ハロウィンのカボチャで血糖値は?

今日はハロウィンですね♪

今日はハロウィンですね。

よっしーが子供だった頃はまだ日本ではハロウィンパーティーなんてほとんど誰もやっていなかったような気がしますが、いつの間にかイベントが増えて楽しいですね♪

さて、糖尿病と診断される前は、ハロウィンには子供たちのためにカボチャのクッキーを焼いたりオバケ型のチョコレート菓子を作っていたよっしーですが、カボチャは糖質が多いし、どうする!?

…と思ったら、ちゃーんと糖質オフなハロウィンレシピを考案した方がいらっしゃる!素敵です♪

おからパウダー、ココナッツオイル使用&グルテンフリーで低糖質(糖質制限)ヘルシー仕上げです♪

卵デニッシュ部☆部長の神レシピ!卵デニッシュでシュー皮も簡単!低糖質!紫芋パウダーでハロウィン仕様のシュークリームに♪

昔のカボチャは甘くなかった?

カボチャの他にも、秋はサツマイモ、柿など、糖質たっぷりの甘いものがたくさん収穫できる季節です。だからこそ糖尿病人にとっては悩ましい季節でもあるわけですが…

でも、大昔のヒトが食べていたこれらの食物は、最初から現代のように甘かったわけではないみたいです。

古代アステカ・インカ・マヤ人はすでにカボチャを食べていたそうですが、当時のカボチャは今のように甘いものではなかったそうです。

ある時、突然変異によって甘いカボチャが出来、そのカボチャを栽培して、さらに品種改良を重ねて現在の甘いカボチャになったようですね。

また、日本では、1541年にポルトガル船によって初めてカボチャが持ち込まれたと考えられています。当時のカボチャは現在でもわずかな農家の間で栽培されているそうですが、甘みが少ないのでイマイチ人気がないとか。

やはり、昔の人たちが食べていたカボチャやその他の「秋の実り」は、現代のように甘かったわけではないようですね。

カボチャで血糖値は上がるの?

現代のカボチャは糖質が多いですが、実際のところ、血糖値は上がるのでしょうか?

よっしーは糖尿病と診断されて以来、あえてカボチャを食べて見たことはありません。市販のお弁当にオマケ程度についていたものを食べたことはありますが…

しかし、境界型糖尿病の女性ブロガーさんが実際にカボチャを食べて血糖測定をなさったそうです。

やはり、血糖値はしっかり上がるようですね…(´・ω・`)

よっしーの亡き祖母はカボチャが大好きで、ただでさえ甘いカボチャを、かなりたくさんの砂糖を入れてよく煮物にして食べさせてくれました。

大学生になり一人暮らしを始めてからも、週に1~2度はこのカボチャの煮物を作って食べました。

祖母は最後まで糖尿病になりませんでしたが、よっしーは父から糖尿病体質を受け継いでいたので、これがあまりよろしくなかったのだと思います。

糖尿人の皆さんは、カボチャの食べすぎにはやはり気を付けたほうがよさそうですね。

糖質に気を付けて、ハロウィンを楽しんでください♪

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.