子供にも「血糖値スパイク」が!?

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


安くて大きな菓子パンは学生の味方?

これまでブログランキングのバナーを外していたんですけど、わざわざアナリティクスをチェックするのも面倒だし、手っ取り早くPVがどのぐらいあるのか見たいのでブログパーツを貼ることにしました。

さて、昨日の夕方、ライザップカレー(糖質4.9g)を買いにファミリーマートに行くと、部活帰りでお腹をすかせた中学生たちでいっぱいでした。

うちの子たちもそうなので分かるんですけど、育ち盛りの子供ってホント呆れるぐらい食べるんですよね。で、ちっとも太らない!

 

 

で、パン売り場を何気なく見ると、1つ100円ちょいですごくデカくて美味しそうな甘そうなパンがいくつも並んでいました。正直ちょっと食べたくなっちゃった!食べませんけど…

「そりゃ子供たち、こういうパンを買って食べるよね~。美味しそうだし、大きくて安いんだもん」と思いましたよ。どちらかといえば、こういうものを食べるなら部活の後よりも前のほうがいいと思いますけど、まぁなかなか…ね。

それにしても菓子パンって、ご飯以上に強い依存性があると思うのはよっしーだけではないはず…うーむ、何なのでしょうね。小麦のチカラ?

 

小学生でも食後高血糖になっているかも!?

当ブログを「若くして糖尿病」「中学生 糖尿病」「子供 血糖値 平均」などのキーワードで検索してくださる方が時々いらっしゃいます。ありがとうございます。

以前にも書きましたが、小学生・中学生の段階で糖尿病と確定診断されるお子さんは少ないんですよ。1型糖尿病はそれほど多いわけではないですし、2型糖尿病を発症するには長年の無理がたたって…ということが多いので。

でも、糖尿病と診断されるほどじゃなくても「このままだと10年後ぐらいに糖尿病になっちゃう」という状態のお子さんはかなり多いのではないかと思います。

 

 

だって、普通は学校の検尿ぐらいしかないでしょう?香川県では小学4年生の児童を検査したら10人にひとりの割合でHbA1cが高かったそうですけど、普通はそんなの調べないから分からないだけかもしれませんよ。

学校給食を食べた後の血糖値なんて、すでに1型糖尿病と診断されたお子さん以外は誰も測定しませんけど、測ってみたらクラスに何人かは「食後高血糖」のお子さんがいるんじゃないかしら。

調べてもいないのに「大丈夫」と言い切ることは出来ないですよね?香川県の子供たちだけが特別だとは思えません…

 

子供は血糖値が変動しやすい

基本的には子供の場合も、空腹時血糖値の正常値は大人と同じと考えられているそうです。でも実際は、100を超えていることは少なく、80台であることが多いそうです。

ただ、バーンスタイン医師は著書の中で「1型糖尿病で体重64kgの大人は糖質1gが血糖値を5上げるが、体重32kgの子供の患者の場合は糖質1gが血糖値を10上げるだろう」とおっしゃっています。

同じ糖質量の摂取でも、体の小さい子供はより血糖値が上がりやすく、また反動で低血糖にもなりやすいらしいのです。これは糖尿病のお子さんだけではなく、健常な子供においてもそのような傾向があるのでしょうかね?

 

 

そうだとしたら、やはり子供たちの糖質過剰摂取には大人が気をつけてあげなければいけないと思います。子供にも血糖値スパイクは起こるんです。

以前、痩せ型の2型糖尿病の女性が何気なく小学生のお嬢さん(痩せていて運動クラブに入っている)の食後血糖値を測ってみたら、かなり高くてショックだった…という話も聞きました。

普通、子供が2型糖尿病になるのはお菓子ばかり食べている肥満児と思いますからね。よっしーだって測っていなかっただけで、小学生の頃に食後血糖値を測っていたら高かったかもしれませんよ。

検尿で引っかからないから「ただちに影響はない」ように見えるだけで…朝起きた時の食事前の尿にまで糖が出るのは、糖尿病が相当進行してからです。

 

MODY(家族性若年糖尿病)について

じつは、若くして2型糖尿病と診断される人の中には、MODY(家族性若年糖尿病)が紛れ込んでいることがあります。これは遺伝子を調べてみないと確定診断は出来ないそうです。

MODYは難病指定されていて、糖尿病のうち1~3%を占めると考えられています。日本ではまだあまり世間一般には知られていないのではありませんか?

MODYは常染色体優性遺伝の形を取り、25歳以下で発症することが多いそうです。肥満ではなくインスリン抵抗性がなくて発症すること、インスリン分泌不全による糖尿病であることが特徴です。

 

 

MODYにはいくつかのタイプがあり、症状は2型糖尿病とそっくりだそうです。軽い食事制限と運動だけで十分にコントロールできる軽症例から、1型糖尿病と同じようにインスリン注射が必要になる例まであるそうですよ。

よっしーの弟と父も若い頃に糖尿病を発症していますので、MODYの可能性もゼロではないと思っています。

MODYの場合、肥満は関係ありませんので、「自分は太ってないのに若くして2型糖尿病になった」という方はお子さんの血糖値や糖質摂取について気を付けてあげてくださいね。

 

食べ物の選び方を作るのは親です

子供が大きくなって一人暮らしをするようになり、好きなものばかり食べて肥満や糖尿病になったらそれは本人の責任だと思われるかもしれません。

しかし、子供が小さかったころに親がどんな食事を食べさせるかによって、子供の好みや食べ物の選び方はある程度決まってしまうのではないでしょうか?

テレビのダイエット番組では、子供が小さい頃は欲しがるだけ食べさせておいて、後で子供が大きくなってから「あんた太りすぎよ!」と叱る母親もよく登場しますよね。

 

 

どうしてそこまでになる前に、お母さんがちゃんと軌道修正してあげなかったんだろう…と疑問に思います。手のひら返しは、可哀想ですよね。

糖尿病は、合併症がとても怖い病気です。初期の頃はまったく症状がありませんけど、病気が進行すると本当に大変です。

自分が辛い思いをした(orこれからそうなりそう)のなら、同じことを子供たちに繰り返させたくはないですよね!そのために今からちょっとだけ、出来ることがあると思います。

 

糖尿病患者が運動療法を行う時の注意点

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


太りすぎの方はとりあえず痩せてみましょう

昨日、3か月に1度の糖尿病内科の診察に行ってきたよっしーです。たまたまかもしれませんが、昨日は特に若い人は少なかったです…

おじいちゃんやおばあちゃんの患者さんは、痩せている方も多いです。また10~20代のうんと若い患者さんも、別に太ってない方が多いです。

年齢と共にインスリン分泌能力は低下しますし、若いうちに糖尿病になる方は1型糖尿病か、遺伝の強い2型だからでしょうね。

しかし30~50代ぐらいの患者さんは、丸々とした体型の方が多いみたい…主治医いわく「ほとんどの患者は糖質制限できないみたいだよ」と。

待合室で他の患者さんが売店で甘い菓子パンをたくさん買ってきて食べてる光景も見たことあります(;´・ω・)

 

 

それで「ちっとも良くならない…」というのもせつないですね。その方はかなりの肥満体型だったので、痩せるだけで良くなりそうなのに、もったいない。

よっしーのような「遺伝が主な原因」の2型糖尿病の場合は痩せても多分それほど劇的な改善はありませんけど、家族に糖尿病患者がいないのに発症した高度肥満の方の場合「痩せたら治った」ということもあるようです。

これは、ダイエットによってインスリン抵抗性が改善するからでしょうね。ま、いま現在太っている方はとりあえずBMI22前後まで痩せてみましょうか。

 

糖尿病患者の運動には危険が伴うこともあるんです

さて、これまで当ブログでは何度も「糖尿病患者が運動する場合は必ず主治医の許可を得てから」「糖尿病合併症がある場合は運動で悪化する場合があるので特に注意しよう」と呼び掛けています。

それは、運動療法の注意点を挙げずにひたすら強度の高い運動の利点ばかりを強調している方たちがいらっしゃるからなんです。

 

 

本当に運動のことを知っているブロガーさん達やトレーナーの方達は、必ず注意喚起もしています。それは、運動には良い点ばかりではなく危険性もあるのだということをよくご存じだからでしょう。

あなたが「とにかく運動しまくればOK」というネットの匿名の記事などを見て真似して何かあっても責任は取ってもらえないですよね…確実に。取り返しのつかないことになる可能性だってあるのに。

今回は、もともと筋トレやスタジオプログラムが大好きでかなり運動していて2型糖尿病になってしまったよっしーが、糖尿病患者の運動の際に注意すべき点について詳しく書いてみようと思います。

 

運動を禁止されたり制限されるのはどんな場合?

2017年度版 糖尿病治療のエッセンス」によると、糖尿病の運動療法として「できれば毎日、少なくとも週3~5回、中等度の有酸素運動を20~60分行うこと。また週2~3回のレジスタンス運動(筋トレ)を行うことが勧められる」としています。

そして「空腹時血糖値が250以上・尿ケトン陽性・眼底出血・腎不全・虚血性心疾患・骨や関節の疾患がある場合などは運動を制限または禁止すべき」としています。

ここで言う「尿ケトン陽性」とは糖質制限実践中の生理的ケトーシスではなく、よっしーが糖尿病発覚する直前に陥った病的なケトアシドーシスのことを指します、言うまでもありませんが…

また「眼底出血・腎不全・虚血性心疾患」と聞くと「なーんだ、自分はそんなひどい状態じゃないから関係ないや♪」と思うかもしれませんね。

 

 

しかし実際には、まったく自覚症状のない初期の糖尿病網膜症でも「強度の運動処方は行わない」とされていますし、糖尿病腎症3期A(尿に少量のタンパクが出ているが、多少むくみが出る程度の段階)でも「中等度までの運動に限る、中等度の運動でもタンパク尿が増加する場合は運動強度を下げる」となっております。

また、いわゆる心筋梗塞などの経験がなくても、糖尿病神経障害があると運動時の呼吸循環器系の反応が低下し、心拍数や収縮期血圧の上昇が鈍くなることがあり、突然死のリスクが高くなるので日常生活以上の運動処方は行わないんだそうです。

糖尿病神経障害は糖尿病合併症の中では最も早い時期から出てくるとされています。よっしーも実は、糖尿病神経障害による「安静時頻脈(運動もしていないのに脈が多い)」「CVR-R検査の異常値(呼吸による心拍の乱れが異常に少ない)」があったのです。

糖尿病と診断される前の年もジムで普通に高強度の運動を行っていましたが、もしかしたら運悪く運動中に突然死していた可能性もあったんですね!!ぞっとします。

 

運動の強度ってどれぐらい?

では具体的にどんな運動のどの程度の内容が危険なのでしょうか?

科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2013」によると、推奨される中等度の有酸素運動とは「ややきつい」と感じる程度、具体的には心拍数が最大で「220-年齢」程度まで上がる運動としています。

40歳の人なら心拍数が180程度までということですね。ただし高齢者や糖尿病神経障害のある場合はこの決め方だと不正確だったリ危険を伴う場合があるそうです。

 

 

また筋トレに関しては「高強度のレジスタンストレーニングは合併症のある患者には不適切であり高齢者には実践しにくいという問題点があるが、どの程度の強度があれば効果があるのかまだよくわかっていない」らしいです。

ただ「血圧が180以上に上がるような運動は危険である」としていることから、息を止めるようなしんどい強度の筋トレは避けたほうがいいと思います。筋トレを行っている方はぜひ、筋トレ中の血圧を測定してみてくださいね。

2014年、某有名ジムで50代の女性が高強度の筋トレ(ベンチプレス)をしている途中に脳出血し、後遺症が残ってしまったという事故が起きています。とても悲しい事故です。せっかく健康のために筋トレをなさっていたのに…2度とこんなことがあってはならないと思います。

また、有酸素運動と筋トレどちらも、高強度の運動や頭の位置を下げるような運動は眼圧を急激に上昇させるので危険だそうです。

糖尿病患者は緑内障になりやすいですし(よっしーも眼圧が高いので目薬で眼圧を下げているのです)、40歳以上の日本人の20人にひとりが自覚症状がなくても緑内障にかかっているそうです。十分に気を付けないといけませんね!

緑内障をほうっておくと、やがて視神経が押しつぶされ、失明してしまいます。

 

 

うーん…昔よっしーが大好きだったスタジオプログラムの「ボディコンバット」「ボディアタック」「上級エアロ」なんかも危ないかも…(´・ω・`) 激しく頭を振るような運動と思いっきり力むような運動はやめておいたほうがよさそうです。

また、糖尿病患者では脚の血管に障害がある場合があり、これが悪化すると脚を切断しなければいけなくなってしまいます。

脚の血管が詰まり気味だったり、神経障害が重い患者の場合、下半身の筋トレは避けて水泳やサイクリング、上半身の運動を勧めるそうですよ。

よっしーは糖尿病と診断されたとき検査をして、脚の血管には異常がありませんでした。でも、ずっと気を付けて行かなくてはならないですよね。

 

医師はあまり詳しく指導してくれないこともあります

よっしーは安静時頻脈もありましたし、CVR-Rという神経障害の検査で明らかな異常値が出たので「強度の高い運動は禁止」のはずでした、少なくともその時点では。

でも、主治医に「運動してもいいですか?」と質問したらフツーに「ああ、いいですよ」という答えが返ってきました。

眼科を受診して「眼底出血した跡があるね」と言われたのは、しばらく経ってからのことです。何も考えずに運動していたのに…

 

 

医師はそこまで運動について詳しく説明してくれないこともあります。「主治医が何も言わないから大丈夫だろう」というのは、やっぱり心配です。

「先生、私は糖尿病網膜症で治療中なんですけど、運動はどのぐらい制限したほうがいいですか?」ぐらい自分から質問しないといけないですよね。

運動は効果的ですし楽しいですが、何も考えずにひたすらやればいいというものではありません。時には命の危険すら伴います。

「運動を過信しない」「安全に気を付けて運動する」ことは「まったく運動をしない」こととは全然意味が違います。どうか安全第一で、運動療法を行ってください。

またこれを読んで下さっているフィットネス指導者の方たちにお願いですが、もしお客様の中に糖尿病の方がいらっしゃったら、どうかよく話を聞いて気を付けてあげてください。よろしくお願いします。

 

2018年1月 糖尿病内科定期診察

記事が役に立ったらはてブ&SNSで拡散していただけると励みになります♪


採血の1時間前に食事していきました

今年最初の糖尿病内科の診察に行ってきました。2日前に謎の高血糖になり(たぶん感染…)まだちょっとその影響を引きずっていて血糖値が高めだったんですけど、あえて採血の1時間前に食事して出かけました。

前回、採血の2時間前に食事したら、私にしては中性脂肪が高め(101)だったので…どうやら、よっしーの場合、食後2~3時間後に中性脂肪値がピークになるらしいです。

 

 

結果は…中性脂肪は47でした。きちんと糖質制限が出来ていれば中性脂肪が正常値を超えることはあまりないと思いますが、気になる方は「食後4時間以上」または「食事の直後」に採血を受けるといいんじゃないでしょうか。

糖質制限しているのに常に中性脂肪が高すぎる方は、中途半端に糖質を食べ過ぎていないか(トンカツを大量に食べるとか)お酒を飲みすぎていないか、果物を摂りすぎていないかチェックしてみてください。

「極端な糖質制限をすると中性脂肪が増えて脂肪肝になる」などと書いてあるサイトがあってびっくりしちゃいます。よっしーは糖尿病と診断されたとき(糖質制限してなかった!)脂肪肝だったんですけど…

血糖値は126と高めですが、今日はもともと高めですし食後1時間なのでこんなものでしょうね。

 

 

年末年始の後なのでHbA1cは予想通り高めで5.7でした。くやしい~。ま、5%台だからいいか…(´・ω・`)

コレステロールは今回すごくいい感じでした♪糖尿病と診断されたときHDL50&LDL183だったのが前回はHDL70&LDL120、そして今回はHDL84&LDL107です。

いまナイアシンを朝晩500mgずつ飲んでいるので、その効果かも?今後も様子を見ていこうと思います。コレステロールが気になる方は、水野雅登先生のブログ記事をご参考に。

 

主治医、ナイアシンにちょっぴり興味を持つ?

 

↑あー、やっぱり。血糖値が高めの時は、ケトン体は減るみたいですね(;^_^A

せっかくなので、ナイアシンについてちょっと主治医にお話してきました。

 

主治医
ナイアシン?

よっしー
はい、ナイアシン大量摂取でコレステロールが下がるらしいです
主治医
へぇー、そんなこと初めて聞いたよ、興味があるね

よっしー
はい、ナイアシンフラッシュは強烈ですけどね…

 

主治医は糖尿病専門医ですが、栄養について他の医師より詳しいみたいです。だから時々、栄養療法についても話をしています。

まぁナイアシンでコレステロールが下がるなんて、学会では絶対に話題に出るはずもありませんけど…

なにしろナイアシンはビタミンですからね(;^_^A

 

FreeStyleリブレについてのあれこれ。

それから、FreeStyleリブレについても色々と。病院では、1型糖尿病の患者さんで希望する人にはリブレを使わせているみたいです。

2型の人はセンサーは月に1個までとおっしゃってたような…どういうこと??もっとよく訊いてこればよかった。

 

 

普通のリブレは誤差が大きいんだって?と言われました。確かにリブレさんは時々ウソもつきましたね~。そんな時は普通のSMBGもしてみないとね。

FreeStyleリブレには「プロ」というものがあり、そちらは普通のリブレよりも誤差が少ないんだとか…良いですね~!

…よっしーは保険の対象外なので、センサーの費用を月に15000円出さなきゃいけないのはちょっと無理…(´;ω;`) でも、またいつか、チャンスがあればぜひ実験したいですね~。

次回の診察は3か月後です♪