AIで糖尿病の合併症の発症を予測!?

糖尿病腎症の発症をAIが予測する

人工知能の技術を使って、糖尿病の患者が半年後までにより症状が重くなる合併症を発症する可能性があるか予測するシステムを藤田保健衛生大学などの研究グループが開発したそうです。

糖尿病患者のそれまでのカルテのデータを入れると、半年後までに糖尿病性腎症を発症するか予測するのだそうです。過去の患者のデータを使ってシステムを検証したところ、71%の確率で正しく予測できたということです。

うーん、微妙!?

糖尿病腎症を発症することが予測できたとして、腎症になるのを防ぐことは可能なのでしょうか。仮に予防できるのなら、とても素晴らしいことですよね。

 

なぜ糖尿病合併症になるのか

糖尿病腎症は、血糖値の高い状態が長期間続くことで全身の動脈硬化が進行し、毛細血管の塊である腎臓の糸球体でも細かな血管が壊れ、網の目が破れたり詰まったりして老廃物をろ過することができなくなるとされています。

つまり、食後高血糖が起こらないようにコントロールすることがもっとも重要というわけですよね。初期の段階であれば、血糖コントロールだけで進行が止まったり改善することもあります。

 

 

糖尿病網膜症や神経障害など、その他の糖尿病合併症についても同じことが言えますね。

よっしーは糖尿病と診断された時点で腎症2期(アルブミン尿が出る段階)でしたが、それから進行しないまま止まっています。特に腎症の薬は飲んでいません。

 

ではインスリン注射と経口血糖降下薬を使えばいいのか?

血糖コントロールが重要だということは、インスリン注射や経口血糖降下薬をしっかり使って血糖値を強力に下げれば合併症にはならないのでしょうか?

残念ながら、そういうわけにはいかないようです。

⇒水野雅登医師のブログ記事「インスリンの3大慢性リスク」

 

 

糖尿病合併症にならないためには、ただ血糖値を下げればいいというわけではなく、過剰なインスリンを必要としない食生活がポイントのようです。

いったん合併症が出てしまうと、大変です。完全に元の状態に戻せるわけではありません。

長生きできる時代だからこそ、糖尿病であっても合併症に負けないように元気に生きていくことが大事ですよね。

 

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





女性と妊娠と糖尿病

妊娠は大きな試練…

日本の若い女性は諸外国と比べても痩せている人が多いのですが、それでも妊娠すると約1割もの妊婦さんが「妊娠糖尿病」になります。

妊娠糖尿病は、それまで糖尿病ではなかった女性が妊娠して胎盤から出るホルモンがインスリンの効きを悪くすることで生じる耐糖能異常です。

産後は元に戻ることが多いですが、妊娠糖尿病を経験した女性がいずれ2型糖尿病になる確率はそうではない女性の7倍以上です。

じつは、よっしーも妊娠糖尿病経験者です。たいしたことはなかったので特にインスリンなどの治療はしなかったわけですが。

 

 

子供が申し訳なさそうに「お母さん、私を産んだから糖尿病になったんじゃないの?ごめんね」と言ったことがあるのですが、子供を産んだから糖尿病になったのではなく、もともと糖尿病になりやすい体質の私だからこそ妊娠糖尿病になったのでしょう。

ホルモンによりインスリンの効きが悪くなっても、すい臓が強い人はそれに見合うだけのインスリンを分泌して調整できますからね…

 

妊娠糖尿病経験者はその後も注意しましょう

妊娠糖尿病になるということは、糖尿病になりやすい体質を生まれつき持っているということです。また、糖尿病になりやすい体質は高い確率で子供に遺伝すると言われています。

1型糖尿病は誰にでも突然発症する可能性がありますが、2型糖尿病は遺伝とのかかわりが深いとされています。

だから妊娠糖尿病を経験した女性は、産後「あーこれで好きなものを好きなだけ食べまくってやるわっっ♪」と思うでしょうけど、母子ともに食生活に気を付けてくださいね。

また、特に女の子をお持ちのお母さんは「将来、かわいい娘が自分と同じ思いをするのではないか…」ととても心配になると思います。

 



 

確かに何も考えずに普通に食べていれば同じことを繰り返してしまうかもしれませんが、産婦人科医の宗田哲男先生のクリニックでは、1度目の妊娠が妊娠糖尿病でも2度目は糖質制限食を実践して妊娠糖尿病にならずに普通に出産できた患者さんたちがいらっしゃるそうですよ。

「妊娠すると妊娠糖尿病になるのは仕方がない」と思うかもしれませんが、農耕が開始される前の大昔の人間や野生動物がこんなに高い確率で妊娠糖尿病になるとは思えません。

原因は、みんなが当たり前だと思っている現代の食生活にあるのかも…?

 

糖尿病の女性がこれから妊娠を考えている場合は?

よっしーは妊娠してから耐糖能異常になりましたが、すでに糖尿病と診断されている若い女性がこれから子供を産みたいと思うことだってあるでしょう。

血糖コントロールが悪い状態で妊娠すると、赤ちゃんに異常が出やすくなったり、妊娠中に網膜症や腎症が悪化するなど母体にも良くないことが起こりやすくなるので、必ずコントロールをきちんとしてから医師の許可を得て妊娠するようにしてください。

ただし妊婦さんの糖質制限については、まだまだ理解のある医師はほとんどいないのが現状です。よっしーの糖質制限を容認してくれている糖尿病内科の主治医も、以前別の受け持ち患者さんが妊娠した時には、糖質制限に大反対したそうですよ。

 

 

…その女性は糖質制限を続け、結局インスリンなしで何ごともなく健康な赤ちゃんを出産なさったそうですが(*´艸`*)うーん、会ってみたい!

⇒日本糖質制限医療推進協会 提携医療機関リスト

妊婦さんの場合は、各種栄養素(糖質以外!)や摂取カロリーが不足しないようにしなければいけないため、自己流の糖質制限だと確かに良くない場合があると思います。千葉の方であれば、宗田医師の指導を受けられるのですけどね。

自分でよく考えて、何ごとも自己責任で体調と相談しながら血糖コントロールを行ってくださいね。

 

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス





糖尿病を完治させたいと思っているみなさんへ

何とかして完治させたい…

糖尿病と診断されたら、誰もが「治りたい」「完治させたい」と考えることでしょう。よっしーだってそれは同じでした。

ただし残念ながら、現代の医学では一部の例外を除いて「糖尿病完治」はありません。仮に糖尿病を完治させることができれば、ノーベル賞が貰えるでしょう。

医師として多数の患者さんを診察しておられる水野雅登先生の記事をお読みください。冷静になってみれば分かりそうなものですが、人間、ワラにもすがりたい気持ちになっているときはなかなか真実が見えないものです。

現在、日本で糖尿病の標準治療(カロリー制限高糖質食、運動、インスリン、薬)を受けている2型糖尿病患者の平均Hba1Cは7もあるのが現実です。残念ですが…

 

改善する可能性はあるかも

毎年会社の健康診断を受けている方は、糖尿病を発症してすぐに治療を開始することができるので重症にならなくて済むと思います。

ただし、よっしーは何年も検査を受けていなくて、知らない間に重症になってしまっていました。このような場合、かなりのベータ細胞が死んでしまっていたものと思われます。

 

 

糖質制限を開始してすみやかに血糖値が下がっても、最初の頃は夕食に肉を食べすぎただけで翌朝の血糖値がびっくりするほど上がったりしました。

でも最近では、夕食に外食して食べ過ぎてもそれほど翌朝の血糖値が上がることはなくなりましたし、食後血糖値も最初は2時間後がピークだったのが今では1時間後がピークで、健常者のパターンに近くなっています。

治ってはいませんが、いくらか改善してきているとは言えそうです。無理をさせすぎていたのを、マイペースで仕事させているようなものですからね。

 

インスリン分泌能力を温存できるかもしれない

アメリカの1型糖尿病患者であり医師であるバーンスタイン先生は、子供の頃に糖尿病を発症して、標準治療を行いましたがどんどん悪化してとうとうインスリン自己分泌がゼロになってしまいました。

でも先生は「最初から糖質制限を行っていれば、インスリンの自己分泌は残っていたかもしれない」とおっしゃっています。もっとも、急速に短期間でベータ細胞が死滅してしまうタイプの1型糖尿病もあるので、必ずしもそうなるというわけではありませんが…

 

 

先生は糖尿病患者を多数診察していらっしゃるので、実際に糖質制限で自己分泌が残る患者さんたちの例も見てきていらっしゃるのでしょうね。

先生ご自身、83歳の現在もお元気で医師として活動なさっていますよ。発病から70年以上経過しているのに。

 

 

未来に希望があります

いま現在の医学では「妊娠糖尿病」「遺伝の要素を持たないただの太りすぎの患者が暴飲暴食で糖尿病発症しただけ」「何らかの原因による2次的な糖尿病」以外は「完治」することはないとされています。

妊娠糖尿病の場合、産後いったん完治しても、後々2型糖尿病になる確率はそうでない女性の7倍です。

 

 

完治することは無理でも、ベータ細胞に無理をさせないような食事でインスリン分泌能力を温存していれば、これ以上悪化することはないでしょう。

現状をキープしているうちに、糖尿病を完治させることができる治療法が見つかると思います。

それまでみなさん、元気でいましょうね♪

 

 




にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス