぎとか運動しない人が発症するのだ、というものではないということが少しでも分かってもらえるといいなと思います。

なお記事の中で監修してくだった医師の方が「糖尿病性ケトアシドーシスは1型またはかなり進行した2型糖尿病の人に起こる」「1度の検査で2型糖尿病と言われたとしてもそうとは限らない」という旨のコメントをくださいました。ありがとうございます。

実は退院直前のグルカゴン負荷試験は1型糖尿病患者さん並みの悪い結果でしたが、1年後の再検査ではインスリン分泌能力はある程度改善していると言われたので「2型糖尿病だろう」ということになっています。



すでに糖尿病合併症もあったので、当時の私は「進行した2型糖尿病」だったのだろうと思います。急速に高血糖になったのなら、まだ合併症はなかったはずですからね。

清涼飲料水をがぶ飲みするなど、短期間で急速に高血糖になった場合はHbA1cの数値は2ケタでもまだ糖尿病合併症はないのだそうです。その場合は清涼飲料水をやめて治療すれば改善しやすいとか。

診断から5年以上経ってじつは2型糖尿病ではなくゆっくり進行するタイプの1型糖尿病(SPIDDM)と診断名が変わった方も知っているので、もし変だなと思ったら主治医に相談してみようと思います!

Medical DOCさんは数ある医療サイトの中でも非常に新しい感じがします。他にも「血糖値を(直接)上げるのは糖質だけなので、妊娠糖尿病対策では糖質を控えてタンパク質や脂質をしっかり取りましょう」などと良いことが書かれている記事がたくさんあります。

 

にゃご
にゃご

いろいろな糖尿病のことを正しく知ってもらえると嬉しいニャー!

よっしー
よっしー

まだまだ誤解されていることが多いわね!

 

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.