糖尿病専門医たちは患者のことを思っている

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


悪意のある医師はいないと思いたい

本日2度目の更新です。
基本的によっしーの2つのブログは、それぞれ1日1回の更新なのですが、何か書きたいことがあってノリノリな時は複数回更新することもあります。

ブックマークしていただいて、1日1回覗いていただけると嬉しいなぁと思います。よろしくお願いします♪

さて、ひまわりさんのブログ記事でよっしーのコメントを紹介していただき、ありがたいやら恥ずかしいやら…(;^_^A ひまわりさん、どうもありがとうございます。

 

医者の多くは糖質制限が広まって困っている
先日よっしーさんからコメントいただきました。   先日、ある個人ブログを運営している人が実は糖質関連の某企業の社員だと分かりました。 ちょっと、ネットにもの...

 

 

そこでふと思ったんですけど、何か商売をしている方であれば「糖質制限なんかが流行ったらウチの商品が売れなくなるじゃないか、クソッ!!」という気持ちになるのは理解できます。

よっしーだって、自分が糖尿病ではなくてそういう商売をしていたらそう思ったでしょう。仕方がないです…みなさん生活していらっしゃるのですから。

でも、お医者さんたちはどうなのだろう…少なくとも「患者がどんどん病気が悪化すればいいんだ」などと悪意を持った医師などいないのでは?と思います。悪意を持つ理由なんてありませんし。

 

 

だってみなさん、患者を助けたくてお医者さんになったのでしょう?某知人男性は「女にモテたいから」と医学部に入りましたけど、そういう人は少数派ではないかと(;^_^A

今回は、お医者さんたちの「辛いキモチ」についてちょっと考えてみたいと思います。

 

糖質制限支持派の日本人医師が過半数

『週刊ダイヤモンド』編集部が日本の医師1004人に行ったアンケートによると、「病気予防を目的とした糖質制限」を支持する医師は18%で、どちらかといえば支持するという医師の40%と合わせると53%です。

ちなみに「支持しない」「どちらかといえば支持しない」の合計は29%で、残り18%は「どちらでもない」。糖質制限支持派のお医者さんが過半数という結果になっています。

 

医師が支持する糖質制限に学会がお墨付きを与えない不思議
糖尿病医療の権威である日本糖尿病学会が作成した『糖尿病診療ガイドライン2016』に、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟医師は失望した。診療ガイドライ...

 

 

現在のところ、日本糖尿病学会のガイドラインでは糖質制限食は正式にはまだ認められておりません。それにも関わらず過半数の医師が本音では糖質制限を支持しています。

ガイドラインが変われば、もっと安心して「自分も糖質制限を支持します」と言える医師が増えるのではないでしょうか?

 

若いお医者さんたちは理解はあるけれど…

よっしーは大きな病院に通っており、また他の病院の先生方とも何度か話す機会がありました。

「糖質制限なんてとんでもない、絶対ダメだ!」というような先生は今ではほとんどおらず、若い先生はむしろ糖質制限に対して肯定的なことのほうが多い印象です。

 

 

でも…20代の若い先生が「へぇ糖質制限ってすごいんだな」と思ったとしても、勤務医であればガイドラインに反する指導はやりにくいのではないでしょうか…?

糖質制限の江部康二先生は病院の理事長ですし、宗田哲男先生は院長です。水野雅登先生も、ほぼ院長のようなものです(奥様が院長♪)

だからそういう先生方は自分の好きなように指導ができますけど、病院勤務の若い先生方は必ずしも「自分がいいと思った指導」を患者さんにできないのではないかと思います。

よっしーも昔、職場で誰もやっていないすごくいい方法を思いついたのですが「マニュアル通りやれ」と叱られた経験があります。たとえそっちの方が効率が良くても、マニュアルを遵守することのほうが求められるわけです。

 

 

よっしーの通っている病院の糖尿病内科には、たくさんの医師がいます。大病院なので。そのうち最もベテランと思われる医師2人のうちひとりはどちらかというとアンチ糖質制限で、もうひとりは糖質制限に理解がある感じです。

でも、もし2人ともアンチ糖質制限の先生だったなら…きっとよっしーの主治医も「糖質制限はダメだよ」とおっしゃっていたでしょう。あなただって、上司に逆らってまで自分の信念を貫き通すことができますか?

ただしアンチ糖質制限のほうの先生も、ここ1年ほどでずいぶん変わって来られたようです。今では、腎症が進行していない太り気味の若い患者さんたちには糖質制限を勧めているそうです。

…ただし、そういう患者さんたちには、勧めてもほとんどうまくいかないそうです。なぜなら、肥満の患者さんは菓子パンが大好きな方が多いので、挫折してしまうんですって。

 

山田悟医師に大いに期待しています♪

みなさんは、山田悟先生と言うお医者さんをご存知ですか?ゆるやかな糖質制限「ロカボ」を推奨されていることで有名な先生で、日本糖尿病学会の評議員でいらっしゃいます。

山田先生は「ゆるやかな糖質制限」を勧めていらっしゃるので、正統派糖質制限(?)を行う人たちの間では「あれはゆるすぎてダメだ」とおっしゃる方も多いのですが、よっしーは山田先生に期待しています。

 

 

山田先生、メディカルトリビューンでは糖質制限についてかなり詳しく書いていらっしゃいますし、かつては「ストイックな糖質制限」によるケトーシスを危惧しておられましたが最近ではかなり変わって来られました。

いくら正しいことをおっしゃっても、日本糖尿病学会の中でそのお立場が危うくなってしまえば糖質制限普及のための活動もやりにくくなってしまいますからね…それは賢いやり方ではありません。

だから、ちょっとずつ慎重に慎重に進めていらっしゃるのだと思います♪

 

ガイドラインさえ変われば安心して指導が出来る

かつてよっしーの主治医と話をしたとき「うーん…糖質制限はいいと思うけど、ガイドラインがねぇ…」とおっしゃったことがありました。

やっぱり、ガイドラインの通りにやらないと、万が一何かあったときに責任問題になりますし、困りますもんね。それはすごく分かります。

言い換えれば、ガイドラインの通りに治療したのであれば、患者が失明したり人工透析になったとしても主治医が責任を問われることにはならないんです。

日本では年間に3000人が糖尿病網膜症から失明していますが、医師達が患者から訴えられたという話は聞いたことがないでしょう?

 

 

本当は、お医者さんたちだって患者にとって最良の治療をしてあげたいはず。でも、下手にガイドラインと違うことをすれば自分の責任問題になりかねないので、なかなか出来ないのも当然のこと。

やはり、ガイドラインが変わっていくのを待つしかないと思うのです。医師も管理栄養士も、現場の若いスタッフたちはただ一生懸命やっているだけだと思います。そこに悪意などないと思います。

ただ、いくら理想を掲げても、実際にはいろいろな事情で思い通りにやれるというわけではないですよね。…きっと時間が解決してくれると信じています。

 

で、結局どのお医者さんが正しいんだ?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


お医者さん同士で意見が衝突!?

血糖値のコントロール方法に限らず、ありとあらゆる事柄に対して世の中にはさまざまな意見があります。当然でしょう。

よっしーを含めて素人の匿名ブロガーはみんな、自分の体験に基づいて自分の意見を述べているだけですし、中には「オレは〇〇が気に入らない!」なんて方もいるでしょうが、私たち素人が何を言ってもさほど影響力も無いので別にいいんじゃないでしょうか(;^_^A

 

 

でも問題は、お医者さんとお医者さんの間で真っ二つに意見が割れている場合ですよね…年配の方などはお医者様の言うことを素直に信じちゃうこともあると思いますけど、どっちもお医者さんだったら困っちゃいますよね。

よっしーも、「これ、どっちの先生のおっしゃることが正しいんだろう??」と迷うことは何度もありましたし、今でも迷います。

だって、どの先生の書く文章もすごくちゃんとしていますし、いかにも正しそうに思えるからです(;´・ω・) そういう時、みなさんならどうしますか?

 

その意見の根拠はどこにあるか?

あるお医者さんが「〇〇は危険だ」とか「〇〇は間違っていると思う」などとおっしゃっている場合、その根拠がどこにあるのかを確かめてみる必要があります。

もし「海外の論文にこう書いてあったから」というだけで実際にご自分の患者さんに起こった出来事ではないなら、鵜呑みにするのはいけないかも…

もし「〇〇は危険だからやめたほうがいいと思う」と言っているお医者さんがいたら、その先生は〇〇ではない別の方法でそれ以上の治療実績を上げているのかどうかも知りたいですね。

 

 

だって、自分は治せていないのに他の治療法をただ批判するのはどうなのかな?と思うからです(´・ω・`) イチャモンをつけるだけなら小学生でもできると思うので…

「きっと危険だと思う」「海外の論文では…」「ネズミを使った実験では…」よりも、医師として実際にたくさんの患者さんたちの病気を改善させた実績のあるお医者さんの言葉のほうが真実味があると思います。

ご大層な論文ばかり引っ張ってきても、実績がなければ意味がないと思いませんか?

 

自分に当てはまるかどうか考えてみましょう

そして、迷ったら「自分の場合はどうなのか?」を振り返ってみなければいけません。

例えば、「生理のある年齢の女性はほとんど鉄不足なので鉄サプリを飲むべき」という先生と「鉄サプリは危険だ」という先生がいらっしゃいます。鉄サプリが危険だという方は「鉄過剰になると糖尿病になる」とおっしゃるのです。

よっしーは妊娠中に「治療するほどではないけど貧血だね」と産婦人科医から言われて、そのまま放置していました。当時は「サプリに頼るのは良くない」と思っていたので、いっさいサプリは飲んだことがなかったです。ほうれん草やレバーを意識的に食べるぐらいでした。

そして糖尿病になりました(´;ω;`) 後で知ったのですが、玄米を常食していると、玄米に多く含まれるフィチン酸が鉄や亜鉛の吸収を妨げるそうです。豆類にもフィチン酸が多いそうですよ。

 

 

昔は氷をやたらかじりたくなったり、めまい、耳鳴り、アゴのニキビなどがありました。これらは貧血の症状だそうですね。

激しい運動を日常的に行っている上、過多月経で、鉄サプリを飲まず、玄米や豆類をたくさん食べていて子供も2人産んだのですから、これで貧血にならないほうがおかしいです…

糖尿病と診断されて定期的に血液検査を受けるようになった時、ヘモグロビンは正常値でしたがMCVが正常値をいつも下回っているのが気になって鉄サプリを飲み始めました。

2か月ほど飲んで「これでかなり上がっているだろう」と思い、主治医にフェリチン測定をお願いしました。するとMCVは正常値になりましたが、フェリチンは19しかなくて大ショック!

…きっと出産前から10年近く、ずーっとよっしーのフェリチンは5以下(鉄の貯金がスッカラカン状態)だったのではないでしょうか…つまり貧血状態だったわけです。

 

 

現在は糖尿病内科に行くたびにフェリチンを測定してもらっています。めまいや耳鳴り、アゴニキビは消えましたが、なかなか数値は50を超えてくれないですね~。

閉経後は、フェリチンは少しづつ上がっていくそうですけど、あと10年ぐらいありますし。

他にも似たパターンで「糖質制限すると糖尿病になる」なーんていう話もありますけど、いま現在糖尿病の方たちは発症前、糖質制限をなさっていたのでしょうか?おそらく、ほとんどの方は違うのではないでしょうか。

よっしーの主治医いわく「糖尿病の患者でも、きちんと糖質制限が出来る人はほとんどいない」そうです…

 

ただ気に入らないものを批判するのは簡単だけど…

いろいろなお医者さんが、いろいろなことをおっしゃいます。自分と同じ考えのお医者さんを支持して、それと真逆なことを主張するお医者さんを「あれはトンデモだ!」などと批判するのは簡単でラクかもしれません。

以前、ヘビースモーカーの方が「タバコは本当はまったく体に害は無いのだ!禁煙を呼び掛ける連中はカルトだ、洗脳だ、陰謀だ!」とおっしゃっているのを見たことがあります(;^_^A

自分がヘビースモーカーだから…ですよねぇ。自分が大好きなものを否定するのは、そりゃイヤに決まっています。

でも、迷ったら、どうか冷静に考えてみてほしいのです。

よっしーは昔「日本人の体にはお米が合うに決まっている、玄米ならさらに体にいいはずだ、肉の脂はすごく体に悪いんだ」と思っていましたが、糖尿病になったので考えが変わりました。

 

 

 

また糖質制限を開始した当初は「栄養療法はうさんくさいなぁ」と思っていました。でも、他の方の体験を聞いて試しにちょっとやってみると、確かな効果を感じたんですよね。すべての病気が改善するとは思いませんけど…

ただし、どんなお医者さんのおっしゃることでも、自分で確かめもせず「この先生の言うことは常に100%正しい」と妄信することはしません。当ブログでよく紹介しているアメリカのバーンスタイン先生の本の中にも「これはちょっと違うのでは?」と思うことはあったりします。

迷ったら、「その主張は論文だけが根拠ではなく、実際にそのお医者さんが自分の患者さんたちの実例を見て判断したものかどうか」「自分に当てはまっているかどうか」を考えてみてくださいね。

 

子供にも「血糖値スパイク」が!?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


安くて大きな菓子パンは学生の味方?

これまでブログランキングのバナーを外していたんですけど、わざわざアナリティクスをチェックするのも面倒だし、手っ取り早くPVがどのぐらいあるのか見たいのでブログパーツを貼ることにしました。

さて、昨日の夕方、ライザップカレー(糖質4.9g)を買いにファミリーマートに行くと、部活帰りでお腹をすかせた中学生たちでいっぱいでした。

うちの子たちもそうなので分かるんですけど、育ち盛りの子供ってホント呆れるぐらい食べるんですよね。で、ちっとも太らない!

 

 

で、パン売り場を何気なく見ると、1つ100円ちょいですごくデカくて美味しそうな甘そうなパンがいくつも並んでいました。正直ちょっと食べたくなっちゃった!食べませんけど…

「そりゃ子供たち、こういうパンを買って食べるよね~。美味しそうだし、大きくて安いんだもん」と思いましたよ。どちらかといえば、こういうものを食べるなら部活の後よりも前のほうがいいと思いますけど、まぁなかなか…ね。

それにしても菓子パンって、ご飯以上に強い依存性があると思うのはよっしーだけではないはず…うーむ、何なのでしょうね。小麦のチカラ?

 

小学生でも食後高血糖になっているかも!?

当ブログを「若くして糖尿病」「中学生 糖尿病」「子供 血糖値 平均」などのキーワードで検索してくださる方が時々いらっしゃいます。ありがとうございます。

以前にも書きましたが、小学生・中学生の段階で糖尿病と確定診断されるお子さんは少ないんですよ。1型糖尿病はそれほど多いわけではないですし、2型糖尿病を発症するには長年の無理がたたって…ということが多いので。

でも、糖尿病と診断されるほどじゃなくても「このままだと10年後ぐらいに糖尿病になっちゃう」という状態のお子さんはかなり多いのではないかと思います。

 

 

だって、普通は学校の検尿ぐらいしかないでしょう?香川県では小学4年生の児童を検査したら10人にひとりの割合でHbA1cが高かったそうですけど、普通はそんなの調べないから分からないだけかもしれませんよ。

学校給食を食べた後の血糖値なんて、すでに1型糖尿病と診断されたお子さん以外は誰も測定しませんけど、測ってみたらクラスに何人かは「食後高血糖」のお子さんがいるんじゃないかしら。

調べてもいないのに「大丈夫」と言い切ることは出来ないですよね?香川県の子供たちだけが特別だとは思えません…

 

子供は血糖値が変動しやすい

基本的には子供の場合も、空腹時血糖値の正常値は大人と同じと考えられているそうです。でも実際は、100を超えていることは少なく、80台であることが多いそうです。

ただ、バーンスタイン医師は著書の中で「1型糖尿病で体重64kgの大人は糖質1gが血糖値を5上げるが、体重32kgの子供の患者の場合は糖質1gが血糖値を10上げるだろう」とおっしゃっています。

同じ糖質量の摂取でも、体の小さい子供はより血糖値が上がりやすく、また反動で低血糖にもなりやすいらしいのです。これは糖尿病のお子さんだけではなく、健常な子供においてもそのような傾向があるのでしょうかね?

 

 

そうだとしたら、やはり子供たちの糖質過剰摂取には大人が気をつけてあげなければいけないと思います。子供にも血糖値スパイクは起こるんです。

以前、痩せ型の2型糖尿病の女性が何気なく小学生のお嬢さん(痩せていて運動クラブに入っている)の食後血糖値を測ってみたら、かなり高くてショックだった…という話も聞きました。

普通、子供が2型糖尿病になるのはお菓子ばかり食べている肥満児と思いますからね。よっしーだって測っていなかっただけで、小学生の頃に食後血糖値を測っていたら高かったかもしれませんよ。

検尿で引っかからないから「ただちに影響はない」ように見えるだけで…朝起きた時の食事前の尿にまで糖が出るのは、糖尿病が相当進行してからです。

 

MODY(家族性若年糖尿病)について

じつは、若くして2型糖尿病と診断される人の中には、MODY(家族性若年糖尿病)が紛れ込んでいることがあります。これは遺伝子を調べてみないと確定診断は出来ないそうです。

MODYは難病指定されていて、糖尿病のうち1~3%を占めると考えられています。日本ではまだあまり世間一般には知られていないのではありませんか?

MODYは常染色体優性遺伝の形を取り、25歳以下で発症することが多いそうです。肥満ではなくインスリン抵抗性がなくて発症すること、インスリン分泌不全による糖尿病であることが特徴です。

 

 

MODYにはいくつかのタイプがあり、症状は2型糖尿病とそっくりだそうです。軽い食事制限と運動だけで十分にコントロールできる軽症例から、1型糖尿病と同じようにインスリン注射が必要になる例まであるそうですよ。

よっしーの弟と父も若い頃に糖尿病を発症していますので、MODYの可能性もゼロではないと思っています。

MODYの場合、肥満は関係ありませんので、「自分は太ってないのに若くして2型糖尿病になった」という方はお子さんの血糖値や糖質摂取について気を付けてあげてくださいね。

 

食べ物の選び方を作るのは親です

子供が大きくなって一人暮らしをするようになり、好きなものばかり食べて肥満や糖尿病になったらそれは本人の責任だと思われるかもしれません。

しかし、子供が小さかったころに親がどんな食事を食べさせるかによって、子供の好みや食べ物の選び方はある程度決まってしまうのではないでしょうか?

テレビのダイエット番組では、子供が小さい頃は欲しがるだけ食べさせておいて、後で子供が大きくなってから「あんた太りすぎよ!」と叱る母親もよく登場しますよね。

 

 

どうしてそこまでになる前に、お母さんがちゃんと軌道修正してあげなかったんだろう…と疑問に思います。手のひら返しは、可哀想ですよね。

糖尿病は、合併症がとても怖い病気です。初期の頃はまったく症状がありませんけど、病気が進行すると本当に大変です。

自分が辛い思いをした(orこれからそうなりそう)のなら、同じことを子供たちに繰り返させたくはないですよね!そのために今からちょっとだけ、出来ることがあると思います。